稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

カムカムミニキーナ『>(ダイナリィ)』

ニュース

浦井健治主演、韓国の国際派アーティスト・ヤン ジョンウン演出の『ペール・ギュント』12月に世田谷パブリックシアターで上演!

『ペール・ギュント』宣材写真(撮影:久家靖秀)

ノルウェーが誇る劇作家イプセンによる『ペール・ギュント』は、真の自分をどこまでも追い求める、150年経った今も古びない壮大な「自分探し」の物語。その戯曲が、今年開場20周年の世田谷パブリックシアターに登場。演出は平昌冬季オリンピックの開・閉会式の総合演出を務めるヤン ジョンウン。主演には浦井健治、そのほか日韓20名のキャストによって、12月に上演される。(兵庫公演もあり)

この作品 『ペール・ギュント』は、シェイクスピアに次いで世界で2番目に多く上演されているノルウェーの偉大な劇作家・詩人ヘンリック・イプセンが、150年前の1867年に書いた「劇詩」。エドヴァルド・グリーグによってかの有名な劇音楽が作曲され、1876 年に初演。通常の戯曲形態をとらない異色の本作は、無限の表現が考えられることから、あまたのアーティストの想像力を刺激し、今日まで上演され続けてきた。
 
今回の演出を手がけるのは、韓国の国際派アーティスト、演出家ヤン ジョンウン。彼は韓国内外でさまざまな実績・受賞歴を持ち、最先端を行くロンドンの劇場バービカン・センターや、ロンドン・オリンピック記念公演としてシェイクスピア・グローブ座へ招聘されるなど、海外でも活躍。2018 年の平昌冬季オリンピックの開・閉会式の総合演出家にも選ばれ、世界中から熱い視線が注がれている人物だ。破天荒で壮大なファンタジーでありながら、「自分探し」という普遍的な主題を追求している『ペール・ギュント』は、ヤン自身、主人公ペールと自分を重ねあわせるほど強く吸引されている。
09年に初演された韓国版は大きな話題を呼び、12年に再演、オーストラリア/アデレードフェスティバルセンターでも上演。13年には第20回BeSeTo演劇祭にて来日公演を果たした。初演は「大韓民国演劇大賞」の大賞および演出賞をもたらすなど、『ペール・ギュント』は、韓国の第一線を走る演出家ヤンの代表作のひとつと言える。

韓国版『ペー(2009年、12年)
韓国版『ペール・ギュント』
韓国版『ペール・ギュント』
韓国版『ペール・ギュント』
韓国版  舞台写真(2009年、12年)  ⓒLG Arts Center & LJS

出演者は日韓20名の豪華な俳優たち。タイトルロールのペール・ギュントを演じるのは、ミュージカルの大舞台、そしてシェイクスピアなどの演劇作品で次々と主演作をヒットさせ、芸術選奨文部科学大臣新人賞、読売演劇大賞の最優秀男優賞を始め各演劇賞を受賞して、文字通り人気実力を兼ね備えた浦井健治。彼の俳優としての豊かな経験が、青年期から老年期までを演じるペール役にいかに活かされるか、ヤン ジョンウンとの初顔合わせが期待される。
またペールの恋人ソールヴェイ役には、今まさに旬の女優、趣里が大抜擢された。そしてペールの母親オーセ役は、舞台女優としての活躍が目覚ましいマルシアが務める。
また世界各地を旅するペールの行く先々で出会う、個性豊かな人物たちを、韓国の舞台・映像で活躍する女優ユン ダギョンと、ヤン ジョンウンが芸術監督を務める劇団旅行者の看板俳優たち、そしてワークショップ・オーディションで選ばれた、さまざまな出自の日本キャストが演じるのも見どころだ。
ペール役の浦井健治以外の出演者は、複数の役に扮することになり、歌あり、音楽あり、ダンスありの魅力的なアンサンブルを創り上げていく予定。

