稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ最新号

レビュー速報

加藤和樹の曲をもとにした舞台、project K『僕らの未来』上演中!

02

ミュージカルをはじめ様々な舞台で活躍中の加藤和樹が、アーティスト活動を行って初めて作詞した曲をもとにした舞台『僕らの未来』が、12月6日から16日まで東京・品川プリンスホテル クラブeXで上演中だ。(のち12/20〜23◎大阪・大阪ビジネスパーク円形ホールにて上演)

07

本作は、2007年に発売された加藤和樹のアルバム「Face」に収録された楽曲「僕らの未来〜3月4日〜」を舞台化。「生きる年数は決めることはできないが生き方だけは決められるだろう」をテーマとして、自分の意志や力でしっかり生きるという考え方を問う作品となっている。脚本・演出はほさかよう、出演者には加藤のほか、鎌苅健太、河合龍之介、なだぎ武、吉高志音が名を連ねている。

03

初日公演に先立って行われた舞台稽古の写真と、コメントが届いた。
  
01
ほさかよう、吉高志音、河合龍之介、加藤和樹、鎌苅健太、なだぎ武
 
【コメント】(50 音順)
 
藤代 樹 役:加藤和樹
自分の楽曲をもとにした舞台が上演できるということを非常に嬉しく思っております。
普段、企画の段階を目にすることはあまりないのですが、今回は最初の打ち合わせから参加して物語がゼロから構築されていく様子も目の当たりにしているので、いつもとは違う想いもあり、さらにそれをかけがえのない仲間たちと演じられるという感慨もあります。
「自分らしく生きていく」ということがこの作品で一番伝えたいことですが、生きにくい今の時代にとてもとても大事なメッセージを込められたと思っています。今の時代だからこそ伝えられる作品だと思いますので、多くの人に届けばいいなと思っています。
 
安藤 健 役:鎌苅健太
僕の大好きな加藤和樹の「僕らの未来〜3 月 4 日〜」という楽曲が、こういう風に時を経て舞台になるという事がとても嬉しいですし、待っていてくださった方がいるのかなと思っています。そしてこの大好きなメンバーといろいろな世代に伝わる作品にすることができたと思います。みなさんと素敵な時間が過ごせたらなと思っています。
 
倉田陽介 役:河合龍之介
今回、この世界に入ったときから仲間であったメンバーと特別な時間を過ごせています。
世代をこえた話ということでなだぎさんと志音と僕たちの世代だけでなく、幅広い世代の方に共感いただけるような作品になったと思っています。
 
干場武夫 役:なだぎ武
今回のお芝居は、それぞれが等身大の年代を演じるということで常にリアルなお芝居だなと感じています。それぞれの世代の「今」という瞬間を切り取ったお芝居なので、見ていて非常にリアルというか、常に日常を感じるような作品になっていると思います。
 
神山レオン 役:吉高志音
今回一番下の世代ですが、3 世代だと感じることや考えること、生きてきた時代だったりが違う中で、考え方は食い違ったりもしますが、想いは一緒だったりするなと感じています。経験してきたことを舞台上でもでも活かせるように頑張ります。
 
脚本・演出:ほさかよう
リアルに寄せた芝居になっています。これだけキラキラした人たちを使ってとてもシンプルに演劇というものを信じて創ってきた作品になっていますので、もしかしたら派手なものだったりエンターテイメントというものを観ている方々からしたら、「あれ?おとなしくない?」「こんなにしっかり観るんだ」と不思議な感覚になるかもしれません。
ですが、「自分たちのことをやっているんだ」と思っていただけるようにと考えながら創ってきた作品ですので、それぞれの楽しみ方で観ていただければと思います。
面白くなっていると思いますので、どうぞ期待してお待ちくださいませ。

