観劇予報

えんぶ4月号

ニュース

新国立劇場4月公演は、上村聡史演出で安部公房の骨太な戯曲に挑む『城塞』

「城塞」組写真
たかお鷹、山西惇、辻萬長

新国立劇場は、安部公房作『城塞』を、気鋭の演出家・上村聡史によって、4月13日〜30日に新国立劇場 小劇場で上演する。

この作品は、新国立劇場の演劇シリーズ「かさなる視点―日本戯曲の力―」の第2弾で、昭和30年代の日本の名作戯曲を30代の気鋭の演出家たちに託す3ヶ月連続のシリーズ。第1弾で3月公演の三島由紀夫作・谷賢一演出の『白蟻の巣』に続いて、4月はこの『城塞』、5月は田中千禾夫作・小川絵梨子演出『マリアの首』、6月はウィリアム・サローヤン作・宮田慶子演出『君が人生の時』、7月がジョン・オズボーン作・千葉哲也演出『怒りをこめてふり返れ』というラインナップが続く。

『城塞』は、戦時下のとある家庭で繰り返される、父子による奇妙な"ごっこ"を描き、戦争によって富を築いたブルジョア階級の責任を問う痛烈な視点が際立つ傑作だ。

【あらすじ】
とある家の広間。爆音が響く。電燈が尾を引いて消える。どうやら戦時下のようである。
「和彦」と呼ばれる男とその父が言い争っていた。父は「和彦」とともに内地に脱出しようとするのだが、「和彦」は母と妹を見捨てるのか、と父を詰る。しかし、それは「和彦」と呼ばれる男が、父に対して仕掛けた、ある"ごっこ"だった……。

上村聡史は新国立劇場では、2013/2014シーズンに、サルトル作『アルトナの幽閉者』を演出。難解で複雑な構造の戯曲を鮮やかに視覚化し、質の高い舞台成果を上げたことは記憶に新しい。常に問題意識を持ち、時代や状況に批評精神を投げかける上村の演出で、『城塞』の新たな上演に期待が高まる。
また出演者も山西惇をはじめ、椿真由美、松岡依都美、たかお鷹、辻萬長という実力派5人が、安部公房の骨太な戯曲に挑んでる。 

この作品の稽古初日、顔合わせの模様の動画が届いた。演出家の上村聡史、そして本シリーズの企画者である演劇芸術監督の宮田慶子が何を語ったのか、稽古初日の緊張の中、作品への意欲が伝わってくる。


〈公演情報〉

top_vs_p_fortress

2016/2017シーズン
かさなる視点―日本戯曲の力― Vol. 2
『城塞』
●4/13〜30◎
作◇安部公房
演出◇上村聡史
出演◇山西 惇 椿真由美 松岡依都美 たかお鷹 辻萬長(※「辻」は点が1つのしんにょうです)
〈料金〉A席6,480円 B席3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999


えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

福田雄一×井上芳雄 WOWOWオリジナルミュージカルコメディ『グリーン&ブラックス』製作会見 レポート

20170320WOWOW記者発表オフィシャル

福田雄一×井上芳雄がタッグを組み、ミュージカル界のスターたちが毎回ゲスト出演する番組、WOWOWオリジナルミュージカルコメディ『グリーン&ブラックス』の製作会見が、3月20日夜、TMC L1スタジオにて行われた。

2016年、WOWOWは、ミュージカルはもちろん、映画、ドラマ、舞台とジャンルを問わず破竹の勢いで活躍する福田雄一の脚本、監督によるオリジナルミュージカルコメディ番組『トライベッカ』を放送。ミュージカル界のプリンスたちが体を張って挑戦したコメディは大きな話題を呼んだ。今回、やはり福田の書き下ろし脚本・監督による第2弾を放送する。福田ワールド全開のミュージカルコメディドラマだ。
レギュラー出演者は『トライベッカ』に引き続きミュージカル界のトップスター井上芳雄。さらに、毎回ミュージカル界のスターたちがゲストとして続々登場する。また、井上司会によるゲストとのトークコーナーや、ミュージカルナンバーが堪能できるミュージックショーなど見どころが満載。ミュージカル好きはもちろん、ミュージカルに詳しくない人も見れば、その奥深さのとりこになること必至だ!

