観劇予報

『ファインディング・ネバーランド』お得なチケット販売中!

ニュース

舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で生田斗真と菅田将暉が初共演!

4
菅田将暉


イギリスの劇作家トム・ストッパードの代表的作品で、1966年に発表され、『ロズギル』の愛称で親しまれている『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。この傑作戯曲がこの秋、シス・カンパニー主催で上演され、生田斗真と菅田将暉が初共演することが決まった。

この戯曲は、シェイクスピアの『ハムレット』の登場人物である2人を主人公に、トム・ストッパードがスピンオフ的作品として書き上げたもの。2人はハムレットの学友で、王クローディアスの命を受け、ハムレットをイギリスで処刑させるために留学に同行する。だがハムレットにそれを知られ、運命は逆転。最後に「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ。」の1行で片付けられてしまう。その顛末を2人の側から描いた不条理劇。

翻訳・演出は、小川絵梨子。翻訳劇で次々に演劇賞を受賞、若手ながら来年から新国立劇場演劇部門の芸術監督をつとめることになっている。 
ローゼンクランツには、昨年の劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』で主役をつとめた生田斗真。ギルデンスターンには、蜷川幸雄演出『ロミオとジュリエット』(2014年)で初舞台を踏み、これが舞台2作目となる菅田将暉。
そのほか林遣都(ハムレット役)、小野武彦(クローディアス役)、半海一晃(座長役)、安西慎太郎(オフィーリア役/ホレーシオ役)、田川隼嗣(アルフレッド役)、松澤一之(ポローニアス役)、立石涼子(ガートルード役)、さらに林田航平、本多遼、章平、長友郁真らの出演が決まっている。


〈公演情報〉
シス・カンパニー公演
『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
作◇トム・ストッパード
演出◇小川絵梨子
出演◇生田斗真 菅田将暉 
林遣都 半海一晃 安西慎太郎 田川隼嗣 林田航平 本多遼 章平 長友郁真 松澤一之 立石涼子 小野武彦
●10/30〜11/26◎世田谷パブリックシアター
一般前売開始:9月16日より




『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

高田翔・玉置成実・坂元健児、3人で演じるミュージカル『Finding Mr.DESTINY』8月に上演!

170615_fmd_01




韓国オリジナルミュージカルの新しい扉を開いたロマンチック・コメディ・ミュージカルが、装いも新たに上演されることが決定した!

韓国で8年ものロングランを果たし、“ロマンチック・コメディ・ミュージカル”のジャンルを確立した傑作ミュージカル『キム・ジョンウク探し(邦題:あなたの初恋探します)』。
客席は老若男女問わず常に満員。2010年には映画化もされるなど、大学路の小さな劇場から始まったこの可愛らしいミュージカルは今もなお韓国の多くの人々に愛され、特に若いカップルでの観劇が多く、“週末のデートスポット”と呼ばれている!
物語は、何をやってもさえない男性が主人公。仕事をクビになり、一念発起して彼が立ち上げた「初恋探し株式会社」に、人生の岐路にたったひとりの女性が、初恋の男性を探そうとやってくる。ふたりはその初恋の相手“キム・ジョンウク”を探していくのだが…。

韓国はもちろん、インド、そして日本の大阪までまたにかける“初恋探し”の行程を描き出すのは、わずか3人の俳優。
“初恋の人”キム・ジョンウクと“初恋を探してあげる男”2役を演じる主演男優。
“初恋を忘れられない女”の主演女優。
そして、お父さんやお母さんやインド人、会社の上司やタクシー運転手から、さらには若い女性まで、その数24役にも及ぶその他の登場人物を一手に引き受けるのは、マルチマンと呼ばれる男優。
男女の恋の行方を描くストーリーに加え、マルチマンの奮闘っぷりも、作品の見どころのひとつだ。

日本では2016年に初演。脚本・演出に菅野こうめい、振付に広崎うらん、音楽監督にかみむら周平を迎えて、日本版ならではの要素もふんだんに盛り込み、さらに村井良大・彩吹真央、駒田一という実力派メンバーが熱演し、大好評を得ている。その作品が、今年は『Finding Mr.DESTINY』とタイトルも変え、キャストも一新!また新たな「初恋探し」が始まる!