04
05
0608


〈公演情報〉
project K『僕らの未来』
脚本・演出◇ほさかよう
原案◇加藤和樹「僕らの未来〜3 月 4 日〜」
出演◇加藤和樹  鎌苅健太 河合龍之介 なだぎ武  吉高志音(50 音順)
●12/6〜16◎品川プリンスホテル クラブeX
●12/20〜23◎大阪ビジネスパーク円形ホール
〈料金〉8,800円(全席指定・税込) 
〈チケット一般発売日〉2018年9月8日(土)10:00
〈公式 Twitter〉https://twitter.com/project_K2018

 

【資料提供/ネルケプランニング】



『Like A Room 002』


kick shop nikkan engeki 

小川絵梨子演出、蒼井優・葉山奨之・浅野雅博の3人芝居『スカイライト』開幕!

2.(右から)蒼井優、浅野雅博

新国立劇場では小川絵梨子が演出し、蒼井優・葉山奨之・浅野雅博の3人で演じる舞台『スカイライト』が12月6日に開幕した。(24日まで。そののち兵庫公演あり)

かつて不倫関係にあった男女が再び出会う夜......。2015年、トニー賞リバイバル作品賞を受賞した傑作戯曲だ。
この作品を演出する小川絵梨子にとって、新国立劇場演劇の芸術監督就任後の初演出作品となる『スカイライト』は、演劇の原点とも言える"対話"の力への信頼に基づいたデイヴィッド・ヘアの秀作で、1995年に初演されて以降、様々な演出家の手により幾度となく上演が重ねられてきた。
かつて不倫関係にあった二人の男女のダイアローグは、常に綱渡りのような緊張を孕み、ちょっとした一言で均衡が大きく揺らいでいく様は、まさにドラマティック。登場人物はわずか3人、しかも舞台にいるのは常に2人だけというミニマムな人間関係で描かれる。

出演俳優は蒼井優、葉山奨之、浅野雅博。熱量のある会話劇を支える実力派俳優ばかり。戯曲の機微を細やかに掬い取る手腕が高い評価を得る小川絵梨子の演出もあわせて、見どころ十分な舞台となっている。

1.(右から)蒼井優、浅野雅博

【ものがたり】
ロンドン中心部から離れた質素なアパートに住むキラ(蒼井優)の元に、かつての不倫相手の息子であるエドワード(葉山奨之)がやってくる。妻アリスを亡くして以来、不安定なままの父親トム(浅野雅博)を助けてほしいと言い残し、彼は去る。
同じ日の夜、期せずしてトムもまたキラの元を訪れる。三年ほど前、不倫関係が明るみになった日以来、初めて再会した二人は、夜更けまでこれまでのことを語り合う。お互いへのいまだ消えぬ想いと、解けない不信感、共有する罪の意識の間で大きく揺れ動く二人の会話は、やがてそれぞれの価値観の違いへと触れて行く。相手の急所を射抜く言葉を知っている二人の駆け引きがたどり着く先は......。

3.(左から)蒼井優、浅野雅博

〈公演情報〉
2018/2019シーズン演劇
『スカイライト』
作◇デイヴィッド・ヘア
翻訳浦辺千鶴
演出小川絵梨子
出演蒼井 優、葉山奨之、浅野雅博
●12/6〜24◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席6,480円 B席3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999


【資料提供/新国立劇場 撮影/細野晋司】
 





『Like A Room 002』


kick shop nikkan engeki 

三谷幸喜の最新舞台はオリジナル・ミュージカル!『日本の歴史』開幕!

日本の歴史_宮川舞子撮影t_1271ds

卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1700年に渡る物語を、ミュージカルで描く!
なんと壮大、かつ大胆な発想なのだろう!
そのアイデアの張本人・三谷幸喜が作・演出を手掛け、三谷作品には欠かせない作曲家・荻野清子がオリジナル楽曲を創り上げた話題のミュージカル『日本の歴史』が、12月4日、東京 世田谷パブリックシアターにて開幕した。(12月28日まで。2019年1月 6日〜13日@梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。)
 
日本の歴史_宮川舞子撮影t_0685ds

“大河ドラマ”でも納まりきれない1700年の物語に登場する人物は、歴史上の偉人から名もない人々も含め50名以上!それをたった7名のキャスト、中井貴一、香取慎吾、新納慎也、川平慈英、シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加だけで、ミュージカルで表現しようという、まさしくオリジナルな世界、その全容は…!?

