稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ最新号

ニュース

中津留章仁の衝撃作が帰ってくる!『黄色い叫び』3月に東京・大阪で上演!

宣材写真「黄色い叫び」

あの衝撃作がリメイクされて帰ってくる!
劇団トラッシュマスターズの主宰で作・演出の中津留章仁が2011年4月に発表し、震災後の演劇界に大きな衝撃を与えた『黄色い叫び』が、3月に東京と大阪で上演される。
中津留章仁は現代社会に潜む諸問題を掘り下げ、未来志向の想像力により観る者をひきつけるダイナミックな劇作と演出を駆使し、骨太な作品を発表し続けている。
本作は2011年4月に上演された。その上演前の執筆中に東日本大震災が発生する。
苦慮した末、実施を決定し、さらにそれまで書いていた脚本を捨て去り新たな物語を構築した。それが災害を題材とした『黄色い叫び』なのである。
中津留曰く、「被災地での子供たちはきっと画用紙がなければ大地に絵を描き、音楽がなければ自ら歌を口ずさむ。道具がなくてもままごとなどのごっこ遊びを始める。例え住む家がなくても、明日に不安があったとしても、人は芸術にふれられずにはいられない。"芸術とは生きることそのものであり、人間らしさを取り戻す最善の行為だと私は信じている"」
ここ数年、世界中で自然災害が後を絶たない中、人が人間らしく「生きる」ということの意味を、いま考えなければならない。

【あらすじ】
とある地方の田舎の公民館。
青年団のメンバーが祭りの為の会議に集まった。
外は台風が近づき、雨足が強くなり始めている。
祭りから、災害対策まで話が及び、会議は紛糾する。
自然災害と人災、都市と過疎地の諸問題が浮き彫りになっていく。
やがて会議は終わり、解散したのも束の間、付近で土砂崩れが発生。
道は完全に遮断され孤立状態に陥った公民館。
そして一人が土砂に巻き込まれ、流血したまま公民館に運び込まれた……

【初演時 劇評より抜粋 2011年4月】
この舞台では、登場する青年たちの抱えている問題や悩みが、目前の災害と渾然一体となって絡まりあい、いま「生きているとは」「災害とは何か?」を考えさせずにはおかないものになっている。
自然災害と人災。都市と過疎化。
しかし、そこに生きる「人間の生命の格差」はあるのか。
作・演出の中津留が、敢えてこの時期に、このテーマを携えて公演に踏み切ったのは、過疎の町を鏡に、いま遭遇している「東日本大震災」とその復興のありようを自分自身に問うためである。
その腹の括りは、この舞台にしっかりと現れていた。
その首尾一貫した緊密なアンサンブルはノンストップで二時間半を飽くことなくみさせてくれたのである。見事な舞台というほかはない。
── 演劇評論家 故・村井健 氏

〈公演情報〉
宣材写真「黄色い叫び」
トム・プロジェクト プロデュース
『黄色い叫び』
作・演出◇中津留章仁
出演◇ 斉藤とも子 原田祐輔 山崎大輝 中嶋ベン 長尾純子 太平 岡田優 伊藤壮太郎 足立英 辻井彰
●3/20〜26◎全労済ホール/スペース・ゼロ
〈料金〉一般前売¥4,000 一般当日¥4,500(全席指定・税込)
〈チケット一般発売〉2019年1月25日(金)10:00〜
●3/29・30◎大阪市中央公会堂 大集会室
〈料金〉一般前売¥2,000 一般当日¥2,500(チケット発売中)
〈お問い合わせ〉トム・プロジェクト 03-5371-1153(平日10:00〜18:00)
 ※各種割引あり 販売はトム・プロジェクトのみ
〈トム・プロジェクトHP〉https://www.tomproject.com
 
 




えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki  

CUBE STUDIO WORKS特別企画ワークショップ「生瀬ゼミ」俳優・演出助手のゼミ生 大募集!

