稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

松岡充主演。劇団鹿殺し『不届者』お得なチケット販売中!

ニュース

キャラメルボックスの西川浩幸がパワーマイムのcolor child『ディアカウガール』に挑む!

Nishikawa

舞台セットや小道具を使わず、役者の身体のみで表現する、エネルギッシュなスタイルの総天然色痛快娯楽活劇で動員数を伸ばしているcolor child。次回作は、同じ時間軸の上に存在するという劇団初期の代表2作品『pistol 1920』と『dear cowgirl』をひとつに紡いだ物語になる。

『pistol 1920』と『dear cowgirl』は、ラリーとステラという二人の主人公を軸に進む、アメリカの西部が舞台の同じ世界観をもつ物語。それぞれ時代背景が違い『pistol 1920』は1920年代、主人公達の少年時代の冒険を描いた作品で、その70年後を描いたのが『dear cowgirl』という作品だ。 
少年時代に【ほのかな恋心】を寄せ合ったラリーとステラが、その後、おじいちゃんおばあちゃんになってからの【包み込むような大きな愛】に変わっていくまでを描いた人間ドラマ。 
少年時代、冒険の終わりで離れ離れになった二人が、奇跡的に再開するのは70年経ってから。

そんな「愛」をテーマにしたドラマにぴったりの俳優がこの作品に出演する! キャラメルボックスで沢山の愛の物語を紡いできた西川浩幸だ。その彼から素敵なコメントが届いた。

【西川浩幸コメント】

皆さん、こんにちは西川浩幸です。
総天然色痛快娯楽活劇 カラーチャイルド『ディアカウガール!』に出演します。三年振りのキャラメルボックス以外の出演です。
はじめてのみんなとはじめての劇場で、はじめての九月を過ごします。
カラーチャイルドは、とにかく身体を動かす。なにもない空間に、街を野球場を西部の荒野を浮かび上がらせる。
たったひとつの武器は、想像力と信じる力。それを支えるのは若い肉体とあまり若くない肉体。トホホ。
仲良くなるのは筋肉痛。トホホのホ。
カラーチャイルド主宰の渡辺浩一さんは、こんな僕のことを幾度も出演して欲しいと誘ってくれました。
渡辺さんの描いた痛感な活劇世界を、総天然色痛快娯楽西川全力浩幸でお届けしたい。お届けしますっ。

【公演情報】
dear_cow_girl!

作・演出◇渡辺浩一
出演◇渡辺浩一 中村容子 里中龍児 西川浩幸(演劇集団キャラメルボックス)
棚橋幸代 西口有華 真京孝行 野口大輔 中村彩香 綾部りさ 平山美紗樹 阿部志鴻(スターダス・21カンパニー) 久岡裕志 寺本貴紀 とみ一(月刊少年ワンダー) 橘田拓哉 塩島弾 穂園綾 下川誠 内藤由利子 さとむらえーじ 中路わかな 小笠原亨

9/13~17◎東京芸術劇場シアターウエスト

お問合せ:J-Stage Navi 03-5921-0840(平日11:00〜18:00)
colorchild公式ホームページ http://colorchild.net/




CODE0000001924


kick shop nikkan engeki

人間国宝・五代目坂東玉三郎、22年ぶりのアルバム発売とコンサート実施!

五代目坂東玉三郎アーティスト写真

人間国宝・五代目坂東玉三郎が、芸能生活60年という節目となる本年、敬愛する越路吹雪の三十七回忌を期して、歌手としては22年ぶり2作目となるアルバム『邂逅〜越路吹雪を歌う』の発売が決定した。あわせて発売を記念したコンサートも開催する。