今回は、ジャニーズJr.で実力派として知られる高田翔が満を持しての初主演。主人公のさえない、“ダサい”男性ミニョクと、漫画から抜け出してきたようにかっこいい“初恋の人”キム・ジョンウクの2役は、まさに一粒で二度美味しい役柄。ジャニーズJr.きっての演技派がこの2役をどう演じ分けるのか期待が集まる。
“初恋を忘れられない女性”には、歌に舞台にグラビアと活躍、近年そのコメディエンヌっぷりにも評価が高い玉置成実。
24役をこなすマルチマンを担うのは、ミュージカル界を牽引し続ける坂元健児。まさにマルチな才能を発揮するにちがいない。
この3人で、なんと約30人のキャラクターを演じる!

そして音楽監督かみむら周平率いる豪華バンドが演奏。ポップな音楽、かわいい映像……どれもがとびきりキュートで、観ると誰もが“初恋”に想いを馳せずにはいられない。そんな素敵なミュージカルを、小さな空間で観るほんの少し贅沢な120分。この夏は運命の人を探しに、劇場へ!

高田翔
2008年NHKドラマ『バッテリー』で準主役に抜擢。その後多数の映画、ドラマなどに出演。フジテレビ系列『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』舞台では『横浜グラフィティ アゲイン』バラエティでは『みんなのKEIBAVコメンテーターとして演技のみでなく幅広く活躍中。

玉置成実
2003年シングル「Believe」でデビュー。キレのあるダンスを存分に披露しているPVも大きな注目を集め、動画サイトYouTubeでの再生回数が100万回を超える。さらに、女優として舞台やミュージカル・映画に出演するなど、多彩に活躍し、2016年念願のアニサマにも出場。主な出演作は、『スイート・チャリティー』チャリティ役、『ハイスクール・ミュージカル』、『ALL SHOOK UP』、『エニシング・ゴーズ』、『サイケデリック・ペイン』、『花より男子 The Musical』 、『Kinky Boots』、『50shades〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』『Before After』、映画『一遍上人』ほか。

坂元健児
劇団四季では『ライオンキング』初代シンバ役として、人気を博し、退団後は『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『ルドルフ・ザ・ラストキス』を始め数多くのミュージカルに出演。定期的にソロLIVEも開催、昨年は乃木坂46の楽曲『命の真実』で生田絵梨花とデュエットで4thLIVEにも参加、話題を集める。また映像にも積極的に取り組んでおり、最近のTVは『郷土の偉人シリーズ 橋本勘五郎』(TKU)『ドクターX2016』(EX)『わがまま!気まま!旅気分!』(BSフジ)、舞台では『1789』『スウィート・チャリティ』『ロミオ&ジュリエット』『パレード』等。

〈公演情報〉
ミュージカル『Finding Mr.DESTINY』
Book & Lyrics by You Jeong Chang
Music by Hae Sung Kim
Originally Produced on the Korean Stage by CJ E&M Corporation 

上演台本・作詞・演出◇菅野こうめい
音楽監督◇かみむら周平
振付◇広崎うらん
出演◇高田翔(ジャニーズJr.) 玉置成実/坂元健児
かみむら周平(Key) ほか
●8/4〜13◎東京 DDD青山クロスシアター
●8/17・18◎大阪 ABCホール
〈料金〉東京公演 9800円/平日マチネ8800円(全席指定・税込) 
〈料金〉大阪公演 8800円(全席指定・税込)
〈一般発売〉7月8日 10:00より 





えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

豪華キャストと串田演出で想像を超えるチェーホフ劇を11月にシアターコクーンで上演!『24番地の桜の園』

sakura_kari6nin
高橋克典、風間杜夫、八嶋智人
松井玲奈、美波、小林聡美


串田和美がチェーホフの名作『桜の園』にラディカルに切り込む! キャストは高橋克典、風間杜夫、八嶋智人、松井玲奈、美波、小林聡美など豪華な顔ぶれで、Bunkamuraシアターコクーン11月公演『24番地の桜の園』の上演が決定した!

