稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

極上文學『こゝろ』

ニュース

「〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト」第1弾「東松山戯曲賞」優秀作品決定!

DsGOD1jVsAAxpPq


東松山市が主催する「〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト」の第1弾として、本年8月末まで公募していた「東松山戯曲賞」の優秀作品が、緑川有(東京都在住)の『枇杷の家』に決定した。

この『東松山戯曲賞』には、本年8月31日の締切りまでに、全国から43作品の応募が寄せられた。その中から、4人の1次選定委員により7作品を選出し、さらに11月3日に行われた選定委員会で、緑川有(東京都在住)の『枇杷の家』を優秀作品として決定した。
受賞作品は選定委員の選評も掲載した冊子を発行し、配布する。また、平成31年3月、朗読劇として上演。平成31年中に演劇、平成32年に音楽劇として上演される。

■『東松山戯曲賞』選定委員会(平成30年11月3日 東京にて開催)
選定委員:岩松了(委員長) 岩崎正裕 桑原裕子 瀬戸山美咲 渡辺弘

選定候補作品:7作品
「ひまわりは遠く」辻本久美子、「離陸」山田裕幸、「旋律は遠く、遠くに…。」富野結理、「埴生の宿」神久保敬里、「灰の降る夜に」戸津航、「枇杷の家」緑川有、「空で千の鈴が鳴る」水都サリホ

優秀作品:『枇杷の家』緑川有(みどりかわ ゆう/東京都在住 グラフィックデザイナー)
選評は、ホームページから閲覧可能。(http://www.pac.or.jp/hfs.html) 


『枇杷の家』〈あらすじ〉
風子(六十二歳・未亡人)は、異常にポジティブである。そのうえ、妄想癖までありそうだ。薫(六十二歳・独身。会社員だったが今は無職)は、やや斜にかまえた毒舌家。月子(五十八歳・独身。フリーランスのライター)は、恋に無縁だと悩みつつ常に冷静なタイプである。そんな三人が、庭に大きな枇杷の木がある一軒家を借り、シェアハウスとして暮らし始めて3年目を迎えている。
リビングでは、何かと理由をつけて宴会が始まる。酔いがまわると、三人のディープな本音が怒濤のごとく飛び交い絡み合う。アラ還の大人の女だからといって、古くからの友人だからといって、優しいわけでも、思いやり豊かなわけでもない。言いたい放題、むしろ、わがままである。言葉のバトルとささやかな癒しが交差する三人の日常である。
そんな中、薫はどうやらお付き合いを始めた男性がいるようだ。と、同時に風子にもそんな男性の存在が明らかになる。風子と薫がそれぞれ月子に語った爐垢蕕蠅隼僂領匹ち播┐覆じさま瓩蓮▲咼献絅▲襪世韻任呂覆、天才的な褒め言葉までそっくりだ。月子だけが知ってしまった危険な関係は、ある日、枇杷の家でドラマチックな結末に向かう。

■今後の予定
平成30年12月〜平成31年1月   朗読劇出演者の募集及びオーディション
(詳細はhttp://www.pac.or.jp/hfs.html
平成31年3月24日(日) 東松山市松山市民活動センターホールにて朗読劇上演

○同時募集
〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト
《ボランティアスタッフ募集》 私たちと一緒に演劇制作に携わってみませんか?

〈お申込み・お問合せ〉
355-0017 公益財団法人東松山文化まちづくり公社 平成家族物語事務局(平日9:00〜17:00)  
TEL 0493‒24‒6080/FAX 0493‒24‒9909






極上文學『こゝろ』


kick shop nikkan engeki

森田剛の主演で岩松了の新作『空ばかり見ていた』来年3月シアターコクーンにて上演! 

7shot
森田剛 勝地涼 平岩紙 筒井真理子 
宮下今日子 豊原功補 村上淳

岩松了の書き下ろし新作『空ばかり見ていた』が、2019年3月、森田剛を主演に迎え、Bunkamuraシアターコクーンにて上演されることになった。
岩松は、これまでBunkamuraシアターコクーンでは、『シダの群れ』シリーズ(10、12、13年)、『ジュリエット通り』(14年)、『青い瞳』(15年)と書き下ろし作品の上演を続け、蜷川幸雄演出に初めて書き下ろした『シブヤから遠く離れて』(04年)を16年には自ら演出し上演したことでも話題となった。
 
日本のチェーホフと呼ばれ、人間の内部で無意識に動く感情を、説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらも、リアルに生々しく描き出す岩松了。その手腕が認められ、2017年に彩の国さいたま芸術劇場で作・演出した『薄い桃色のかたまり』で、第21回鶴屋南北戯曲賞を受賞している。今回は、実に4年ぶりとなるシアターコクーンでの新作公演となる。
この作品で主演する森田剛には、かねてより岩松自らラブコールを送り続け、「いつか一緒に作品を」との約束が実り、今作でついに2人の顔合せが実現することとなった。