人間国宝、紫綬褒章受章などの数々の受章ばかりでなく、フランスの最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章の受章など、世界的にも賞賛を受ける歌舞伎界が誇る当代一の女方、五代目坂東玉三郎。映画監督や舞台演出家など、さまざまな芸術的分野において傑出した才能を示し、多方面において長年幅広く活躍している。もとよりその歌い手としての実力も広く知られるところだが、今年の3月29日、敬愛してやまない越路吹雪の『三十七回忌追悼特別公演』に出演し、越路の晩年の代表作でもあったアズナヴールの名作「妻へ」を歌唱したことで、あらためてシャンソニエとしての評価を高めるところとなり、このたび、シンガー玉三郎の根幹を表現した作品『邂逅〜越路吹雪を歌う』を発表することになった。

アルバムはすべて越路吹雪の歌唱で知られる主にシャンソンの名曲14曲を、越路の最大のファンを自称する玉三郎が魂をこめて歌ったものとなっている。そこには「越路吹雪」という、史上最高のエンターテイナーの功績を歌い継いでいかなければいけないという、玉三郎ならではの強い想いもこめられている。選曲にも徹底してこだわり、いわゆる大ヒット曲は少なく、隠れた名曲ともいえる曲を、少しでも多くの人に伝えていきたいということで多く選んでいる。発売日も、越路の命日である11月7日に合わせた設定となった。(発売日:11月8日、CDショップ入荷日:11月7日)

今年、2017年は、坂東喜の字としての初舞台(1957年)から、奇しくも60周年となる。また歌手としてのCDリリースは、1995年以来、22年ぶり2作品目。そして玉三郎自身にとっても、今作は初の本格的なシャンソン・アルバムとなる。

そして、このリリースを記念して、越路吹雪ゆかりの地でもある銀座ヤマハホールでの2日間にわたるコンサートも決定した。

【坂東玉三郎コメント】
敬愛する越路吹雪さんの素晴しい歌を、将来の人達にも歌い続けてもらうために、今回、三十七回忌を期に、久しぶりのレコーディングに臨みました。ステージでも皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

【CD情報】
坂東玉三郎 『邂逅〜越路吹雪を歌う』
2017年11月8日(水)発売
CDアルバム(全14曲収録)
・通常盤(CD):3,000円(税抜)、3,240円(税込) 品番:UICZ-4410
・初回限定盤(CD+DVD):5,000円(税抜)、5,400円(税込) 品番:UICZ-9098


【CD収録内容*曲順未定( )内はオリジナル・アーティスト】
・ジュテムレ (フランシス・カブレル)
・急流 (グロリア・ラッソ)
・枯葉 (イヴ・モンタン)
・アマリア (越路吹雪)
・ボラ・ボラ・アイランド (越路吹雪)
・ひとりぼっちの愛の泉 (越路吹雪)
・人の気も知らないで (ダミア)
・妻へ (シャルル・アズナヴール)
・離婚 (ミッシェル・デルペッシュ)
・18歳の彼 (ダリダ)
・群衆 (エディット・ピアフ)
・アコーディオン弾き (エディット・ピアフ)
・最後のワルツ (エディット・ピアフ)
・ユーヌ・シャンソン (シャルル・デュモン)

【初回限定盤付属DVD 収録内容予定】
・レコーディング・ドキュメント(VICTOR STUDIOにて撮影)
・『越路吹雪37回忌特別追悼公演・越路吹雪に捧ぐ』(2017年3月29日@日生劇場)での歌唱より「妻へ」収録

〈公演情報〉
リリース記念コンサート
坂東玉三郎「邂逅〜越路吹雪を歌う」CD発売記念コンサート
●11/8・9◎銀座ヤマハホール 
出演◇坂東玉三郎
演奏◇坂東玉三郎とその楽団
〈料金〉9,500円(全席指定) 
〈一般発売〉9月16日(土)

【坂東玉三郎公式サイト】https://www.tamasaburo-bando.com/
【ユニバーサルミュージック越路吹雪アーティストページ】
http://www.universal-music.co.jp/koshiji-fubuki/






キャラメルボックス『光の帝国』お得なチケット販売中!


kick shopnikkan engeki

新国立劇場地域招聘公演、びわ湖ホールの『ミカド』まもなく上演!