【ストーリー】 
ペール(浦井健治)は夢見がちな青年。彼の将来を案じる母オーセ(マルシア)をよそに自由奔放な
日々を過ごしている。ペールの無垢な魂に惹かれたソールヴェイ(趣里)と結ばれるが、「遠回りをしろ」という闇からの声に導かれるように、海を越え世界を彷徨う。何度も財産を築き、また一文無しになる波瀾万丈の冒険の果てに、やっと故郷を目指すが――。

本当の幸せ、真の自分をどこまでも追い求める、150 年経った今も古びない壮大な「自分探し」の物語。パワフルで色とりどりの日韓キャストと、日本の第一線で活躍するスタッフを得て、ヤンと『ペール・ギュント』の新たな旅がはじまる。


〈公演情報〉
日韓文化交流企画
世田谷パブリックシアター+兵庫県立芸術文化センター
世田谷パブリックシアター開場 20 周年記念公演
『ペール・ギュント』
原作◇ヘンリック・イプセン
上演台本・演出◇ヤン ジョンウン
出演◇浦井健治/趣里 万里紗 莉奈 梅村綾子 辻田 暁  岡崎さつき/浅野雅博 石橋徹郎 碓井将大 古河耕史 いわいのふ健 今津雅晴 チョウ ヨンホ/キム デジン イ ファジョン キム ボムジン ソ ドンオ/ユン ダギョン マルシア
演奏◇国広和毅  関根真理
●12/8〜24◎世田谷パブリックシアター
  12/6プレビュー公演
〈料金〉一般S席(1・2階)8,800円 A席(3階)5,400円/プレビュー公演一般S席(1・2階)7,300円 A席(3階)4,400円/高校生以下・U24 は一般料金の半額、ほか各種割引あり(全席指定・税込)
〈一般発売開始〉2017年9月24日(日) 10:00〜
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター  03-5432-1515
●12/30〜30◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
 http://www1.gcenter-hyogo.jp



会員様限定キャンペーン実施中!
kick shop 

羽田美智子が12年ぶりの舞台でONEOR8と初タッグ!新作公演『グレーのこと』

0919_gray_hadasan _2

女優の羽田美智子の12年ぶりの舞台出演となる公演『グレーのこと』が、浅草の劇場、浅草九劇にて、11月29日から上演される。同作は、田村孝裕の率いる実力派劇団のONEOR8の新作公演で、羽田とは初のタッグとなる。

物語は、”閻魔”のような存在たちが「死者が来世、何に生まれ変わるべきか」を話す会議から始まる。日頃の行いが良ければ人間へ、悪ければ下等動物へと輪廻を遂げる仕組みらしい。 ある日、とある死者について議論が割れた。それは善とも悪とも取れる行いで、人間へと輪廻させるかどうかの判断が下せないでいる。その時、”閻魔”となって間もない女が根底を覆すような言葉を口にする。「そもそも、人間に生まれ変わることって幸せなんですか?」
現世とあの世の間にあるグレーな世界。白か黒か、はっきりと解決できないグレーな問題。あいまいなこと、グレーなことに向き合いながら、本作は進んで行く。
 
ONEOR8は、作・演出を田村孝裕がつとめる人気実力派劇団。ありふれた日常的空間を舞台に、内面の本質を見つめることを忘れない作風で高い評価を得ており、過去の作品では高橋惠子、田中直樹、甲本雅裕、柄本佑、岡本麗、田中麗奈、中村蒼らが客演として出演している。
 
【羽田美智子コメント】
いつも最後には深いテーマを投げ掛けてくれるONEOR8の世界が好きです。
その世界に自分がどうはまっていくのか、それとも違和感となっていくのか…。
今から緊張していますが、楽しみで仕方がありません。
人間が人間として生きていく中で、何が正解か不正解か、神なのか悪魔なのか、そもそも人間は罪そのものか。
深いテーマをきっとシニカルかつユーモラスに、そして最後には問いを投げ掛けるでしょう田村さんの世界で自分がどこまでできるか…新しい挑戦です。
精一杯やらせていただきますので、よろしくお願い致します。