Unknown

バラエティ豊かな実力派俳優陣や、精鋭の劇作家、演出家、映画監督を擁し、更に自社プロデュースの舞台作品を次々に送り出している株式会社キューブが、演劇界のメインストリームでもっと活躍したい、高い表現力を身につけたい、という望みを抱く俳優たちのために、2018年よりスタートさせたワークショップシリーズ「CUBE STUDIO WORKS」。

2019年前期に特別企画として、俳優・演出家 生瀬勝久のワークショップ「生瀬ゼミ」を実施する。
今回は、生瀬勝久とともに舞台を作る仲間を募集。舞台作品のテキストを使用し1つの作品を創り上げる。来年に企画中の生瀬勝久演出作品へ出演の可能性を含むという。更に「生瀬ゼミ」の演出助手の募集も行い、俳優・演出助手ともに創作の現場を共有する力強い意欲を持つ参加者を求める。

選考方法は、書類選考後、3月に実施する「トライアルワークショップ」への参加を通じ、「生瀬ゼミ」参加者の選抜を行う。その後、合格者は4月からの「生瀬ゼミ」に参加する。

【生瀬勝久コメント】
●俳優部門
新しい俳優さんとの出会いを待っています。
僕自身芝居をすることがとても好きなので、「芝居をすることが楽しい」、まずそれがベースになるような気持ちの作り方を皆さんにも体感して頂きます。
可能性を持っているのに開けられない方、自分の中の開かずの扉の鍵を合わせて、一緒に開けましょう。それぞれの個性を出して頂けたら、僕もインスパイアされるでしょうし“目から鱗”のワークショップにします。
絶対楽しいです。ご期待下さい。
●演出助手部門
今回、演出助手志望も募集します。
今の日本の演劇シーンの中で、演出家になりたい方は結構いらっしゃると思いますが、演出助手の方は本当に少ない。
演出助手は作品の方向性やスタッフの意見等をまとめて決めていく人ですので、カンパニーの要として重要な役割を担っています。
スペシャリストとして、発言権とプライドを持った“プロフェッショナルの演出助手”がもっと増えていってほしいと思います。
今回は、演出助手とは実際どういうことをするのかを通して、演出助手の楽しさ素晴らしさを感じてほしいと願っています。
 
【「生瀬ゼミ」募集概要】
1、俳優
 応募資格:高校卒業以上(2019年4月1日時点)。性別、年齢、経験不問。
 募集人数:20-30人程度
2、演出助手
 応募資格:高校卒業以上(2019年4月1日時点)。性別、年齢、経験不問。将来演出家及び演出助手を志す方。
 募集人数:数名
 
〈募集要項〉
*俳優部門
2019年2月28日(木) 応募書類締切
 ↓
書類選考 3月11日(月)までに書類選考結果通知
 ↓
3月19日(火)、23日(土)、24日(日) 各日13時〜17時[参加料 1,000円/1回]
 トライアルワークショップ開催(「ゼミ生」へのオーディションを兼ねる)
 ↓
ゼミ生選抜 選抜合格者はゼミ生として登録[受講料 35,000円]
 ↓
4〜6月中 15回以上(日程発表随時)[運営実費 1,000円/1回]
「生瀬ゼミ」ワークショップ開催 
 
*演出助手部門
参加料、登録料などはかかりません。
4〜6月のワークショップ開催時には可能な限り参加可能なスケジュールの方。
生瀬ゼミで実際に演出助手として活動していただきます。
選考は、3月のトライアルワークショップの日程で面談を行います。
 
〈応募方法〉
メール件名を「生瀬ゼミ 応募」とし、本文に以下を明記・添付の上、cube-studioworks@cubeinc.co.jpまで送信してください。2月28日(木)締切 
 
1、俳優希望or演出助手希望
2、氏名(ふりがな)
3、年齢(2019年4月1日時点で)
4、所属事務所・劇団等(もしあれば)
5、メールアドレス
6、連絡先電話番号
7、応募理由
8、トライアルWS参加希望日程(複数日程応募可能)
9、添付・写真(俳優の方は全身とバストアップ2枚必須、演出助手は顔写真1枚でも可)
10、添付:所属事務所作成のプロフィール、もしくは出演作の書かれた経歴書等。
 