登場するのは、反政府軍として政治活動をしている兵士、その恋人、彼女の兄であり尊敬する軍の首領、そのまわりの人々。ある事件をきっかけに、強固に見えたその繋がりが意に反して兵士を追い込むこととなってゆく…。
森田演じる反政府軍の兵士の物語は、森田自身に充て書きされた役柄であり、ストーリー。物語の設定や登場人物の関係性などから、「これまでの作品の中で一番難しい戯曲になる気がしている」という岩松の世界観をどのように森田が体現するのか期待が高まる。
共演には、勝地涼、平岩紙、筒井真理子、宮下今日子、新名基浩、大友律、盒粁げ検∋安赦揃鼻∨原功補、村上淳と、若手からベテランまで個々に強烈な個性を放つ、魅力的なキャストが結集した。

【あらすじ】
そこは反政府軍のアジト。首領の吉田満(村上淳)が、女性兵士になりたいという妹のリン(平岩紙)を説得している。ある日、リンが暴漢に襲われ、武器調達のために隣国に派遣されていたリンの恋人・多岐川秋生(森田剛)は身を案じ慌ただしく帰国する。傷手を負いながらもリンは愛する恋人と兄が自分を見守ってくれていることに幸福を感じ、回復していった。結婚を意識しながらも、命の保証のない日々の中、一歩踏み切れない秋生と、そんな秋生の考えを察して兵士として共に戦いたいと思うリン。だが、絶対的な信頼を置いていた満に対して不信を覚える出来事が起こる。満への感情と連動するようにリンにも疎ましさを感じ始め、自分自身の気持ちに戸惑う秋生。同じ頃、政府軍のスパイが組織に潜り込んでいたことにより、秋生たちは窮地に立たされることになり… 

【コメント】
 
岩松了
政治的なつながりや思想的な絆を経由した恋愛話を通じ、「恋愛」がそれ(・・)だけ(・・)では成立しない面白さを描きたいと思います。また、そこで生み出される緊張関係をよりくっきりさせるため、内戦というシビアな状況を選びました。森田くんとは以前から「いつかやろうね」と約束していたんです。僕は余計に動かない俳優、暗い印象の俳優が好きです。森田くんにもどこか影を感じる。その暗さが、今度の芝居をつくるうえでの、探りどころにもなるのかなと思っています。
森田剛 
岩松さんとは、以前からご一緒させていただきたいと思っていたのですが、今回このタイミングで実現することとなり大変嬉しく思っています。稽古は、何回も同じシーンを繰り返し行うような厳しい方だと伺っておりますので、今から稽古に入るのが楽しみですし、岩松さんの描かれる作品の中で求められる役柄を精一杯演じきりたいと思います。

〈公演情報〉
Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019
『空ばかり見ていた』
作・演出◇岩松了
キャスト◇森田剛 勝地涼 平岩紙 筒井真理子 宮下今日子
新名基浩 大友律 盒粁げ検〇安赦揃鼻)原功補 村上淳
 
●2019/3/9〜31◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244[10:00〜19:00] 
〈チケット発売日〉2019年1月14日(月・祝)
 
●2019/4/5〜10◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉全席指定 10,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888[10:00〜18:00]
〈チケット発売日〉2019年1月14日(月・祝)
 




極上文學『こゝろ』


kick shop nikkan engeki

本格文學朗読演劇シリーズ「極上文學」第13弾、夏目漱石の『こゝろ』全キャスト発表!

image
極上文學とは、<読み師>と<具現師>そして声だけからなる<語り師>という構成で、日本文學の上質な世界観を立体的に表現。ビジュアルと音楽、動いて魅せるスタイルが人気のシリーズ。またマルチキャスティング制により、日替わりで組み合せを変化させる上演形式も魅力だ。
第13弾となる今作は、観客から最も希望の多かった夏目漱石の『こゝろ』を上演する。

【あらすじ】
奇妙な友情で結ばれている「先生」と私。ある日、先生から遺書が届いた。「あなただけに私の過去を書きたいのです…。」遺書で明かされる先生の過去。それは先生と妻、そして親友のKをめぐるある出来事だった…。

このたび「極上文學」第13弾『こゝろ』の全キャストが発表された。読み師×語り師×具現師、極上文學ならではの豊かな表現で、夏目漱石の名作『こゝろ』の世界に迫る!

