稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

しあわせの雨傘

レビュー速報

成河が全38役を演じ分ける一人芝居『フリー・コミティッド』開幕!

メイン

この夏、注目の傑作コメディ、実力派俳優として人気の成河が、全38役を演じ分ける一人芝居『フリー・コミティッド』が、6月28日、DDD青山クロスシアターにて開幕した。(7月22日まで)
本作はオフブロードウェイで1999年に初演されたコメディ作品。今回は演出を千葉哲也が手がけている。成河にとっては初の一人芝居で、全38役に挑み、人気レストランの電話係をしている失業中の俳優サムをはじめとして、裕福な社交界の夫人や日本人観光客、ゲイの美容師、ドミニカ共和国出身のコック、下っ端のマフィアなどを演じ分けている。

サブ2-1


【囲みインタビュー】 

サブ1-1

この作品の初日前日に、プレス用の公開稽古と囲み取材が行われた。

──明日から開幕ですが、意気込みを教えて下さい。
まだ現実感がないが、お客さんが共演者だと思ってる。お客さんと舞台を一緒に作っていきたい。実は体がボロボロなので、お客さんから活力をもらいたいです。
──相当な運動量だと思うのですがいかがでしょうか。
半端ない運動量と肺活量ですね(笑)。
──見どころはやはり38役ですか。
見どころは人それぞれだと思います。くだらないコメディだと思われても良いし、プライベートな記
憶につながる人がいても素敵だと思うし、38役というものに圧倒されるのも良いと思います。
──見どころは人それぞれということですが、成河さん自身が思う見どころは?
僕は、美術かな。一人芝居であることをどこか忘れてもらえるような空間を作るために、素敵なセットは見どころです。
──初めての一人芝居。稽古をしてみていかがですか。
稽古の中盤からあくまで37人を使ってサムを演じるということに注力しました。モノローグの無い、会話だけでつむいでいく一人芝居なので無茶をします。その無茶を特に見て欲しい。稽古中に決まったことを何度も何度もひっくり返して作ってきた舞台なので、とても鍛えられました。
──今回、特に鍛えられたなと感じる部分はどこですか。
肺活量です(笑)。見て頂いたらわかると思う。役の切り替えにも注目して欲しい。
──稽古場から劇場入りして、この空間についてはどうですか。
昨日から劇場入りして、未だに苦労しています。劇場の空気感もお客さんと一緒に探っていきたい。
──ポスターが電話に出ているビジュアルですが、電話恐怖症にならなかったですか。
電話恐怖症だと東京だと生きられないですよね。現代の都会での暮らしを本当に象徴している。恐怖があって、それを乗り越えて、それがなんでもないものになるというお話なので、僕もそうなりたくてやってます。

サブ3-1

──1ヵ月という長い期間ですが、心がけていることや楽しみなことはありますか。
こういう舞台が夢でした。このぐらいの空間で1ヵ月間やれるというのは簡単なことではない。これもプロデューサーさんのおかげだと思っていて、作品よりも夢がかなうということで飛びついた作品でもあります。ふらっと来れる人を増やしたいので長い期間やりたかったんです。そういう人が増えるようにと今も燃えてます。
──今まで一人二役などの経験はありますか。
劇団時代にあります。一人多数の演劇は昔から好きでした。最大でも3、4人役かな。
──今回は10倍くらいの役柄ですが、一番大変だったことはなんですか。
サムがどんどん追い詰められて、ぷっつん直前は本当に大変です(笑)。
──初日直前の心境を聞かせてください。
わからないというのが率直な気持ち。どういう舞台になるのか、何が起こるのかわからない舞台なので、やはりいつもとは心境が違います。どうにでもなれという気持ちでやっていきたい。

サブ4


〈公演情報〉
L254639-0001-001-180312
シーエイティプロデュース
『フリー・コミティッド』
作:ベッキー・モード
翻訳:常田景子
演出:千葉哲也
出演:成河
●6/28〜7/22◎DDD青山クロスシアター
〈料金〉6,900円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉チケットスペース 03-3234-9999
https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2018/free_committed/



【資料提供/スペースクラフト】 




『あなたの初恋探します』


kick shop nikkan engeki 

珠玉のミュージカルナンバーが詰まったDIAMOND☆DOGS 現メンバーによるファイナルステージ!『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』開幕!