書類選考の結果を3月11日(月)までにメールで返信します。
11日までにメールが届かない場合にはお問合わせください。
書類通過者にはトライアルワークショップに参加いただく日程をお知らせします
(応募回全てに参加いただけるとは限りません)。

〈お問い合わせ〉株式会社キューブ STUDIO WORKS係 cube-studioworks@cubeinc.co.jp
(本企画に関する詳細はホームページでもご覧いただけます。Q&Aコーナーもありますので、ぜひ一度ご覧ください。)








えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

ドルーク(友達)をテーマに3つのオムニバスストーリー『僕のド・るーク』上演!

僕のド・るーク_宣材
鈴木勝秀、上口耕平、多和田任益、辻本祐樹
小早川俊輔、井澤巧麻、小林且弥、鎌苅健太

鈴木勝秀×る・ひまわりのオムニバスストーリーによる舞台『僕のド・るーク』が、3月にオルタナティブシアターにて上演される。
今回のテーマは“ドルーク(友達)”。鈴木勝秀が『僕のリヴァ・る』(2016年)に続いて上演台本と演出を手がける。キャストは上口耕平、多和田任益、辻本祐樹、小早川俊輔/井澤巧麻(W キャスト)、小林且弥/鎌苅健太(W キャスト)という顔ぶれだ。

“ドルーク”とはロシア語で“友達”の意味。
友達とは何か――。
志を共にする相手、笑い合える仲間、
悲しみを分かち合える人…
利害関係の一致、競い合う相手、居場所の確認…
大切なものであり、自分の存在を証明するものであり、
けれど曖昧なものでもある“ともだち”という存在。

本作では、“モーツァルトとサリエリ”、夏目漱石「こころ」、“木と少年の物語”を題材にした3つのオムニバスストーリーをもとに、男性5人の会話劇によって、時には感情的に、時には不条理に、時には笑いを交えながら届ける。
様々なシチュエーションから見えてくる“ともだち”とは…。
ある時は主人公に、またある時は木になりながら、入れ替わり立ち替わり登場人物となって現れては瞬時にキャラクターを演じ分ける役者たちによって創出される、緊張感、緊迫感、臨場感あふれる濃密な演劇空間となる。

【コメント】
鈴木勝秀(suzukatz.)
る・ひまわりと組むのは、『僕のリヴァ・る』に続き二度目である。シリーズ化されたのかどうかはわからないが、前回同様、プロデューサーからお題が出された。「ドルーク」「大きな木」「モーツァルトとサリエリ」「こころ(夏目漱石)」。この4つのキーワードでオムニバスの芝居を作れ。しかも、今回は短期間の公演にも関わらず、できれば日替りぐらいでキャストを入れ替えること。以上。
なかなかこんなオファーはない。面白そうなのでシリーズ化されたのかはわからないが、今回もやることにした。
 
〈公演情報〉
『僕のド・るーク』
上演台本・演出◇鈴木勝秀
出演◇上口耕平、多和田任益、本祐樹、小早川俊輔/井澤巧麻(Wキャスト)、小林且弥/鎌苅健太(Wキャスト)
●3/7〜10◎オルタナティブシアター
3月7日(木)19:00 (小林且弥、小早川俊輔)
3月8日(金) 14:00 (小林且弥、小早川俊輔)/19:00 (小林且弥、小早川俊輔)
3月9日(土) 13:00 (鎌苅健太、井澤巧麻)/18:00 (鎌苅健太、井澤巧麻)
3月10日(日) 12:00 (小林且弥、井澤巧麻)/16:00 (鎌苅健太、井澤巧麻)
〈一般発売〉2月16日(土)10:00〜
〈「る・ひまわり」公式ホームページ〉http://le-himawari.co.jp/





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki 

セルリアンタワー能楽堂で若手能楽師たちによる舞台『渋谷能』3月から開催!