日本の歴史_宮川舞子撮影t_0072ds

【コメント】

この公演の初日を前に作・演出の三谷幸喜、出演キャストの中井貴一、香取慎吾、シルビア・グラブからコメントが届いた。

三谷幸喜(作・演出)
誰も観たことのないミュージカルが完成しました。荻野清子さんの独創的な音楽に加えて、女装で踊る中井貴一、香取慎吾のエロ坊主、シルビア・グラブの織田信長、親子三代全員川平慈英。一体誰が想像したでしょうか。でも中身は至って真面目です。

中井貴一(出演)
三谷さんからのお話は二つ返事で受けてきたものの、まさかミュージカルだったなんて(笑)。僕が最近掲げている目標が、前に進むために「この年齢でいかに恥をかくか」なのですが、歌も踊りも初めてのことばかりで必死です。でも、それを素直に新鮮に受け止めている自分がいて刺激的な毎日です。とにかく、この壮大なスト―リーが素晴らしい!皆さんには、「日本の歴史」という言葉にこだわらず、この物語に身を委ねてご覧いただきたいですね。

香取慎吾(出演)
三谷さんとご一緒するのは3年前の映画以来。久々で本当に嬉しかったのですが、こういうミュージカルは思いつかないでほしかったです(笑)。歌と踊りはもちろん、7名だけで歴史上の人物からその他大勢まで色んなことをやっています!でも、この物語は、途中の可笑しな場面が最後の切なさにつながったり、あとから刃のように鋭く突き刺さってきます。こういうことを考える三谷さんは、詐欺師かマジシャンか?と思いますね(笑)。

シルビア・グラブ(出演) 
台本を読んだだけでは全く想像がつかなかった世界が、どんどん深くドラマチックになっていって、「人間の物語」として感動的です!とても、考えさせられる作品になったと思います。本当にめまぐるしく色んな人物を演じるので全員必死で稽古をしてきましたが、稽古現場に作家の三谷さんと作曲家の荻野清子さんがいて、皆で一緒に創り上げることができたことは、とても贅沢なことだと感じています。全く歴史を知らない人も楽しめる舞台です!

日本の歴史 宮川舞子撮影t_0023ds

〈公演情報〉
シス・カンパニー公演
『日本の歴史』
作・演出◇三谷幸喜            
音楽◇荻野清子
出演◇中井貴一 香取慎吾 新納慎也 川平慈英
シルビア・グラブ 宮澤エマ 秋元才加
演奏◇荻野清子 阿部寛 古本大志 萱谷亮一
●12/4〜28◎東京 世田谷パブリックシアター
〈料金〉 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円(全席指定・税込)
●2019/1/6〜31◎大阪  梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉 S席10,000円 A席8,000円(全席指定・税込)
【当日券】 全ステージ、開演1時間前より当日券を発売します。
〈お問い合わせ〉シス・カンパニー 03-5423-5906(平日11:00〜19:00)


【写真提供/シス・カンパニー】



『Like A Room 002』


kick shop nikkan engeki 

シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.11 らまのだ『青いプロペラ』いよいよ開幕!