<読み師>
私:櫻井圭登、内海啓貴
K:芹沢尚哉、松井勇歩(劇団 Patch)、釣本 南(Candy Boy)
妻:白石康介、東  拓海
先生:藤原祐規、平野 良

<具現師>
 福島悠介、百瀬友水、毛利光汰、小野田 唯、古賀雄大(五十音順)
 
<語り師>
伊東健斗、駒田  航、沢城千春、寺島惇太、西山宏太朗、野上  翔、村田太志
(五十音順)

〈公演情報〉
本格文學朗読演劇シリーズ 
極上文學 第13弾『こゝろ』
原作◇夏目漱石
演出◇キムラ真(ナイスコンプレックス) 
脚本◇神楽澤小虎(MAG.net) 
出演◇
<読み師>内海啓貴 櫻井圭登 白石康介 芹沢尚哉 釣本 南(Candy Boy) 東 拓海 平野 良 藤原祐規 松井勇歩(劇団Patch)(五十音順)
<具現師>
 福島悠介、百瀬友水、毛利光汰、小野田 唯、古賀雄大(五十音順)
<語り師>伊東健斗、駒田  航、沢城千春、寺島惇太、西山宏太朗、野上  翔、村田太志(五十音順)
 ●12/13〜18◎紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
〈公式 Twitter〉@MAG_play 

c2018 CLIE/MAG.net  





極上文學『こゝろ』


kick shop nikkan engeki 

中丸雄一のソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』来年2月上演決定!

中丸君の楽しい時間_photo

KAT-TUNの中丸雄一が構成・演出を手掛けるソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間3』が、2019年2月に大阪・サンケイホールブリーゼ、3月に東京グローブ座にて上演されることが決定した。
 
2008年上演の第一弾では、企画が決定した段階で「自分らしい楽しさ」にこだわる本人たっての希望で、構成・演出を自らが手がけるセルフプロデュース公演として上演。コント、パフォーマンス、一人大喜利、質疑応答大会、某番組のパロディ、得意のヒューマンビートボックスや新曲の披露など、中丸の様々な要素と魅力を詰め込んだ90分を展開し、自身も「自分の理想に近いものを作ることができた」と語るなど、公演は大成功となった。また、2017年上演の第二弾では、第一弾とは違った、中丸がその時にやりたかったことを全て盛り込んだ“楽しい時間”を届けた。

そして、約1年半ぶりに上演される第三弾は、アイドルとしての活躍にとどまらず、情報番組のコメンテーター、バラエティ番組の司会、連続ドラマの主演など多彩な顔をもつ中丸が、これまでの経験をふまえて前回よりも緻密に作りこみ、プロジェクションマッピングや映像などを駆使して、スタイリッシュかつシュールな世界観に磨きをかけた、より中丸らしさを凝縮した内容を目指している。中丸が今やりたいことを一緒に堪能できる”楽しい時間”となるに違いない!

【コメント】
『中丸くんの楽しい時間』初演のときから、『2』もやりたいと思い続けて。同じように『2』をやりながら、『3』をやりたいと考えていました。初演から『2』まで9年。『3』は2019年にタイミングがうまいこと合いまして、時空けずしてやれることになり、とても嬉しいです。できることなら、今後も定期的にやり続けていけたらいいなと思っております。
これまで、良くも悪くも“自分が面白いと思うこと”だけを作ってきましたが、“わかりづらい”“ちょっと理解できない”という反応も頂きました。でも僕は、皆さんのご意見も受け止めつつ、それはそれでいいと思っていて。『3』もそのマインドはそのまま、ただ見やすさにはこだわって、整理した内容で、また新しいこともプラスしながら作りたいですね。
半分フィクション、半分ノンフィクション。ベースは“僕”というのは変わらず、新しいものとしては、グランプリシリーズの中でですね、10月にTV出演した番組で僕が参加したある企画を……たぶんやります。スタッフさんからの強い要望あってのことですので、それは誤解なく(笑)。でもやるからには、世界記録を舞台上で更新してやろうじゃないかと! スタッフさんも  企画実現のために頑張ってくれています。
せっかく頂いた、中丸雄一にとっての“自由な場”です。場があるから、僕の頭の中にあることを具体的に詰めていくことが できます。『3』も楽しい時間にします。

〈公演情報〉
『中丸君の楽しい時間3』
構成・演出◇中丸雄一
出演◇中丸雄一
●2019年2月◎大阪 サンケイホールブリーゼ
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888
●2019年3月◎東京 東京グローブ座
〈お問い合わせ〉東京グローブ座 03-3366-4020
〈チケット一斉発売日〉2019年1月26日(土)
〈公式サイト〉https://www.tanoshii-jikan.com





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

岩井秀人作・演出、松尾スズキ・松たか子・瑛太らが出演『世界は一人』来春上演!