_70A8050

新国立劇場では、全国各地のすぐれた作品を新国立劇場との共催で上演する「地域招聘公演」を行っているが、平成29年度は、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの『ミカド』を招聘する。
イギリスのコミック・オペラの名コンビ、ウィリアム・ギルバート(台本)とアーサー・サリヴァン(作曲)の代表作『ミカド』は、当時ヨーロッパで流行したジャポニスム(日本趣味)に触発された作品で、19世紀末のロンドンで大変な人気を博した。
今回は演出を手がける中村敬一の訳詞による上演で、ロンドンのミュージカルの元祖ともいわれる軽妙洒脱な作品を気楽に楽しめる。すでに8月5日・6日にびわ湖ホールで上演され、大好評のうちに2日間の公演を終了し、新国立劇場では8月26日、27日に上演される。

【ものがたり】
皇太子ナンキプーは、1年前、お忍びでティティプーの町へ出向くと、かわいい娘ヤムヤムと恋に落ちた。が、彼女は後見人であるココと婚約していることを知り、町を去る。しかし、ココがいちゃつき罪で死刑になると聞き、再びナンキプーは町にやってくる。が、ココは死刑執行人になっており、自分自身を死刑にはできないというわけで、死刑は執行中止に。その時、ミカドより〈このところ死刑がないので4週間以内に死刑がなければ死刑執行人は免職としティティプーは町から村に格下げ〉とのおふれが。
もし、死刑執行人の職を失うなら、いちど免れた死刑になるべきだと言われ困ったココは、ヤムヤムと結婚できないことに絶望して自殺を思いたつナンキプーに、自殺するくらいなら身代わりに死刑になってくれないかと持ちかける。ナンキプーはその代わりにヤムヤムとの仲を1ヶ月間許してくれるならと提案、ココはしぶしぶ承諾。そこにナンキプーの婚約者、年増の醜女カティーシャが現れ秘密を暴露しようとし大騒ぎになるが、こんどは、死刑になった男の妻は生き埋めにされるという法律があるのが分かり、ヤムヤムは怯える。
荒唐無稽な法律で翻弄され、困ったココはナンキプーとヤムヤムを逃がしてナンキプーに死刑を執行したと嘘をつく。町にミカドがやってきたのでココ、プーバー、ピッティシングらは死刑執行の様子をでっちあげ口々に説明するが、実はミカドは放浪中の皇太子を捜しにきたのだった。カティーシャがナンキプーが皇太子だと暴露するので、死刑執行証明書にその名を見つけたミカドはココらを処刑することに。そこへ二人きりで結婚式を挙げたナンキプーとヤムヤムがやってくる。ココはすべてを白状し、ナンキプーとヤムヤム、カティーシャもココと結ばれ、大団円となる。
 

〈公演情報〉
ミカド_新国vol1
 
平成29年度新国立劇場地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール
オペラ『ミカド』/アーサー・サリヴァン
全2幕〈日本語上演/日本語・英語字幕付〉
指揮◇園田隆一郎
出演◇びわ湖ホール声楽アンサンブル
ミカド/松森 治 
ナンキプー/二塚直紀
ココ迎/肇聡 
プーバー/竹内直紀 
ピシュタッシュ/五島真澄
ヤムヤム/飯嶋幸子
ピッティシング/藤村江李奈
ピープボー/山際きみ佳
カティーシャ/船越亜弥
貴族・市民/平尾 悠、溝越美詩、益田早織、吉川秋穂、川野貴之、島影聖人、増田貴寛、内山建人、宮城島 康
ほか
管弦楽◇日本センチュリー交響楽団
●8/26、8/27◎新国立劇場中劇場 
〈料金〉S席10,800円 A席8,640円 B席6,480円 C席5,400円 Z席1,620円(全席指定・税込)
新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(10〜18時)

  
【資料提供/新国立劇場】



キャラメルボックス『光の帝国』お得なチケット販売中!


kick shopnikkan engeki 

劇団☆新感線『髑髏城の七人』"Season月"キャスト発表!