IMGL0987

毎年、世田谷パブリックシアター主催で行われている、若い才能の発掘・育成のための“シアタートラム ネクスト・ジェネレーション”。本年は、らまのだ『青いプロペラ』が選出され、その公演が本日、11月29日から12月2日まで、シアタートラムで上演される。

今回選ばれた「らまのだ」は、2015年より活動を始めたばかりだが、劇作をつとめる南出謙吾は日本劇作家協会新人戯曲賞などこれまで様々な戯曲賞を受賞。また演出の森田あやも、日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2016」で優秀賞を受賞するなど、実力が着々と評価されてきた今勢いのある団体だ。
上演される作品『青いプロペラ』は、山あいの小さな町の老舗スーパー「マルエイ」を舞台に従業員たちの日常を描いた作品。“平温”な日常の中で繰り広げられる焦点をずらしたやりとりから、不合理な人間の本質を浮かび上がらせる。また、全編石川弁で上演される。

IMGL1145

【あらすじ】
山あいの小さな町の老舗スーパー「マルエイ」は、隣町の大型ショッピングセンターの出店に揺れている。
反対運動も繰り広げるも従業員たちに切迫した様子は無く、どこかその運命を受け入れているようにすら見える。
だが、かつては、マルエイも、地元商店街に壊滅的な打撃を与え、ここに出店したのだ。

IMGL1253

【コメント】
この公演の初日を前に主宰・演出の森田あやと劇作の南出謙吾からコメントが届いた。

森田あや(主宰・演出)
本日は数ある演劇の中から、「らまのだ」を選んで観に来て頂き誠にありがとうございます。
「らまのだ」を始めて3年が経ちました。この公演は旗揚げ公演の再演です。私たちの原点の作品です。
この出発のお芝居をシアタートラムという素敵な劇場で上演できることがとても嬉しく、今でも夢のようだと正直信じられない思いです。
決して楽しいだけではなかった三年間の創作を経て、今改めてこのお芝居に帰ってきて、わたしたちはなにを創りたいのか、なにを伝えたいのか、そんなことがより明確になってきたことを感じます。
南出も私も口を揃えて、私たちは派手ではないといい、特別な何かをしない事で、創り出せる手触りがある、瞬間があるのではないかと模索し続けてきました。
今、目の前にいる人間の瞬間の生き様を、そのままの味、そのままの色で味わって欲しいと思っています。澄ましていても、もうどこか壊れてしまって、上手には生きていけなくなってしまっている彼らが、わたしたちの毎日に少しだけ前を向く力をくれるかもしれないのです。

南出謙吾(劇作)
いま、世間は劇場に足が向かいはじめている。
舞台芸術の手法は工夫され挑戦を重ね多様化し、感覚に豊かに訴えかけてくる。やれそれもっとやれの気持ちだ。その混沌の中、私はアリ地獄の様に密やかに静かに、この淡泊な作品で待ち構えていた。すそ野を広げる役割は果たせなくとも、能力が欠如していたとしても、広がったすそ野を固める役割を果たしたい、やれるとおもう、奇を衒うことを徹底的に避け、一瞬の心情や条件を切り取る、意図的な高揚を嫌いスケッチに徹する。この作風、手法こそが、社会の行き場のない腹立たしさや報われなさの中にうごめく、人の営みを拾うにはふさわしいと考えてきた。見つめるべきものに集中させるため、余計なものはそぎ落とし、一方で、それそのものは不必要に飾らない。この作業から、日本語戯曲の強みを活かし、味わえると確信しています。
本日は、ご来場心より感謝いたします。

IMGL0973
IMGL1068
IMGL1085
IMGL1206
IMGL1246
IMGL1262
IMGL1282
IMGL1321

〈公演情報〉
aoipropeller_visual_fixw_730_hq
シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.11 
らまのだ『青いプロペラ』
作◇南出謙吾
演出◇森田あや 
出演◇富川一人(はえぎわ) 田中里衣 林田航平 福永マリカ 今泉舞 斉藤麻衣子 井上幸太郎 猪股俊明
スティールパン演奏◇STARS ON PAN
●2018/11/29〜12/2◎シアタートラム
〈料金〉3,500円(全席指定・税込)  
※高校生以下 1,750円、U24 1,750円などはHPで詳細を確認してください。

<ポストイベント>
〇11月30日(金)14:00の回 終演後
スティールパンミニライブ
出演:実近友里恵 飯野顕 岩崎有美(STARS ON PAN) 
〇12月1日(土)17:00の回 終演後
ポストトーク
出演:瀬戸山美咲 森田あや 南出謙吾



【資料提供/世田谷パブリックシアター 撮影/友澤綾乃】





『新春浅草歌舞伎』


kick shop nikkan engeki 

錦織一清が演出を務める坊ちゃん劇場のミュージカル『よろこびのうた』東京公演が開幕!