シアターコクーン初代芸術監督を務め、多彩な演出方法で無二の舞台を生み出してきた串田和美が、50年の演劇人生で初めてとなるチェーホフ作品演出に挑む。名作『桜の園』をベースにチェーホフの様々なエッセンスと新しい視点を盛り込んだラディカルなチェーホフ劇が誕生する!

アントン・チェーホフ最期の戯曲『桜の園』は、社会の転換期に生きる人々の哀しさや苦しみを繊細な視線で描き現在まで世界中で上演され続けている。好んで書いた“ヴォードヴィル”の精神をこの作品にも持ち込み、“悲劇”をどこか軽妙な“喜劇”に仕立てたことも観客を魅了する要因といえよう。

本公演では木内宏昌が新たに翻訳した戯曲に、“言葉で表しきれないものを差し示すのが演劇”という串田とともに脚色を加え、現代にも通じる滑稽なまでの人間模様をより鮮やかに描き出す。また、民族音楽や即興演奏などあらゆるジャンルをこなす太田惠資が音楽を担当し、個性豊かなミュージシャンとともに生演奏出演。さらにダンスカンパニーBATIKの主宰で振付家・ダンサーの黒田育世も振付として加わり、ジャンルを超えて活躍するプランナーの力が結集し作品世界を広げる。


背景となる“桜の園”と呼ばれる領地に出入りする商人〈ロパーヒン〉を演じるのは、圧倒的な色気と存在感を放ち、5年振りの舞台出演となる高橋克典、串田とは『もっと泣いてよフラッパー』(90年)『セツアンの善人』(99年)以来のタッグとなる。領主ラネーフスカヤの兄〈ガーエフ〉に、数多くの舞台を踏み抜群の安定感と爆発的なエネルギーを併せ持つベテラン風間杜夫。新しい思想を持つ万年大学生〈トロフィーモフ〉に、飄々とした佇まいと硬軟自在な演技で多くの演出家から信頼が厚い八嶋智人。 ラネーフスカヤの娘〈アーニャ〉に、シリアスからコメディまで幅広い演技に注目を集め、多方面で目覚ましい活躍を見せる次世代の女優 松井玲奈。養女〈ワーリャ〉に日本とフランスを拠点に活躍を続ける美波。串田和美は隣人の地主〈ピーシチク〉役で登場。そして、“桜の園”の女領主〈ラネーフスカヤ〉を、自然体で包容力のある人柄が多くのファンを魅了し、確かな演技力で個性を放つ小林聡美が演じる。また大堀こういち、池谷のぶえ、尾上寛之、北浦愛、大森博史、久世星佳など、多彩な実力派がずらりと顔を揃えた。

【原作あらすじ】
20世紀初頭のロシア。“桜の園”と呼ばれる領地。地主であるラネーフスカヤが娘・アーニャとともにパリから5年ぶりに帰国した。待ち受ける兄のガーエフ、養女のワーリャは再会を喜ぶが、一家の財産は尽き、地所の“桜の園”は売却を迫られていた。一家につかえてきた農奴の家の出であるロパーヒンは、今は若き商人として頭角を現している。“桜の園”の売却を避けるべく、ロパーヒンは別荘地として貸し出す事を提案するが、ラネーフスカヤとガーエフは現実を直視しようとしない。
娘のアーニャは、亡き弟の家庭教師であったトロフィーモフと未来を語り合う。ワーリャとロパーヒンは以前から互いに思い合っているが、どちらからも歩み寄れないままでいる。
“桜の園”が競売にかけられる当日にも舞踏会を開いているラネーフスカヤ。競売の行方に気もそぞろの夫人に、駆け戻ったロパーヒンが“桜の園”を競り落としたのは自分だと告げる――。 