IMG_4213

今公演をもって充電期間に入るDIAMOND☆DOGS (D☆D)の、15周年記念公演シリーズFINAL『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』が銀座の博品館劇場で上演中だ。

『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 』は、ミュージカルの名場面、ビッグナンバーをD☆Dならではのダンスシーンも盛りだくさんに、ミュージカルコンサートを超えたミュージカルショーとして、ゲストを含めた全員で歌い踊る、D☆Dのショーステージの中でも、大きな特色のある人気公演として回を重ね、今回が4回目のステージとなる。この間多彩なゲストと共にD☆Dが創り上げてきた『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 』は、演出・振付を手掛ける森新吾の場面から場面への流れが少しも途切れない流麗な展開と、遊び心と、何よりD☆Dメンバーの卓越したダンス力が加わって、ミュージカルの名場面・名曲の数々が、全く新しいD☆Dならではのここにしかないショーとして生れ出る醍醐味が、常に大きな興趣をもたらしてくれるものになっていた。

IMG_3724

ただ、今回の『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』にはもうひとつとても大きな意味があった。言うまでもなく、様々な活動を展開していたD☆Dが、この公演を持って一時充電期間に入り、同時に小寺利光とTAKAがD☆Dを卒業する、現メンバーでのファイナルステージになったことだ。正直この発表がなされた時にはかなり動揺した。初期にこそメンバーの入れ替わりを繰り返していたD☆Dだが、2010年に和田泰右が加入して以来、7人のメンバーがガッチリ固定して8年が経とうとしている。その間にD☆Dは破竹の勢いで様々なチャレンジを続け、メンバーの役割も個々大きくなり、いつしかD☆Dはずっと今のD☆Dのままで、歌って踊れるチョイ悪オヤジのカッコいいグループとなっても、活動し続けてくれるのだろう。と、こちらがうっかり思い込んでしまっていたから、充電、卒業という発表がほとんど寝耳に水の気分だったのだ。だから今のD☆Dのラストステージが『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』に決まった時には、あのミュージカルショーがまた観られる!という喜びと、その日がこなければ良いのになという気持ちが複雑に混ざり合ったものだった。
けれども、D☆D誕生の謂わば聖地である銀座博品館劇場で開幕した『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』に接して、そうした寂しさがある意味昇華されていくのを感じた。それほどこのステージは魅力的で、これまでの年月にD☆Dが培ってきたものと、これから見据えていくものとが共にそそり立つものに仕上がっていた。

IMG_3515
IMG_3898IMG_4219

登場するたくさんのミュージカルナンバーが、D☆Dらしいテイストで再構築されていくのはもちろんなのだが、その数々の場面で彼ら1人ひとり個の力が大きく育っているのが如実に感じられる。彼らの先頭を走ってきた東山義久のカリスマ性にのみ頼らなくても、メンバーそれそれが素晴らしい瞬間を創り上げてくれる。全体を俯瞰している森新吾が、野性的でちょっと棘のある強烈な個性だけでなく、しなやかな柔軟性をも手にしていること。素晴らしい跳躍力で背中に翼があるかと思わせてきた中塚皓平が、芝居心を深めよりロマンチックな場面も担えるようになったこと。咲山類の伸びやかな歌唱力が、演技経験、ダンス経験を経たことで更に表現力を増したこと。ヒップホップダンスのやんちゃな躍動感が魅力の和田泰右が、エレガントなシーンにもきちんと対応できるようになったこと。そして、今回卒業する整った容姿とタップダンスで魅了してきた小寺利光が、より華やかに場面全体を率いる力を得ていること。触れたら傷がつきそうなほどにシャープなロックシンガーだったTAKAが、芝居にダンスにと陽気さ、明るさを前面に押し出していること等々。それぞれに進化を遂げたメンバーは眩しいばかりだし、そんな彼らに背中を見せながら尚、先頭をいくリーダー東山義久が、今回『ミス・サイゴン』のエンジニアのナンバー「アメリカン・ドリーム」を歌うことに象徴される、新たなステージに向かおうとしているD☆Dのステップアップが『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』には詰まっている。

IMG_4089
IMG_3935
IMG_3769
IMG_4135

だから、D☆Dにとって卒業する小寺とTAKAを含めて、このステージは終わりでもお別れでもなく、はじまりなのだと信じることができた。特に2幕冒頭『ライオンキング』の「サークル・オブ・ライフ」の見事な表現は必見の美しさと躍動感に満ちていて、ここからはじまるD☆Dのサークル・オブ・ライフに期待を抱かせる出色の場面となっていた。