IMGL0916

東京・江東区のティアラこうとうで、錦織一清が演出を務める坊ちゃん劇場のミュージカル『よろこびのうた』東京公演が11月28日、開幕した。
この作品は「第九」をテーマに、第一次世界大戦時の徳島県を舞台に、ドイツ兵捕虜と日本人の娘の許されぬ恋を描く作品描くミュージカル。同作は、愛媛県東温市にあるミュージカルの常設劇場、坊っちゃん劇場が今年1月から来年1月までロングラン中で、今回はその東京公演として11月28日、29日に上演されている。

IMGL0744

第一次世界大戦中、徳島県鳴門市には青島で日本軍の捕虜となったドイツ兵の俘虜収容所があり、約1000名の捕虜が収容されていた。この収容所は、福島県会津若松市出身の松江豊寿が所長で「武士の情け」を基本にした、極めて人道的かつ寛大な運営をしたことで知られ、地元の人々はドイツ兵捕虜を「ドイツさん」と呼び、スポーツや芸術、農作業など様々な分野で温かい交流が行われた。
その板東俘虜収容所のドイツ兵が、1918年6月1日、日本(アジア)で初めて「第九」を全曲演奏したという史実は過去に小説やドラマ、映画化もされているが、日本では意外と知られていない。戦禍の中、異国の地で捕らわれの身となったドイツ兵たちが、故郷への思いと共に平和をという願いを込めて響かせた「歓喜の歌」。その精神は地元の合唱団員たちで今でも歌い継がれている。
今回はこのエピソードを、四国の遍路宿の一人娘と若いドイツ兵捕虜との許されない恋を軸に、板東の人々とドイツ人との美しい交流を描き、人類愛と世界平和のメッセージをミュージカルとして作りあげた。 

IMGL0724

脚本は映画『パッチギ!』『フラガール』、NHK連続テレビ小説『マッサン』などで知られる羽原大介、演出は俳優のみならず演出家として『熱海殺人事件』『グレイト・ギャツビー』などで活躍する錦織一清、音楽はシンガーソングライターで俳優としても活躍、『グレイト・ギャツビー』の音楽も手がけた岸田敏志という強力なスタッフが揃った。
またキャストはドイツ兵ミハエル役には、『ポストマン』をはじめさまざまなミュージカルで活躍する小林遼介、老舗の遍路旅館の箱入り娘明子には、邦楽ミュージカル『夏花火♡恋名残』などに出演した名取えりかが扮している。

IMGL0818
IMGL0820

【初日会見】
その会見と初日が11月28日に開かれ、坊ちゃん劇場の代表取締役・越智陽一、駐日ドイツ連邦共和国大使館文化課長ダーヴィッド・メラー、愛媛県東京事務所長・小坂泰起、脚本の錦織一清、演出の錦織一清、音楽監督・作曲の岸田敏志が出席、この公演への期待をそれぞれ述べた。