 
〈公演情報〉
83O838C815B82CC82B182C68140838183C8393
 
ONEOR8新作公演 『グレーのこと』
作・演出◇田村孝裕
出演◇恩田隆一、冨田直美、伊藤俊輔、山口森広/関口敦史、松本亮、長尾純子/山野史人、阿知波悟美、羽田美智子 
●11/29〜12/10◎浅草九劇
〈料金〉前売 3900円 当日 4300円(全席指定・税込)
〈前売開始 〉2017年 10月28日(土) 
〈ONEOR8 HP〉http://oneor8.net
〈浅草九劇 HP〉https://asakusa-kokono.com/







kick shop nikkan engeki

時間と空間を超えて登場人物の性と、演じる役者の性がクロスする衝撃作!『クラウドナイン』12月に上演!

170821_cloudnine_senzai

演出家・女優として活躍中の木野花が、29年ぶりに挑む衝撃作『クラウドナイン』が、「大人計画」のモチロンプロデュースにより、12月1日より東京芸術劇場シアターイーストにて上演される。

本作品は、フェミニズム演劇の旗手として知られるイギリスの劇作家、キャリル・チャーチルにより、1979年にイギリスで発表され、NYのオフブロードウェイでロングラン上演されたヒット作。木野花が本作の演出をするのは1988年以来で、今回で3度目となる。

出演は、大人計画のパワーみなぎる俳優4名、伊勢志摩・正名僕蔵・平岩紙・宍戸美和公と、ドラマやバラエティー、映画や舞台と様々なジャンルで個性を発揮している俳優4名、眦萓宏、三浦貴大、石橋けい、入江雅人という8名が顔を揃えている。

戯曲『クラウドナイン』は、1880年頃の、イギリス植民地時代のアフリカに移住した破天荒な家族を描いた、二幕構成の舞台で、2つの斬新な仕掛けがある。
1つは、登場人物を演じる役者が、一幕と二幕で変わること。しかも役者の性別までも変わる。例えば、家族の妻・ベティを一幕では三浦貴大が演じ、二幕では伊勢志摩が演じる。また、一人息子・エドワードを一幕では平岩紙が、二幕では眦萓宏が演じる。
もう1つは、一幕では家父長制にあるヴィクトリア朝時代が舞台だが、二幕は100年後の現代のロンドンに設定されている。にもかかわらず、登場人物たちは25才しか年を取っていないという、摩訶不思議な仕掛けになっている。さらに観客を驚かせる(楽しませる)のは、不倫・同性愛・少年愛など何でもござれの赤裸々なセリフたち。
時も、空間も、性も、あらゆる役割から解き放たれた舞台に見えてくるのは、いつの時代も変わらない人間の愚かさ、情けなさ、そして“愛おしいほどのどうしようもなさ”なのだ。

相関図
【あらすじ】
イギリスの植民地だった時代のアフリカ。この地を管理するために、本国からやって来たある家族の物語。
家長のクライヴ(眦萓宏)は、国家と常識を重んじる男らしい父親。だけど時折り襲う嵐のような欲望の奴隷。
その妻ベティ(三浦貴大)は、夫を愛する貞淑な妻であろうとするあまり、夫の友人にも愛情のおすそ分け。
一人息子エドワード(平岩紙)は、父親に認められる強い男になりたい!と願いつつ、夢中になるのはお人形遊び。
家族が平和であれ,,と、全てを見て見ぬふりの祖母のモード(宍戸美和公)。
そこに隣人の、欲望のままに生きるハガネの女ソンダース夫人(伊勢志摩)、一見ワイルドなイケメン探検家ハリー(入江雅人)、男を知らない純情な家庭教師エレン(石橋けい)、そして、両親をイギリス兵に殺された従順な召使いジョシュア(正名僕蔵)が加わり‥‥
理想の自分と現実の自分自身。そのギャップに右往左往しながら暗中模索する、不器用な家族の、バカバカしくも切ない25年間の成長の軌跡。
※「クラウドナイン」とは、真夏の抜けるような青空に浮かぶ積乱雲(入道雲)という気象用語が転じて、幸福の絶頂の“ハイ”な気分を指している。