この製作会見には、脚本・監督の福田雄一、レギュラー出演者の井上芳雄、ゲスト出演者の中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、渡辺麻友、愛原実花、相葉裕樹が登壇した。

登壇者コメント】
 
福田雄一/脚本・監督
この前の番組で『トライベッカ』という番組を井上君とやっていて、その時はミュージカルを知らない人にもわかるように番組を作りました。今回はミュージカルを知っている人じゃないとわからないぐらい狭い世界にしたほうが、そそるんじゃないかと思っています。劇場の休憩室が「グリーンルーム」っていうそうで、井上君の面白いブラックな部分を出してもらい、「グリーンルームでブラックな話をしている」っていう状況になってます。なので、設定は楽屋になっています。出演していただく皆さん、実名で演じていただいてます。セリフで出てくる方も全て実名でやってまして、そうすることで皆さん自分で話が膨らんでくるので、ミュージカルファンの方にとって、覗き見してみたい楽屋の会話をやってみたかったので、結果としてこの番組タイトルとなりました。
オリジナルミュージカルコメディとして、ミュージカル俳優の皆さんがこうして集まることは画期的なこと。そんなメンバーが、バラエティ番組のようなひな壇に座り、トークできることに感動を覚えます。一丸となって番組を盛り上げ、いろんな方に番組に出てもらい、盛り上がっていければと思います。

井上芳雄/レギュラー出演者
今日の収録で、すごく手ごたえを感じてます。前身の『トライベッカ』という番組があっての今回の番組だと思います。ミュージカル界を取り上げてもらう番組は、なかなかないのでこれを足掛かりに、続けていけたらと思いってます。福田さんの舞台にも出演して、やっと福田ワールドの遊び方がわかってきて、今日の収録も楽しんでできました。台本もアドリブも含めて、大丈夫かなって思うところもあって、収録中かつてないほどマネージャー陣がざわついてました。こうした点での、中身の濃さを物語っていると思います。

中川晃教/ゲスト出演者
福田さんが、どんな風にミュージカルと番組を掛け合わせて視聴に届けるか、とても楽しみ。そこにミュージカル界のトップを走っている井上芳雄さんが、僕たちにどんなふうに刺激を与えてくるのかも楽しみです。収録中、誰よりも福田監督が笑ってましたね(笑)。そうした瞬間の笑いが、この作品の随所にちりばめられていると思います。

柿澤勇人/ゲスト出演者
福田監督の作品にいろいろ出させてもらってますが、この作品は特に台本を無視した井上さんのアドリブが、本当に面白く、楽しくやらせてもらってます。

加藤和樹/ゲスト出演者
福田監督の作品はずっと見てきたので、この作品に出られることが本当にうれしいです。また、井上さんともこの作品で共演させていただき、身も心も委ねて、一緒に楽しんでいければと思います。

渡辺麻友/ゲスト出演者
私はただのミュージカルファンなので、こんな錚錚たるメンバーたちの方々と一緒に出演させてもらえることに、すごく緊張しています。いつか自分もミュージカルに挑戦したいと思っていますので、頑張っていきたいです。

愛原実花/ゲスト出演者
以前の作品で、福田監督と井上さん出演の作品に出させていただきました。今回は初めての方とのつなぎの役をイメージしてましたが、自分がミス連発して、その分皆さんが頑張ってくれていて、本当に楽しい現場になっています。

相葉裕樹/ゲスト出演者
今日の収録はトークのみで、コントの現場はこれからですが、とにかく福田監督の作品に出たかったので、これからの収録が楽しみで仕方がないです。


20170306-00000016-cine-000-0-view
【番組概要】
WOWOWオリジナルミュージカルコメディ
福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』(4月29日〜 全12回)
脚本・監督◇福田雄一
レギュラー出演者◇井上芳雄
ゲスト出演者◇中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、渡辺麻友、愛原実花、相葉裕樹 ほか
●放送日時:初回 4月29日(土・祝)深夜0:00〜 WOWOWプライム

芸術監督・野村萬斎による世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演が4月に開催!