shibuyanoh_h1_560x420

セルリアンタワー能楽堂では「Bunkamura30周年アニバーサリーイヤー」企画の一環として、3月から7回にわたり、Bunkamura30周年記念公演『渋谷能』を開催する。
 
この公演は能のあらゆる要素をラインナップし、初心者も楽しめる企画で、祝祭の儀式である「翁(おきな)」から始まり、不条理、正義、家族愛、恋愛、戦い、といったテーマに沿った様々な能を上演し、最終回の第七夜には、能楽シテ方五流が揃い、「素」の演技を競い合う舞囃子でクロージングする。一夜ずつはもちろん、全七夜を通して観れば、能の楽しさ、奥深さが味わえる。
さらに事前講座やアフターパーティーなど、能を身近に感じることができるイベントも開催。内容が難しくて分からないと言う観客にも気軽に参加できる企画となっている。開催は3月1日〜12月6日にかけて金曜夜、全七夜シリーズとなる。 

主な出演者は30代から40代の、次世代を担う若手能楽師。五流儀の垣根を取り払い、能楽の未来を担う役者が集まる。シテ方を支えるワキ方・囃子方・狂言方には、若手を中心に据えつつ、人間国宝や重鎮と言われる能楽師も一部出演。若き役者達に刺激を与え、その芸の素晴らしさを披露する。
第一夜の「翁」には、能楽界に新たな風を吹き込み、積極的な活動を行う宝生流家元・宝生和英が出演する。

また、今回新たな試みとして、READYFOR(株)協力のもと、クラウドファンディングにも取り組む。

〈公演情報〉
Bunkamura30周年記念セルリアンタワー能楽堂『渋谷能』
●3/1〜12/6◎セルリアンタワー能楽堂(セルリアンタワー東急ホテル地下2階)
第一夜 3/1(金) 能「翁」 宝生和英(宝生)/シテ方五流出演者によるトーク
第二夜 4/26(金)能「熊野」 中村昌弘(金春)
第三夜 6/7(金) 能「自然居士」 佐々木多門(喜多)
第四夜 7/26(金)能「藤戸」 盒況正(宝生)
第五夜 9/6(金) 能「井筒」 鵜澤光(観世)
第六夜 10/4(金)能「船弁慶 白波之伝」 宇睥祇(金剛)
第七夜 12/6(金)舞囃子「高砂 序破急之伝」 本田芳樹(金春)/舞囃子「屋島」 観世淳夫(観世)
 舞囃子「雪 雪踏之拍子」 金剛龍謹(金剛)/舞囃子「安宅」 和久荘太郎(宝生)
 舞囃子「乱」 佐藤寛泰(喜多)
※各回19:00開演(18:30開場)
〈料金〉 
○第一夜のみ S(正面)7,000円  A(脇正面)6,000円 B(中正面)5,000円 学生席(座敷・自由)3,500円
○第二夜〜第七夜 S(正面)6,500円 A(脇正面)5,500円 B席4,500円 学生席(座敷・自由)3,500円
○全公演通し券 S席41,400円 A席35,100円 B席28,800円
※通し券は、全公演同じ席番の販売/取り扱いはMY BunkamuraおよびBunkamuraチケットセンターのみ。学生席の通し券はありません。
※通し券は[引換券]の販売となります。第一夜の公演日(3/1)に[引換券]をお持ちください。全7回分のチケットと引き換えいたします。
※学生席はセルリアンタワー能楽堂のみにて取り扱い。購入の際には学生証をご提示ください。
〈チケット発売日〉通し券一般発売 1/26(土)〜31(木)/1回券一般発売 2/4(月)
〈お問い合わせ〉 Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999 (10:00〜17:00)





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

シーエイティプロデュース作品を上映! 『ステージ・シネマ コレクションvol.1』

STAGECINEMA_logo3


翻訳劇を中心に沢山の傑作を上演しているシーエイティプロデュース。その作品群の中からセレクト、映像作品としてスクリーンで楽しむ企画が、シーエイティプロデュース『ステージ・シネマ コレクションvol.1』。日程は2月12日〜15日、会場はDDD青山クロスシアターとなる。
今回の上映作品は、『ビリーバー』(2010年)『テイク・ミー・アウト 2018』(2018年)『マクガワン・トリロジー』(2018年)の3作品。