【コメント】
串田和美、高橋克典、小林聡美よりコメントが到着した。
 
串田和美
──初のチェーホフ作品に取り組もうと思った理由、現時点での演出プランを教えてください。
チェーホフ作品はよく上演されていますが、自分からは遠い世界のもので、一生演出はしないだろうと思っていました。でも、ここ数年色んな作品で色んなアプローチの方法を試してきて、今ならできるかなと思ったのが最初のきっかけです。
ロシアの古い話だけれど、太宰治がチェーホフに惹かれて『斜陽』を書いたように、日本人にもわかるノスタルジーがある。ノスタルジーという感覚の中には、後ろ向きばかりではなく、未来を見つめるための要素があるのではないかと思っています。
先日、チラシビジュアルのために動いているトラクターの撮影をしたのですが、古い家を壊して新しい土地にしていく行為は、ある意味では暴力的な破壊のイメージがあるけど、新しい建設みたいなイメージもあり面白いなと思いました。この作品もそういったものを内包したものになるかなと思っています。
── 高橋克典さんと、小林聡美さんのキャスティング理由と、お二人に期待していることは何ですか?
役柄に関わらず、全ての出演者が与えてくれるものがあるので、“誰が何をしてくるだろう!?”という期待がすごくあります。
小林聡美さんは初めてご一緒しますが、以前から、既成の演技とは何か違う印象がありました。どの役柄にも可能性を持たせて作っていこうと思っている作品の中でこの役を考えた時に、普通の『桜の園』のラネーフスカヤ像とは違う存在感が出たらすごく面白いと思っています。
高橋克典さんは舞台2本を一緒にやって久しぶりに再会したのですが、50歳を過ぎたのに青年の悶々としたものをテレビで活躍しながらもずっと持ち続けていて、火が消えずにまだあるのだと分かって感動しました。
(ビジュアル撮影の現場で)皆と話をしながら膨らんだイメージもあるし、今回高橋克典さんから受けた印象に新たなイメージが生まれました。きっと全く新しいチェーホフが出来ると思います。

高橋克典 
──5年ぶり5度目の舞台出演となりますが、今の心境は? 
恐ろしさも含めてものすごく楽しみです。舞台はいつも僕にとっては新しく、ここに来ての新たな挑戦です。しかもチェーホフ。でも串田さんなら、従来のチェーホフとは違うものを創ってくれるのではないかと、自分という素材だけもって串田ワールドにとびこみます。
──小林聡美さんとは初共演となりますが、どのような印象をお持ちでしょうか?
以前、どこかの駐車場でお見受けした時の、柔らかそうでかつ芯の強そうな印象があったことを覚えています。
今回ご一緒させていただくにあたり、とても楽しみにしております。
──演出の串田和美さんとは、18年ぶりのタッグとなりますが、意気込みをお願いいたします。
串田ワールドを持てる全てで楽しみたいと思います。いつも想像を超えたセンス、これを楽しみにしていると同時にくらいついていこうと思います。その発想の自由な広がりが楽しくて大好きです。でも難しい。それをいかに単純に楽しむか…!ものすごく楽しみです。