【コメント】

木野花(演出)
この作品は29年前、まだ30代でしたが、とても体力を消耗した事を覚えています。今回、演出ではありますが、万全を期して今からジムに通い、体力づくりをしています(笑)。出演者の皆に負けないような、パワフルな舞台にするべく気合は十分です。
『クラウドナイン』は、構成、台詞、キャスティング、全てにおいて斬新で、何でもありの世界を創り出している、実験的とも言える脚本です。その何でもありに、演出および役者が追いつけるかどうか文字通り、挑戦です。まず何が何でも台本に喰いついて、面白い作品にします!と断言するところから出発しようと思います。
冬の空に積乱雲を浮かべる勢いで、引くに引けない、私達のギリギリを観ていただきたい。

眦萓宏(クライヴ/エドワード役) 
オファーを頂けて、本当に嬉しかったです。「大人計画」のモチロンプロデュースと聞いたとき、いつも拝見しているあの人たちに関われるのか!と思い、とても嬉しかったですね。
『クラウドナイン』を最初に読んだときは、赤裸々な性表現ばかりが頭に入ってきたのですが、何度も何度も読んでいるうちに、チャーチルさんの創り上げた、構成の見事さに感心しました。「これが分かったら、次はこれも分かるかな〜?」と言われているような、緻密な構成です。いやらしい戯曲の書き方ですよね(笑)。
今回は、脳みそがパンパンになるほど、大変な稽古になると思います。でも、僕の持論として、稽古や本番中が楽にできて、よい作品になった試しは、一度もないので、きっと今回は素晴らしい作品をお届けできるんじゃないかと思っています。

〈公演情報〉
モチロンプロデュース『クラウドナイン』
作◇キャリル・チャーチル   
翻訳◇松岡和子
演出◇木野 花
出演◇眦萓宏 伊勢志摩 三浦貴大 正名僕蔵 平岩紙 宍戸美和公 石橋けい 入江雅人
●12/1〜17◎東京芸術劇場 シアターイースト
〈料金〉6,800円 ヤング券3,800円(22歳以下、チケットぴあ前売のみ)(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉大人計画03−3327−4312(平日11:00〜19:00) 
●12/22〜24◎OBP円形ホール
〈料金〉7,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570−200−888 (平日10:00〜18:00)
〈前売開始〉東京・大阪ともに 9月30日(土) AM10:00〜
 http://otonakeikaku.jp/2017cloudnine/





会員様限定キャンペーン実施中!

kick shop nikkan engeki 

森新太郎演出、溝端淳平・忍成修吾・温水洋一で三人芝居『管理人』を上演!

『管理人』ビジュアルs(撮影:細野晋司)

ノーベル文学賞作家ピンターの代表作『管理人』、その登場人物はわずかに3人。ガラクタを拾い集める男と、ガラクタを処分したい男と、ガラクタ同様に拾われてきた男……。
常軌を逸したやりとりを繰り広げる男たちの不条理劇には、息詰まる緊迫感と、不格好なまでのペーソスがあふれ出し、それゆえに人間存在の脆さとたくましさが表裏一体となるおかしみ!森新太郎のエッジの効いた演出、絶妙にアンバランスな3人の男による狂気とユーモアの“ピンター・ワールド”が、11月〜12月、東京と大阪で上演される。

この三人芝居に名を連ねるのは、青年ミック役の溝端淳平(=ガラクタを処分したい男)、その兄アストン役の忍成修吾(=ガラクタを拾い集める男)、宿無し老人デーヴィス役の温水洋一(=ガラクタ同様に拾われてきた男)。それぞれに異なる個性を持つ、森いわく「完璧」な顔合わせで、絶妙にアンバランスなトライアングルを作り出す。