IMG_3509
IMG_3820
IMG_3950

ここに『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』ではすでにおなじみの顔となったイ・ヒョンが、抜群の美声だけでなくリズミカルに弾む歌も聞かせたばかりか、言葉の壁を超えたデュエットソングを披露いるのにはにはゾクゾクさせられる。D☆Dステージの常連ゲストである法月康平も、持ち前の歌唱力は言うに及ばず、ダンス力演技力で舞台を弾ませてくれる。紅一点の木村花代はイ・ヒョンとのデュエットの『オペラ座の怪人』や『レ・ミゼラブル』の「夢やぶれて」等で見せる正統派プリンセスの歌声はもちろん、『ウィキッド』の「ポピュラー」『メリー・ポピンズ』の「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」等、チャーミングに弾む楽曲も一手に引き受ける大活躍。何より今回初参加となる泉見洋平のマリウスと東山のアンジョルラスという、実際に帝国劇場の舞台で『レ・ミゼラブル』を演じた二人が中心となった『レ・ミゼラブル』コーナーは圧巻。この舞台全体を引き締めるハイライトになっただけでなく、更に木村とのデュエット『ミス・サイゴン』の「世界が終わる夜のように」や、『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」等、鉄板ミュージカルのロマンに溢れた場面も展開したのは、『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』全体の印象を高める大きな効果となっていた。

IMG_3955
IMG_3742
IMG_3872
IMG_4069
IMG_4128
IMG_4049
IMG_4244

そんな休憩込み2時間半のステージで繰り広げられたのは、40曲以上のミュージカルナンバーで、きっとこれから、このステージで歌われた数々の楽曲をまたどこかで耳にする度に、この『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018 』のステージを、現メンバー7人のD☆Dがいた夏を思い出すに違いない。珠玉のミュージカルナンバーが詰まったステージだけに、これまでもそうだったように映像として残すことは難しいだろう。だからこそこの7月4日までの特別な舞台を1人でも多くの方に観てもらいたい。それほど素晴らしいミュージカルショーを創り上げた彼らに敬意を表すると共に、彼らがそれぞれに進むこれからの道でどんな出会いが待っているのか、その明日にも期待している。

IMG_3602
IMG_3697
IMG_3794
IMG_3804
IMG_4104
IMG_3909
IMG_3921
IMG_3935
IMG_4204
IMG_4239
IMG_4242
IMG_4227

〈公演情報〉
2018drama_1-thumb-593x840-955

DIAMOND☆DOGS 15周年記念公演シリーズ FINAL
『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』
構成・音楽監督◇宮誠
演出・振付◇森新吾
出演◇泉見洋平/東山義久、法月康平、イ・ヒョン/木村花代 
DIAMOND☆DOGS (森新吾、小寺利光、中塚皓平、和田泰右、咲山類、TAKA )
●6/27〜7/4◎博品館劇場
〈料金〉9,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉博品館劇場 03-3571-1003
http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2018_06_27.html



【取材・文・撮影/橘涼香】




『あなたの初恋探します』



kick shop nikkan engeki 

”能”と“狂言” 鏡のような二つの世界が劇場空間に立ち上がる!「狂言劇場 特別版」上演中!

3『鷹姫』野村萬斎』撮影:政川慎治20180623)
『鷹姫』野村萬斎』

古典芸能という枠にとどまらず「“舞台芸術=パフォーミングアーツ”としての能・狂言」というコンセプトに基づき、2004 年にスタートしたシリーズ「狂言劇場」。特別版となる今回は主演目に能の演目が登場。出演者も<東西の人間国宝>が並ぶ魅力的な顔ぶれが揃った。
狂言『楢山節考』と能『鷹姫』は、人間―超自然、烏−鷹、命を断ち切る行為−永遠の生命、相いれない二つの要素を互いに持ち、さながら対になっている…。

4『楢山節考』野村万作』撮影:政川慎治20180623)
 『楢山節考』野村万作
 
現代日本社会をあらわす鏡のような二つの世界「狂言劇場 特別版」の初日を迎えて、芸術監督で出演者でもある野村萬斎からコメントが届いた。

【コメント】 
(初日を終えた現在の心境や、本作の魅力について。6月23日)