世界は一人 3人組み写真
瑛太 松尾スズキ 松たか子

岩井秀人の作・演出、松尾スズキ・松たか子・瑛太ほかの出演で、舞台『世界は一人』が、来春、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。
2003 年に「ハイバイ」を結成した岩井秀人は、東京でありながら東京ではない小金井の持つ、“大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線”を武器に、家族間の確執、トラウマ、個人の自意識の渦、自意識の裏返り、ひきこもり、集団と個人、等々についての描写を続け、今、その新作が最も注目される劇作家の一人。2013年『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。また、映像作品でも2012年NHKBS プレミアムドラマ『生むと生まれるそれからのこと』で、第30回向田邦子賞を受賞するなど、その才能は演劇界におさまることなく高い評価を得ている。また、綿密な取材をもとに、人間の赤裸々な営みを鋭く浮き彫りにし深刻なテーマを内包しながらも、“おばちゃんにもわかる”平易な言葉で、笑って泣ける、繊細な喜劇に仕立てる手腕の持ち主だ。その岩井秀人が、東京芸術劇場プレイハウスで、今までとは違うスケール感の音楽劇へ挑戦する。松尾スズキ、松たか子、瑛太をはじめ、岩井が出演を切望した俳優陣によって彩られる、“ある悲惨な男の物語”に期待!

この公演について岩井秀人、松尾スズキ、前野健太からコメントが届いた。
 
【コメント】
 
岩井秀人(脚本・演出)
初めての音楽劇です。以前から、歌には個人的なことを拡大して届ける力があると感じていました。とすると、僕がいつもやっている身近なことを描く演劇も、音楽で広げられるのではないかと思ったわけです。音楽を担当するのは、昨年、『なむはむだはむ』で音楽の自由を一緒に感じたマエケン(前野健太)です。稽古場で俳優さんたちと一緒に曲を完成させていくような作り方をし、モノローグから、ダイヤローグから、スッと歌が生まれていけたら、と思っています。また、そんな大変な作業を共にしていただけるであろうキャストに集まっていただけました。松尾スズキさんと松たか子さんと瑛太さんが同級生役です。8歳くらいから皆さんにやってもらおうと思ってます。総勢7名の盤石の俳優陣も揃いましたし、見たことのないものができると思っています。本当に。

松尾スズキ(出演)
共演が松たか子さん、瑛太くんと聞いて、「岩井くん、ちゃんとやるんだな。“なんちゃって音楽劇”じゃないんだな」と思いました(笑)。ミュージカルというと大きな世界観を描くイメージがありますが、日常会話からサッと歌に入っていくというのもオシャレでいいんじゃないでしょうか。僕もリズムや音程といったところから自由になって歌えたらと思います。松さんと瑛太くんと同級生というのはどう頑張っていいのかわかりませんが(笑)。でも、岩井くんの芝居は、おばあちゃんじゃない人が記号としてのおばあちゃんを演じる、といった仕掛けが面白かったりもします。ひどい人生を演じることになるようですが、この期間はこのお芝居のことだけを考えられるようにあけてあるので、じっくり楽しみたいと思います。

前野健太(音楽)
岩井さんが取り組んで来られた作品は、まぎれもなく「歌」そのものなんだと思います。街の人の物語、気分、絶望、吐息。時に憎悪に近い感情も、作品のなかでは旨味に昇華させ「歌」に変えてしまう。それは演劇作品、舞台上ではセリフに聞こえるかもしれないけど、僕にとっては、岩井さんが俳優に語らせるセリフはもう「歌」のようでした。だから今回彼が音楽劇をやる、と言い出したとき、まったく違和感がありませんでした。ただ、どうして自分が誘われたのかは未だに不明です。罠にかけられた!とさえ思っています。彼は曲も詞も書けてギターも歌もやれるからです。強烈な俳優の方々が持っている「歌」と岩井さんの「歌」がどうぶつかっていくのか、これからとても楽しみです。その人の「声」もまた「歌」そのものと思うからです。


〈公演情報〉
世界は一人 キーヴィジュアル(文字有り)
 
『世界は一人』
作・演出◇岩井秀人
音楽◇前野健太 
出演◇松尾スズキ 松たか子 瑛太
平田敦子 菅原永二 平原テツ 古川琴音
演奏◇前野健太と世界は一人
(Vo,Gt.前野健太、B.種石幸也、Pf.佐山こうた、Drs.小宮山純平)
●2019/2/24〜3/17◎東京芸術劇場 プレイハウス
※仙台、上田、津、大阪、北九州公演有り
 





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について