news_header_fukushisota_miyanomamoru
福士蒼汰・宮野真守

豊洲のIHIステージアラウンド東京で上演中の〈髑髏城の七人〉シリーズ、“Season月”のキャストが発表になった。
“Season花”では2011年版をよりブラッシュアップさせた王道スタイル、“Season鳥”では歌とダンスを取り入れ、“Season風”では13年ぶりに一人二役バージョンを復活させるなど、さらなる進化を遂げてきたが、“Season月”では、劇団☆新感線としても初挑戦となる2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制となる。

主人公の[捨之介]には、“上弦の月”は福士蒼汰、“下弦の月”に宮野真守。史上最年少で捨之介を演じる初舞台の福士と、声優・俳優として圧倒的な人気を博す宮野が、このダブルチームの座長として、アジア初の新劇場に挑む。
[天魔王]には、“上弦の月”では、現在“Season鳥”で蘭兵衛を演じている早乙女太一が初挑戦、“下弦の月”では、舞台『刀剣乱舞』の主人公・三日月宗近役などで活躍中の鈴木拡樹が扮する。
[蘭兵衛]は、“上弦の月”では、2度目の舞台出演となる三浦翔平、“下弦の月”では、舞台『弱虫ペダル』や『ダイヤのA』などで活躍する廣瀬智紀。
[兵庫]は、“上弦の月”の須賀健太と、“下弦の月”の木村了。共に、『鉈切り丸』などでいのうえ演出を経験済みの若手実力派が担う。
さらに、[沙霧]改め[霧丸]となる役どころを、“上弦の月”では『ロミオ&ジュリエット』や『RENT』などのミュージカルで活躍する平間壮一、“下弦の月”では『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト役で注目を集めた松岡広大が演じる。
そして、このフレッシュな顔ぶれを支え、さらに彩りを与える[極楽太夫]には、“上弦の月”は、1997年の再演版と2004年の『アオドクロ』版で極楽太夫を演じた高田聖子、“下弦の月”では1990年の初演版で極楽太夫を演じ、新感線の本公演には17年ぶりの出演となる羽野晶紀が演じる。
また[狸穴二郎衛門]は、演劇界をリードしてきたベテラン俳優の二人が扮し、上弦の月”では渡辺いっけいが“、“下弦の月”では千葉哲也が演じ、物語をグッと引き締める。

劇団☆新感線初となるダブルチーム制で、これまで以上にフレッシュな顔ぶれが揃い、見応え十分の『髑髏城の七人』が誕生する。
また今回発表となった情報として、この”Season月”のあとに”Season極”を上演することが決定致した。詳細は後日発表となる。

福士蒼汰コメント
自分が生まれる前から上演されている「髑髏城の七人」の捨之介を演じるのはとても不思議な気がしますが、期待に胸が膨らみます。客席が回転する劇場は、役者の動きと同時に客席が周ることでより一層役者の心情に寄り添えるような、不思議な感覚でした。
“花・鳥・風・月”と、同じ役を複数で演じる中の一人というのはなかなか経験出来ませんし、観劇いただくのもそれぞれのキャラクターの差が見られて楽しんでいただけると思います。
中島かずきさんはデビュー当時(仮面ライダーフォーゼ)からずっと見守ってくださっているので、自分自身の初舞台でまたご一緒できることは本当に心強いです。
ダブルチームとして同じ役を演じる宮野真守さんは、声優や歌手としても活躍されていてとても多才な方だなという印象です。千秋楽まで一緒に走って行きたいと思います。
初舞台で、それも最年少で捨之介を演じさせていただくので、新しい風を吹かせられたらいいなと思っています。思いっきり楽しんで、思いっきり演じ切りたいです。