野村萬斎
60年前の作品『楢山節考』と、50年前の作品『鷹姫』が衰えることなく受け入れられたことに感謝しています。普遍的な題材を、伝統ある洗練された手法を用いて、劇場空間の中で磨き上げることができた感覚があり、作品のもつを皆さんに感じていただけたことに喜びを感じています。
「姥捨山伝説」を土台にした狂言『楢山節考』では、主人公の老婆“おりん”が世代交代のために自ら死を選ぶ。W・B・イェイツの「鷹の井戸」が原作である能『鷹姫』では、“老人”、若き王子“空賦麟”、泉を守る魔性の“鷹姫”が永遠の命を得ることができる泉の水を求め争うも、先に死ねば雪に埋もれて地に還り、永遠の命を求めてもやがて岩になる。
人間も所詮は地球の一つ、宇宙の一つ、森羅万象の一つ、一要素でしかないというその感覚を、今日改めて感じました。また87歳(野村万作)から18 歳(野村裕基)までの世代が関わっていることにより、多重性を見出していただければと思います。
改めて能と狂言は表裏一体だと感じましたし、「生きる」ことと「死ぬ」ことにストレートにぶつかる作品を、能・狂言それぞれの表現でお見せできて感慨深いです。抽象的な表現を用いていますが、だからこそ人間の本質や普遍的なテーマを、お客様に届けることができるということに改めて自信を持つことができました。
ぜひ、多くのお客様に舞台芸術(パフォーミングアーツ)としての能・狂言をお楽しみいただけますと幸いです。劇場でお待ちしております。
 
 6『三番叟』野村裕基『』撮影:政川慎治20180623)
『三番叟』野村裕基
2『鷹姫』大槻文蔵(撮影:政川慎治20180623)
 『鷹姫』大槻文蔵
1『鷹姫』大槻裕一撮影:政川慎治20180623)
『鷹姫』大槻裕一

〈公演情報〉
「狂言劇場 特別版」
能『鷹姫』・狂言『楢山節考』
出演:野村万作、野村萬斎、野村裕基/大槻文蔵、片山九郎右衛門/観世喜正、大槻裕一/万作の会 ほか
●6/22〜24、6/30〜7/1◎世田谷パブリックシアター
〈料金〉S席8,00円 高校生以下・U24など各種割引あり(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515(10:00〜19:00)

ミュージカル『GRIEF7』


kick shop nikkan engeki  

よりパワーアップして第3弾上演中! おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』三重(みえ)

_Y319680

しりあがり寿による漫画を原作にした舞台、おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』シリーズの第三弾、おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』三重(みえ)が、6月21日からシアターGロッソで開幕した。(24日まで)
脚本・演出をSUGARBOY川尻恵太が手掛け、奇想天外な世界観を歌あり踊りあり笑いありで見事に再現したその舞台は、毎回好評を博している。

_Y318772

これまで、2016年1月に初演が上演され、その後、2016年5月からテレビ版としてTOKYO MX『ブタイモン』内で隔週でおん・てぃーびー『真夜中の弥次さん喜多さん』を放送、2017年6月には2作目のおん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』双が上演された。そして、今回は、3作目となる、おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』三重(みえ)が登場。
 
_Y319766

待望の新作となる今作では、前作から引き続き、弥次郎兵衛  役には唐橋 充、喜多八 役には藤原祐規。田代哲哉、松本寛也が続投。さらに新キャストとして、佐藤祐吾、芹沢尚哉、深澤大河、大海将一郎、岩  義人、コロ(ピヨピヨレボリューション)、湯澤幸一郎をが加わった。

弥次さんと喜多さんが薄っぺらな江戸の町からリヤルを求めて旅に出る。お伊勢さんに行けば全部叶うんだぃ!
しかし、 途中の関所は奇妙奇天烈なところばかり・・・出逢う人も、出来事も不思議なことばかり・・・はたして!弥次さんと喜多さんは、お伊勢さんにつけるのか・・・お客様はリヤルを実感することができるのか・・・個性豊かなメンバーが弥次さん喜多さんとどんな旅を繰り広げるのか!?

_Y310729_
今作では「シーサイド・イン」をはじめとした原作エピソードに加え、オリジナルエピソードも描かれる!

_Y310134_
過去シリーズ最多の楽曲数!今作はなんとアイドルのライブシーンにてサイリウムが使用可能!
 
_Y310587

_Y310229_

日替わりゲストに松村龍之介、納谷健、廣野凌大 、伊崎龍次郎、阿澄佳奈が出演。どのような場面で登場するのか注目!