s『MANSAIボレロ』2_撮影:政川慎治(Shinji Masakawa) - コピー

世田谷パブリックシアターは2017年4月で、開場20周年を迎える。それを記念して芸術監督・野村萬斎が送る、日本の舞台芸術の「古典ー近代ー現代」を繋ぐ魅力あふれるプログラムが上演される。

萬斎は芸術監督就任以来、狂言師 という自らのアイデンティを活かし 、数々の舞台生み出してきた。
古典の知恵と洗練を現代に還元し、現在の私たちの舞台創造に活かしていきたいという考えから立ち上げた「現代能楽集」シリーズ を企画・監修。シェイクスピア作品を翻案・ 演出した 『まちがいの狂言』 (原作『間違いの喜劇』01 、02 、05 、10 年 )、『国盗人』( 原作 『リ チャード三世』07、 09 年 )、『マクベス』 ( 10、13 、14 、16 年) では 、西洋の古典戯曲を日本芸能ならでは手法や発想で現代に甦らせ、好評を博した。また「狂言劇場」シリーズでは、通常は演劇やダンスが上演される世田谷パブリックシアターに能舞台を立ち上げ、数々の狂言を上演している。

狂言劇場 その四 T-1301 撮影:政川慎治s

今回、開場20周年記念公演に選んだのは、ユーモアあふれる狂言『唐人相撲』と、萬斎による独舞『MANSAIボレロ』。
狂言『唐人相撲』は、現在上演されている狂言の中で、最も多くの演者を要する賑やかな作品。唐に滞在していた相撲取りが皇帝に帰国を願い出ると、名残にもう一度相撲を見せてほしいと所望される。臣下たちが次々と敗れるのを見た皇帝は、ついに自ら相撲取りに勝負を挑むが…。色とりどりの装束やアクロバティックな相撲の技、また唐音(とういん)という架空の中国語の会話など、ユーモアにあふれる狂言。

狂言劇場 その四 T-0929 撮影:政川慎治s
 
『MANSAIボレロ』は、萬斎が長年の構想を経て2011年に世田谷パブリックシアターで初演し、以降、各所で好評を博しているプログラム。ラヴェルの傑作舞踊音楽「ボレロ」と、『三番叟』を軸とする狂言の発想と技法とが結晶し、生まれた珠玉の独舞だ。

『MANSAIボレロ』白5_撮影:政川慎治(Shinji Masakawa)撮影:政川慎治 

劇場開場記念日の4月5日には、世田谷パブリックシアター友の会会員および世田谷区民を対象とした招待公演「トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』」を開催。
4月7日(金)〜9日(日)は「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」の2本立て。この作品ではスペシャル企画として、『唐人相撲』の出演者を一般公募する。(詳細はHPにて。)


〈公演情報〉
世田谷パブリックシアターー開場20周年記念公演
「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」
●4/5(水)「トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』」
出演◇野村萬斎 ほか ※ゲストは後日発表
●4/7(金)〜4/9(日)「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」
出演◇ 野村万作 野村萬斎 石田幸雄 深田博治 高野和憲 月崎晴夫 ほか「万作の会」、『唐人相撲』唐人公募出演者
〈料金〉一般/S席6500円 A席4000円 高校生以下・U24/ S席3250円 A席2000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515(10:00〜19:00)
発売開始 3月12日(日)


【写真提供/世田谷パブリックシアター 撮影/政川慎治】

 


えんぶ4月号 



kick 

shop 

nikkan 

engeki

安西慎太郎、章平、羽場裕一で演じる3人芝居『スーツの男たち』間もなく開幕!

jpg-large

『クレシダ』『テイクミーアウト』『End of the RAINBOW』などの成果により、第51回紀伊國屋演劇賞団体賞を受賞したシーエイティプロデュースの新作『スーツの男たち』が、3月18日からアトリエファンファーレ高円寺で開幕する。(4月2日まで)

原作はジェイソン・ミリガン作の『スーツの男たちーマフィアについての三部作』。今回は第一部『スーツの男たち』を上演する。出演は、舞台『幽霊』や、ドラマ『男水!』などで注目を集める若手俳優・安西慎太郎、『テイクミーアウト』『弱虫ペダル IRREGULAR 2つの頂上』などで活躍中の章平、舞台、ドラマなどで活躍し続けるベテラン・羽場裕一の3人芝居となる。