【ストーリー】
舞台はロンドン西部にある家の小さな一室。住み込みで働いていたレストランを首になったばかりの宿無し老人デーヴィス(温水洋一)は、偶然知り合ったアストン(忍成修吾)に自分の家に来ないかと誘われ、これ幸いとついていく。だが翌朝、いきなり現れたアストンの弟ミック(溝端淳平)に不審者扱いされ激しく責め立てられる。口の減らない図々しいデーヴィスの前に交互に現れる、無口で謎めいた家のリフォーマーと称するアストンと、家の所有者であると主張する切れ者のミック。彼らはそれぞれ別々に、この家の「管理人」にならないかとデーヴィスに提案してくる。兄弟に見込まれたデーヴィスの態度は、次第に変化していき――。

【コメント】

森新太郎(演出)  
舞台の出来事はロンドン西部にある小さな一室で起こります。
戯曲冒頭のト書きによれば、その部屋は大量の廃品=ガラクタで溢れかえっており、今日の日本で言うところのいわゆる“ゴミ屋敷”です。
登場人物は三人。この部屋にガラクタを拾い集めてくる男と、この部屋からガラクタを処分したい男と、この部屋へガラクタ同様に拾われてきた男です。彼らが何者でどんな人生を送ってきたのか、ピンターは何一つはっきりとは提示してくれません。全てが曖昧。ただひとつ確かなことがあるとすれば、それは彼らがこの部屋において、常にある種の緊張状態に置かれているということでしょうか。
そこでは、自分の居場所を巡っての駆け引きや闘争が、延々と容赦なく繰り広げられます。「アホらしい!」と笑えてしまうくらいに。そんな滑稽なせめぎ合いの様は、我々が生きている現代社会そのものかもしれません――。
徐賀世子さんによる切れ味のいい新訳のもと、ユーモアと臨場感に満ちたピンター劇をお届けできたらと思います。どうぞお楽しみに。



〈公演情報〉
『管理人』
作◇ハロルド・ピンター
翻訳◇徐賀世子
演出◇森新太郎
出演◇溝端淳平 忍成修吾 温水洋一
●11/26〜12/17◎シアタートラム
〈料金〉一般  6,500 円  高校生以下・U24 3,250 円(一般料金の半額)(全席指定・税込)
〈一般発売開始〉 2017年9月17日(日)10:00〜
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター03-5432-1515  (10〜19時)
  http://setagaya-pt.jp/
 
●12/26〜27◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈料金〉一般  7,500 円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-025
5 
 


【撮影:細野晋司】


えんぶ最新号発売中!


kick shopnikkan engeki 

「表に出ろいっ!」English version 『One Green Bottle』日本語吹き替えに、大竹しのぶ・阿部サダヲ・野田秀樹が決定!

s_阿部サダヲ(小)news_xlarge_otakeshinobu_artHideki Noda
阿部サダヲ 大竹しのぶ 野田秀樹
 

十八代目中村勘三郎と 野田秀樹が初共演して伝説となった舞台『表に出ろいっ!』の英語バージョン 『One Green Bottle』の日本語吹き替えを、大竹しのぶ・阿部サダヲ・野田秀樹が担当することが決定した。
 