宮野真守コメント
まさか自分にオファーをいただけるなんて思ってもいなかったので、チャンスをいただけたことに感謝し、立ち向かいたいと思いました。福士(蒼汰)さんと同じ役を演じさせていただくことはとても嬉しくて心強いです。エネルギッシュで若さあふれる福士さんと共に、僕も僕らしく捨之介に臨んでいきたいと思います。
“Season 花”を観て、そのスケールの大きさに圧倒されました。役者の皆さんのエネルギーをすごく感じたので、観る人たちはそこに心震わされるのだと思います。
僕にとって間違いなくとてつもなく巨大な戦いになると思うので、そこに立ち向かっている姿を皆様にぜひ観ていただきたいですし、観に来てくださった皆様をあっと驚かせるような表現をして楽しんで帰っていただけるように頑張ります。

中島かずきコメント
「髑髏城の七人」Season月で捨之介を演じていただく福士蒼汰くんと宮野真守くんは、実は二人とも、おそらく新感線の中で一番接点があるのが僕なんですよね。福士くんは、僕が脚本を担当した「仮面ライダーフォーゼ」の主役オーディションで出会ってから、その後もずっとその成長を見守ってきました。まさに「フォーゼ」がスタートだったようなものですから、あの彼が捨之介を演じてくれるなんて、感慨深いです。しかも彼にとってはこれが初舞台で、最年少の捨之介になるわけですからね。「ガンバレ!」という気持ちでいっぱいです。そして宮野くんとは「戯伝写楽」という舞台でご一緒しているのですが、これがいろいろと大変な思いをした公演で、その苦楽を共にしたということもあってとても思い出深いんです。今回このタイミングで、この大舞台で彼の捨之介が観られることは本当にうれしいですね。二人揃って陽性の華を持っていますから、それがきっとスターとしての強い光を放つことと思います。僕自身もとても期待していますし、楽しみにも思っています。

いのうえひでのりコメント
そもそも今回の「髑髏城の七人」“花・鳥・風・月”は、全体的にいろいろなことに挑戦しているわけですが、そんな中でも特に“Season月”は“チャレンジの度合い”が最高難度の公演になると思います。“Season月”の場合はなにしろメインキャストの年齢が2011年版の通称“ワカドクロ”よりもぐっと若いので“超ワカドクロ”という感じですね。芝居の巧さというよりも、真っすぐさ、元気の良さ、アツさみたいなところで勝負してもらいたいと思っています。
福士蒼汰くんはとても真面目そうなイメージがあるので、その部分をぜひいい方向に出してほしいですし、宮野真守くんはおおらかな印象があるので、捨之介役としてきっとイケると思っています。どちらもすらっとしているし、ビジュアル的には絶対大丈夫でしょう。とりあえず僕が現時点で言えることは、とにかくケガのないように最後まで走り切ってほしいということだけですね。


〈公演情報〉
ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月Produce by TBS 
作◇中島かずき
演出◇いのうえひでのり
出演◇
《上弦の月》
福士蒼汰 早乙女太一 三浦翔平 須賀健太 平間壮一 /
粟根まこと 山本カナコ 村木仁 市川しんぺー 人見早苗 横山一敏 /
安田桃太郎 菊地雄人 あきつ来野良 横田遼 下尾浩章 小村泰士 菅田正照 前川孟論
池田竜治 伊藤玻羅馬 大内唯 嶌村緒里江 常川藍里
傳田うに 中根百合香 花瑛ちほ 矢内康洋 吉田大輝
高田聖子 / 渡辺いっけい
《下弦の月》
宮野真守 鈴木拡樹 廣瀬智紀 木村了 松岡広大 /
インディ高橋 中谷さとみ 中村まこと 伊達暁 肘井美佳 安田栄徳 /
藤家剛 工藤孝裕 井上象策 安田桃太郎 長谷川聖 青山郁彦 神田丈志 小笠原祐太
岩田笙汰 内田莉紗 小池亮介 後藤祐香 樹麗
東松史子 中野順一朗 野田久美子 原田賢治 山翔太
羽野晶紀 / 千葉哲也

●2017/11/23〜2018/2/21◎IHIステージアラウンド東京
〈料金〉13,000円 サイド12,500円(全席指定・税込)
〈発売日〉前期 2017/10/1(日)10:00〜/後期 2017/11/26(日)10:00〜