IMGL0671

越智陽一代表取締役によると公演は1月の初日以来60,000人が来場、「これまでになく男性のお客様が涙を流される姿が多かった」。また「作品の舞台となっている徳島公演では4,000人を越える方々が足を運んでくれた」と感謝とともに報告、今回の東京公演に期待を込めた。またダーヴィッド・メラー文化課長は「ドイツ人俘虜への人道的な待遇の話は日独友好の土台になっていると思います。第九の記念すべき日本初演100周年として、このような素晴らしい作品が上演されることはとても嬉しく思っています。日本以外で第九がこれほど盛大に取り上げられることはあまりないと思います。第九の精神である多くの人たちを結びつけること、それを次の世代へと伝えていく機会になればと思っています」と語った。愛媛県東京事務所の小坂泰起は「坊ちゃん劇場は誕生以来素晴らしい作品を上演している奇跡の劇場です。これまでも心を揺さぶる作品ばかりでしたが、とくにこの『よろこびの歌』は称賛の声を多く聞いています。芸術作品を地方で作り東京に持ってくるのは並大抵ではないと思いますが、昨年に続き今年も東京公演ということで、その実力を感じています。この東京公演をご覧になったお客様は、ぜひ徳島や愛媛はじめ四国に遊びにいらしていただければ幸いです」と結んだ。

_MG_8466
羽原大介(脚本)
瀬戸内を舞台という中で、徳島の板東俘虜収容所での物語を知り、これを舞台にしたいと思いました。私は外国人と日本人のラブストーリーとして、映画『パッチギ!』とNHKのドラマ『マッサン』に続いて、私の国際恋愛ラブストーリー3部作の集大成のつもりで書きました。出演者の人数なども限られている中、信頼する錦織さんと岸田さんのよって素晴らしい作品になりました。今回東京公演で、この大きい劇場でどう進化するか楽しみです。

_MG_8484
 錦織一清(演出)
この話をいただいたのは『グレイト・ギャツビー』でご一緒した羽原さん経由で、羽原さんとはぜひまたご一緒にと思っていたので二つ返事で引き受けました。ちょうど1年くらい前に稽古をはじめ、愛媛でこんなに演劇を真剣に取り組んでいる方が沢山いらっしゃるのだと思いましたし、何度か足を運ぶ中で、演劇の原点的なものを感じました。また観るたびに作品がブラッシュアップされているのを感じました。個人的な話ですが、今年の正月に親戚が集まったとき、母方の祖父が愛媛の出身だと知りまして、愛媛の血が流れているのを知り嬉しく思ったりしました。またここは江東区ですが生まれて育ったのは江戸川区なので近くですし、色々な縁があるのを感じます。今日はまた新鮮な気持ちで作品を観たいと思っています。
 
_MG_8536
岸田敏志(音楽監督・作曲)
『グレイト・ギャツビー』の羽原さんと錦織さんなので「ぜひ、やらせていただきたい」と思いました。羽原さんはミュージカルは初めてということでまかせていただき、錦織さんもこういう曲がほしい、ここではこういう設定だからときちんと言ってくれて、あとはまかせてくださる。そういうお二人なので、演者が歌いやすい曲作りに専念できました。出来上がってからなんどか舞台を観に行くたびに、僕も涙が出てくるような素晴らしい作品に仕上がってます。東京公演も楽しみに観ようと思っています。

IMGL0711

 【舞台フォトレビュー】
IMGL0716
IMGL0720
IMGL0755
IMGL0760
IMGL0772
IMGL0849
IMGL0857
IMGL0864
IMGL0871
IMGL0906
IMGL0888

〈公演情報〉
坊っちゃん劇場第13作「第九」アジア初演100周年記念作品
ミュージカル『よろこびのうた』東京公演
脚本◇羽原大介
演出◇錦織一清
音楽監督・作曲◇岸田敏志
出演◇小林遼介、名取えりか、村上幸央、中山城治、中村元紀、脇山尚美、梶 雅人、渡辺輝世美、小野佑子、瀧田和彦、松村桜李、松尾奈実、山下奈央子 
●2018年11月28日・29日◎ティアラこうとう 大ホール
〈料金〉S席7,500円 A席6,500円(全席指定・税込)
https://www.kcf.or.jp/tiara/event/detail/?id=1863



【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】
 

『新春浅草歌舞伎』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について