2010年秋、NODAMAP番外公演として東京芸術劇場で初演。観客を笑いの渦に巻き込みながら、衝撃の展開へと誘う問題作として大好評を博した。
あれから7年。野田が最も信頼を寄せる英国人俳優キャサリン・ハンターとグリン・プリチャードを迎えて、伝説の舞台「表に出ろいっ!」が英語版となって甦る。
 『THE BEE』『THE DIVER』で客席を震撼させた3人が、今度は家族(キャサリン=父、グリン=娘、野田=母)となって舞台上で大バトルを繰り広げる。
さらには、英国アカデミー賞にノミネートされた映画「Black Pond」、テレビドラマ「Flowers」で一躍脚光を浴びた新進気鋭の脚本家ウィル・シャープと野田が初タッグ。
作調には、歌舞伎囃子方田中流家元の十三代目田中傳左衛門が加わり、言語や文化を超越した豪華メンバーが集結。最強の布陣と共に、世界ツアーに向け、いよいよ11月に、東京から発信する。
 
s_Kathryn Hunters_Glyn Pritchard
キャサリン・ハンター グリン・プリチャード

この舞台は英語上演の最新作となるため、東京公演では特別に本作品の面白さを堪能してもらえるようにと、イヤホンガイドの吹き替えとして、夢のキャスト陣「大竹しのぶ、阿部サダヲ、野田秀樹」が揃った。
キャサリン・ハンター演じる父役を大竹しのぶ、グリン・プリチャード演じる娘役を阿部サダヲ、
 野田秀樹が英語で演じる母役を自ら日本語で吹き替え(録音)するという豪華な顔合わせで、よりこの作品の面白さを伝えることになる。

【ストーリー】
これは、父、母、娘の三人家族の物語。その夜、三人はそれぞれ絶対に外出しなくてはならない理由があった。しかし、飼い犬が出産間近とあって、誰かが家に残り、面倒を見なくてはならない。嘘、裏切り、あの手この手を使って、それぞれが他の二人をあざむき、なんとか家を抜け出そうとする。やがてそれぞれの「信じるもの」が明らかにされ、互いの中傷、非難、不寛容が、事態を思わぬ方向へと導いていく。
果たして彼ら三人に、救いはもたらされるのか?

【コメント】
 
大竹しのぶ
久しぶりの野田秀樹さんの作品に、ワクワクしています。
そして、大好きな阿部サダヲさん、大好きな友人の勘三郎さんが演じた、大好きなキャサリン・ハンターの吹き替えなんて・・・。
キャー、どうしましょう!
キャサリンに寄り添えるよう、尚かつ、きちんと台詞が届けられるよう、精一杯頑張ります。 
阿部サダヲ
舞台の吹き替えって初めてだし、しのぶさんと野田さんとの掛け合いのお芝居なんてなかなか経験出来なそうだし、どんな感じになるんでしょうか? 楽しみです。頑張ります!
野田秀樹
今回は女性であるキャサリン・ハンターが父役を、男性であるグリン・プリチャードが娘役を、僕が母役を演じます。これまでの英語劇もそうでしたが、原本(日本語版)の芝居をなぞるつもりはありません。台詞も全く変わるので、新たな面白さと出会うつもりで観に来ていただきたい。ボイスオーバーには大竹しのぶさんと阿部サダヲさんという贅沢なキャストが実現しました。頼んでみるもんですね(笑)。パニックに陥った人間の行動心理を、イギリス人俳優の二人がどう解釈して演じるのか。楽しみにしてください。


〈公演情報〉
 表にでろいっ!メインビジュアルNH-2_0547
表に出ろいっ!English version
『One Green Bottle』
英語上演・イヤホンガイド(日本語吹き替え)付 
作・演出◇野田秀樹
英語翻案◇ウィル・シャープ
キャスト◇父/キャサリン・ハンター 娘/グリン・プリチャード 母/野田秀樹
●11/1〜19◎東京芸術劇場 シアターイースト 
〈料金〉一般6,000円 65歳以上5,000円 25歳以下3,000円 高校生割引1,000円(全席指定・税込)
●プレビュー公演 10/29、10/31◎東京芸術劇場 シアターイースト 
〈料金〉一般5,000円 65歳以上4,000円 25歳以下2,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00〜19:00)

【アートディレクション:吉田ユニ】





細貝圭 佐藤祐基 加藤虎ノ介『オーファンズ』


kick shopnikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について