異能アクションバトル漫画『文豪ストレイドックス』横浜・大阪・東京で上演決定!

news_header_bungo_visual

歴史上の名だたる文豪たちを現代風にキャラクター化し、架空の都市[ヨコハマ]を舞台に繰り広げる異能アクションバトル漫画「文豪ストレイドックス」。コミックシリーズ累計500万部を突破し、アニメ化、ノベライズ化、さらに2018年春にはアニメーション映画が公開されるなど、ますます勢いを増している。
この漫画を舞台化、年末から来年2月にかけて、横浜・大阪・東京で上演されることが発表された。またこのほど、そのメインキャラクターである中島敦役の鳥越裕貴、太宰治役の多和田秀弥、そして国木田独歩役の輝馬の扮装ビジュアルが公開された。

本公演の演出を務めるのは、新進気鋭の演出家・劇団「柿喰う客」の代表、中屋敷法仁。ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の脚本や、舞台『黒子のバスケ』の脚本・演出など、劇作家・演出家として劇団外部でも数々の活躍をしている中屋敷が、文豪たちのアクションバトルをどう演出するのか期待が集まる。
 
主演は、『弱虫ペダル』『刀剣乱舞』など数々の話題作で舞台を踏み、本作で初主演を務める鳥越裕貴。共演に、2.5次元作品へは12〜14年に渡り出演したミュージカル『テニスの王子様』以来の出演となる多和田秀弥、2.5次元ミュージカルへ多数出演し欠かせない存在である輝馬などが決定した。全キャストは以下の通り。
鳥越裕貴(中島 敦)、多和田秀弥(太宰 治)、輝馬(国木田独歩)、長江崚行(江戸川乱歩)
桑野晃輔(谷崎潤一郎)、堀之内仁(宮沢賢治)、今村美歩(与謝野晶子)、橋本祥平(芥川龍之介)
正木航平(梶井基次郎)、桑江咲菜(泉 鏡花)、平田裕香(樋口一葉)、植田圭輔(中原中也)

【あらすじ】
孤児院を追い出され、ヨコハマを放浪する少年・中島敦は、鶴見川で入水していた太宰治を助ける。それをきっかけに、敦は太宰が所属する探偵集団・武装探偵社が追う「人食い虎」の捜索を手伝うことになる。
太宰と共に虎の出現を倉庫で待つ敦に対して、太宰は敦こそが虎の正体だと告げる。実は敦は無意識のうちに異能「月下獣」で虎に変身して徘徊しており、それゆえに孤児院を追い出されていた。
敦は自分の能力を制御出来ず、太宰に襲いかかるが、太宰は相手の能力を無効化する異能「人間失格」を発動して、敦を鎮静化させ、さらに敦が武装探偵社に入社出来るよう尽力する。
入社試験を経て武装探偵社に入社した敦だったが、ヨコハマの港を縄張りにする兇悪なマフィア・ポートマフィアの構成員・芥川龍之介が敦を狙っていたのだった。

漫画、アニメを超え、目の前に現れるイケメン文豪たちが繰り広げる異能アクションバトルに期待が高まる!

〈公演情報〉
舞台『文豪ストレイドッグス』
原作◇テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」
作◇御笠ノ忠次
協力◇朝霧カフカ・春河35
演出◇中屋敷法仁
出演◇鳥越裕貴、多和田秀弥、輝馬、長江崚行
桑野晃輔、堀之内仁、今村美歩、橋本祥平
正木航平、桑江咲菜、平田裕香、植田圭輔
●12/22〜24◎KAAT神奈川芸術劇場(ホール)
〈料金〉S席8,300円、A席7,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)
●2018/1/12・13◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉8,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
●2018/1/31〜2/4◎AiiA 2.5 TheaterTokyo
〈料金〉8,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)
〈チケット公式最速先行〉2017年8月21日(月)12:00〜9月3日(日)18:00
〈公式サイト〉 http://bungo-stage.com/      

c舞台「文豪ストレイドッグス」製作委員会






『明日がある、かな』


kick shopnikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について