【作品紹介】
ph_ビリーバー_00230
『ビリーバー』(2010年)
作◇リー・カルチェイム
演出・上演台本◇鈴木勝秀
出演◇勝村政信 風間俊介/草刈民代/川平慈英
サンタクロースを信じる男とその妻、息子等の悲しくも心温まるお話。しかしそこには9.11以降の喪失感漂う現代社会を背景に、センチメンタルな気分は無く、社会の矛盾や家族の崩壊を乾いたタッチで綴る。ただ信じること。愛することの儚さ、その尊さが見事に描かれている。

ph_テイク・ミー・アウト_527A5333
『テイク・ミー・アウト 2018』(2018年)
作◇リチャード・グリーンバーグ
翻訳◇小川絵梨子
演出◇藤田俊太郎
出演◇玉置玲央 栗原類 浜中文一 味方良介 小柳心 陳内将 Spi 章平 吉田健悟 竪山隼太 田中茂弘
男たちの魂と身体が燃え滾る、「ロッカールーム」。彼らにとってそこは、すべてをさらけ出せる楽園だった。ひとりのスター選手による、あの告白までは−。黒人の母と白人の父を持つメジャーリーグのスター選手、ダレン・レミングは、敵チームにいる親友デイビー・バトルの言葉に感化され、ある日突然「ゲイ」であることを告白。それは、150年に及ぶメジャーリーグの歴史を塗り替えるスキャンダルであった。しかしダレンが所属するエンパイアーズ内には軋轢が生じ、次第にチームは負けが込んでいく……。

ph_マクガワン・トリロジー_0955
『マクガワン・トリロジー』(2018年)
作◇シェーマス・スキャンロン
翻訳◇浦辺千鶴
演出◇小川絵梨子
出演◇松坂桃李/浜中文一 趣里/小柳心 谷田歩/高橋惠子
IRA=アイルランド共和軍の内務保安部長、ヴィクター・マクガワン。彼はその冷酷さから、組織の殺人マシーンとして出世してきた。1984年、ベルファストのバーにて、ヴィクターはIRAメンバーであるアハーンが敵に情報を漏らした疑いをもち、探りを入れる。尋問は、司令官のペンダー、バーテンダーを巻き込んで、エスカレートしていき……。IRA(アイルランド共和軍)の殺人マシーンとなったヴィクター・マクガワンの、暴力性と悲哀に満ちた三年の歳月を描く、コメディタッチの悲劇である―。

【上映日程】
2月12日(火)16:00 マクガワン・トリロジー
2月12日(火)19:00 テイク・ミー・アウト 2018
2月13日(水)13:00 テイク・ミー・アウト 2018
2月13日(水)16:00 マクガワン・トリロジー
2月13日(水)19:00 ビリーバー
2月14日(木)13:00 ビリーバー
2月14日(木)16:00 テイク・ミー・アウト 2018
2月14日(木)19:00 マクガワン・トリロジー
2月15日(金)13:00 マクガワン・トリロジー
2月15日(金)16:00 ビリーバー
2月15日(金)19:00 テイク・ミー・アウト 2018
※開場時間は公演時間の30分前。
※『ビリーバー』『テイク・ミー・アウト2018』は販売中のDVDと同内容。(販売元:シーエイティプロデュース)
※『マクガワン・トリロジー』は、2018年11月23日(金)に開催されたシアタービューイングと同内容。
〈チケット発売〉2019年1月19日(土)10:00〜
〈料金〉前売2,000円 当日2,500円 3作品1日通し券5,500円(全席指定・税込/通し券はチケットぴあのみ取扱)
〈チケットお問い合わせ〉チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(10:00〜18:00)
〈上映関連お問い合わせ〉CATチケットBOX 03-5485-5999(平日10:00〜18:00)
 




えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について