小林聡美
──今回、オファーを受けた際の率直なお気持ちをお聞かせください。
14年ぶりのシアターコクーン、初めての串田和美作品、そしてこれまた初のチェーホフ。
どれも自分とは縁遠いものだと思っていたものが、束になってやってきた!といった気持ちでした。
──高橋克典さんとは初共演となりますが、どのような印象をお持ちでしょうか?
色が黒くてナイスガイ。ご自分を律し、ストイックな印象。だいぶ昔、町の駐車場の精算時に偶然に一瞬お目にかかり、ご挨拶したことがありましたが、その時の印象は、とても爽やかでお優しそうなかただな、と。
──演出の串田和美さんとは、初タッグとなりますが、串田作品の印象と、意気込みをお願いいたします。
エネルギーに満ち溢れ、お祭りのような陽気さと妖しさが漂う串田さんの作品。「どうやって作っていったのかなぁ」といつも興味津々でした。今回はその舞台裏から表にまで関わることができて、楽しみなのと同時に身の引き締まる思いです。 


〈公演情報〉
『24番地の桜の園」』
作◇アントン・チェーホフ
翻訳・脚色木内宏昌
演出・脚色・美術串田和美
出演高橋克典、風間杜夫、八嶋智人、松井玲奈、美波、大堀こういち、池谷のぶえ、尾上寛之、北浦愛、大森博史、久世星佳、串田和美、小林聡美
●東京公演 11/9〜28◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,000円(全席指定・税込) 
 チケット発売日 8月20日(日)10:00AM〜
〈お問い合わせ〉Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00〜17:30) 
●松本公演 12/2〜3◎松本市民芸術館 主ホール
〈料金〉一般7,800円 U25(25歳以下)5,800円 U18(18歳以下)3,800円(全席指定・税込) 
 チケット発売日 2017年8月下旬予定
〈お問い合わせ〉まつもと市民芸術館 0263‐33‐3800 
●大阪公演 12/8〜10◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉10,500円(全席指定・税込) 
 チケット発売日 9月10日(日)10:00AM〜 
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
公演HP http://www.bunkamura.co.jp




『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

人気マンガの初舞台化『北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐』主役はザコ!?

35thロゴ
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 

来年、35周年を迎える人気マンガ「北斗の拳」が、初めて舞台化される!
マンガ『北斗の拳』は、武論尊の原作、原哲夫の漫画で、80 年代『週刊少年ジャンプ』(集英社)の黄金期に一世を風靡。アニメ化もされ、主題歌であるクリスタルキングの名曲「愛をとりもどせ」が大人気となった。
今回は、川尻恵太(SUGARBOY)の脚本と、村井 雄の演出により、「北斗の拳」35 周年を記念して初の舞台化が決定した。なんと主役は”ザコ”、雑魚キャラクターで、タイトルも『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』となっている。
 

s_磯貝龍虎河合龍之介s_寿里
s_花園直道林野健志A応P_水希蒼
磯貝龍虎、河合龍之介、寿里
花園直道、林野健志、水希蒼


出演者は、磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、林野健志などに加えてスーパー日舞の花園直道、またガールズユニット「A応P」の水希蒼、さらに声優の千葉繁も声の出演をする。
舞台のOPENING LIVEは「愛をとりもどせ」で、クリスタルキングwith A応Pが担当する。

 A応P
A応P

【脚本/川尻恵太プロフィール】
1981年生まれ、北海道出身。「SUGARBOY」主宰。ラーメンズ・小林賢太郎作品の演出補、エレキコミック構成作家。おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』、TEEN×TEEN THEATER『初恋モンスター』(共に脚本・演出)ほか。
好きなザコは「『息をするのもめんどくせぇ』って言うヤツ。ケンシロウに息を止められて『息をするのもめんどくさいんだろ?』って(笑)」

【演出/村井 雄プロフィール】
1978年生まれ、千葉県出身。「KPR/開幕ペナントレース」主宰。「KPR/開幕ペナントレース」全作品の構成・脚本・演出を担当。09 年に初の海外公演(ニューヨーク)を成功させたほか、15 年にはフランスやチュニジア共和国で作品を上映。高い評価を受けた。
好きなザコの死に際の台詞は「子供の頃から『たわば!!』が好きです。超いいですよ!」