_Y319435

【キャラクター紹介】

唐橋充_Y310620_
唐橋 充/弥次郎兵衛 役
 
藤原祐規_Y310432
藤原祐規/喜多八 役

佐藤祐吾_Y310158
佐藤祐吾/梅鉢双 役

芹沢尚哉_Y310171
芹沢尚哉/良快成敦史 役
 
深澤大河_Y317828
深澤大河/菊咲一華 役

大海将一郎_Y317851
大海将一郎/編笠百合緒 役 

岩義人_Y311191
岩 義人/シバタ 役

田代哲哉_Y319467_
田代哲哉/添乗員 役 

コロ_Y311433
コロ(ピヨピヨレボリューション)/バンドのボーカル 役  

松本寛也_Y310509
松本寛也/万ジョン次郎 役 

湯澤幸一郎_Y311354_
湯澤幸一郎/熊 役




〈公演情報〉
PR
おん・すてーじ 『真夜中の弥次さん喜多さん』三重(みえ)
原作◇しりあがり寿
脚本・演出◇川尻恵太(SUGARABOY)
出演◇唐橋 充 藤原祐規/佐藤祐吾 芹沢尚哉 深澤大河 大海将一郎 岩 義人 田代哲哉 コロ(ピヨピヨレボリューション)  松本寛也 湯澤幸一郎 ほか
◎6/21〜24◎東京ドームシティ シアターGロッソ
〈お問い合わせ〉http://www.clie.asia/on_yajikita/

Ⓒしりあがり寿/2017 おんすて弥次喜多



【撮影/鏡田伸幸】


スタジオライフ『カリフォルニア物語』


kick shop nikkan engeki

大倉孝二とブルー&スカイのジョンソン&ジャクソン最新作 『ニューレッスン』開幕!

DFC_0648

大倉孝二とブルー&スカイの演劇コンビネーション“ジョンソン&ジャクソン”の新作『ニューレッスン』が渋谷・CBGKシブゲキ‼にて、6月21日、開幕した。
 
ジョンソン&ジャクソンは、俳優の大倉孝二と脚本家・劇作家のブルー&スカイが共同で脚本執筆と演出をし、出演もするという企画。今回で3回目の公演となる。毎回、演劇界のつわもの俳優陣が出演し、ナンセンスな世界を繰り広げているが、今回は、第1回公演にも出演した池谷のぶえが再参戦、加えて「ブルー&スカイのファン」と公言する、いとうせいこうが満を持して参加した。また追加キャストとして、ナイロン100℃劇団員の小園茉奈も加わることになった。

DFC_0309

時は昭和初期、文芸的なニュアンスも漂う世界観からスタートするが、、、、、。
「ただくだらない芝居をつくりたい」と標榜し立ち上がったユニットだけに、予測不可能。意味のない会話の応酬に、観客は、戸惑い、笑い、未だ観たことのない触感の世界に誘われるだろう。
多くは語らない。とにかく劇場で目撃してほしい。

DFC_0417

【コメント】

開幕に際し、ジョンソン&ジャクソンの、大倉孝二とブルー&スカイからコメントが届いた。

DFC_0578

大倉孝二
「本当にどうでもいい芝居が、今回も出来上がりました。観に来て下さる皆さんの中には、何が面白いのか分からない人もいるとも思うんですが、まあ、楽に笑って頂けると、こっちとしては盛り上がるので、もし面白かったら「あはは」と笑って頂けると幸いです。かといって、「楽しまなきゃいけない」ということでもないので、気負わずに、とりあえず劇場にどうでもいい気持ちで来てください。お待ちしてます。」

DFC_0593

ブルー&スカイ
「稽古が始まる前、稽古場でせいこうさんや池谷さんから色々とアドバイスを頂いたり、「こうしたら面白い」とか、「このセリフの方がいいんじゃないか」とか、話し合いができたら良いね、と思いながら、実際できるか分からなかったのですが、それが出来、作品が完成して、僕個人として本当に貴重な体験をさせて頂きました。この貴重な体験が、そんなに内容的に貴重じゃない公演に使えるということは、良いことだな、と思います。そんな感じを観に来てください。頑張ります。」

DFC_0690


〈公演情報〉
jj2018

ジョンソン&ジャクソン
『ニューレッスン』
作・演出◇ジョンソン&ジャクソン(大倉孝二 ブルー&スカイ) 
出演◇大倉孝二 いとうせいこう ブルー&スカイ 小園茉奈 
池谷のぶえ
●6/21〜7/1◎CBGKシブゲキ!!
●7/6〜8◎ABC Hall
〈お問い合わせ〉キューブ 03-5485-2252(平日12:00〜18:00) http://cubeinc.co.jp/stage/info/jj2018.html


【撮影/桜井隆幸】


ミュージカル『GRIEF7』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について