【あらすじ】
ニューヨークのグランドセントラル駅。
マフィアの殺し屋マックス(安西慎太郎)とボビー(章平)は待ち伏せしてある男を殺すはずが、間違って別の男を殺してしまう。
彼らのボス(羽場裕一)は仕事をしくじった手下に容赦ない。マックスは逃げようと言うが、ボビーは正直に謝ってしまった方がいいと主張する。結局二人は、バーモント州のボスの家まで夜通し車を運転して行くことになって……。
窮地に立たされた殺し屋たちの心情が、時にユーモラスに、時に切なく描かれる。

【アフタートークショー】
3月23日(木)19:00
3月24日(金)19:00
3月28日(火)14:00/19:00
3月30日(木)19:00
3月31日(金)19:00

〈公演情報〉
IMG_0386

『スーツの男たち』
作◇ジェイソン・ミリガン
翻訳◇芦沢みどり
演出◇落石明憲
音楽◇岩崎廉
出演◇安西慎太郎 章平 羽場裕一
●3/18〜4/2◎アトリエファンファーレ高円寺
〈料金〉7,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉CATチケットBOX 03-5485-5999

華丸主演舞台『熱血!ブラバン少女。』に大吉がサプライズ登場!

_98A8343S

博多座3月公演『熱血!ブラバン少女。』は、全国トップレベルの実力を誇る福岡の精華女子高等学校吹奏楽部の大ヒットCDをモチーフに、博多座オリジナルの脚本で舞台化した作品。博多華丸演じる熱血コーチのもとで、全国大会を目指す女子高校吹奏楽部の姿が活き活きと描かれる。
3月4日の初日以降、SNSや口コミで観劇後の感動コメントが続々と広がり前作の『めんたいぴりり〜博多版〜』同様、地元福岡では大好評の舞台となっている。
 
_98A8259S

そんな中、華丸の相方、博多大吉が12日夜の部を観劇、カーテンコール時に、花束を抱えて登壇した。これには1500人の観客も大興奮のサプライズとなった。
前回の『めんたいぴりり〜』では初日のみ大吉も出演(以降は映像出演)し、“初日で千穐楽”という珍!?出演を果たした大吉。今回は純粋に観客として相方の舞台を楽しみ、急きょカーテンコールに登壇することとなった。燕尾服の指揮者姿の華丸を見て「全然、金八っぽくないね」と、これには観客だけでなく出演者からも拍手喝采が起こり、美味しいところを全て持っていかれた華丸は、なすすべもなく「今日イチの拍手じゃないですか」と応じ、さらに大きな笑いが会場を包んだ。

_98A8357S
 
相方に渡す予定だった花束は「あなたは必要ないでしょ!(笑)」と共演者に渡すことを提案。華丸は教え子の吹奏楽部部長役の宮香蓮に譲り、宮が大吉から大きな花束を受け取る姿を嬉しそうに見つめていた。

_98A8387S

最後に大吉は「非常にいいものを観せてもらい感動しました。千穐楽まで相方を可愛がって下さい」と観客にきっちりアピール。コンビ愛あふれるコメントで締めくくり今作品を大絶賛で称えた。
福岡でしか観れない『熱血!ブラバン少女。』は3月26日まで行われる。


〈公演情報〉
OMOTE OUTトンボ無しS

『熱血!ブラバン少女。』 
作・演出◇G2
出演◇博多華丸、星野真里、金子 昇、田中美里、宇梶剛士、森田順平、鳳 蘭
宮香蓮、入来茉里、神田朝香、上野 遥/武内由紀子、斉藤 優、是近敦之、松永玲子
ゲスト出演◇精華女子高等学校吹奏楽部
●2017/3/4〜26◎博多座 
〈料金〉A席12,000円 特B席9,000円 B席7,000円 C席4,000円(全席指定・税込)
チケット発売日:2017年1月14日(土)午前10時より 電話予約・インターネット発売開始
チケット問合せ:博多座電話予約センター 092−263−5555(10:00〜18:00)※日・祝日も受付
インターネット販売:http://www.hakataza.co.jp/

 


 

えんぶ4月号 


kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について