〈公演情報〉
ザコ舞台ロゴJPG

舞台『北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐』
原作◇武論尊 
脚本◇川尻恵太
演出◇村井 雄
出演◇磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志 ほか
●9/6〜10◎シアターGロッソ
〈料金〉ザコシート6.999円 世紀末シート(前方エリア・特典付)9.999円 リングサイドシート(ステージエリア一部客席・特典3点付)19.999円(全席指定・税込)
〈一般発売〉7月 5 日(水)10:00〜(先着) 
〈公式サイト〉 http://www.clie.asia/hokuto_zakobutai/

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 






『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

劇団チョコレートケーキの古川健がナチス政権下の市民意識の変化を描く! 青年座公演『旗を高く掲げよ』

青年座『旗を高く掲げよ』チラシ
青年座劇場が、まもなく50年を迎えようとしている。1969 年に開場したこの劇場は、常に新しい創造の場だった。そして、今年も演劇界注目の劇作家の新作を連続上演が決まっている。

その第1弾が劇団チョコレートケーキの古川健が書き下ろす『旗を高く掲げよ』。タイトルは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党歌からとった。古川健は、歴史上の出来事を題材に独自の視点で骨太な戯曲を創作する作家として高い評価を受けている。演出は新作の立ち上げに定評のある黒岩亮、最近では、野木萌葱作『崩れゆくセールスマン』『外交官』などを手がけている。

「模範的なファシストは、模範的な市民でありえる」。言い換えれば、「模範的な市民は、模範的なファシストになりうる」を基本テーマとして、第二次世界大戦下(1938 年〜45 年)のドイツ・ベルリンを舞台に、一人の男とその家族が変貌する様を序章と終章を含む6つの時代を追って描き出す。
「知的と誠実とナチの三項連立はない」、これはナチスが政権を握るとスイスに亡命した小説家トーマス・マンの言葉とされる。つまり知的で誠実であればナチでないし、知的でナチなら誠実でないし、ナチで誠実なら知的でないということだ。ナチス政権下、SS(ナチス親衛隊)という組織の中で生きる一般市民の意識変化を、私達の市民生活に重ね合わせることで、現代日本人に警鐘を鳴らす。

【ものがたり】
1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、第二次世界大戦は勃発した。その前年から物語は始まる。
歴史教師のハロルドは善良なる市民。妻レナーテ、娘リーザ、妻の父コントラートとベルリンに暮らすミュラー家は、ごく一般的なドイツ人家庭。1938 年 11 月、ドイツ各地で起こったユダヤ人に対する組織的暴動事件(水晶の夜)直後、事件を受けて亡命を決意したユダヤ人の友人オットーが今後のドイツを憂える。妻レナーテはナチス支持者で、時流に乗らない夫ハロルドに物足りなさを感じている。夫、妻、義父、夫の友人、妻の友人、それぞれの立場からナチスドイツを語る。
その数日後、SS(ナチス親衛隊)の友人ペーターが、ハロルドに歴史の専門知識を活かした仕事をしてほしいとSSへの入隊を奨める。乗り気のレナーテに対し、二の足を踏むハロルドだったが……、迷いながらもついに入隊を決断する。
1940年7月フランスの降伏、1942年4月ホロコースト(ユダヤ人の組織的大量虐殺)開始、1944年9月ドイツ軍敗色濃厚、1945年4月ベルリン陥落寸前、そして……。ドイツ崩壊が進むにつれ、反比例するかのようにナチスへ傾倒していく家族。ナチス独裁政権下のベルリンを舞台に、物語は時を移して転がっていく。
 
【キャスト】
ハロルド・ミュラー(夫)………………石母田史朗 
レナーテ・ミュラー(妻)………………松熊つる松 
リーザ・ミュラー(娘)…………………田上唯 
コンラート・シュルツ(祖父)…………山野史人 
ロッテ(娘の友人)………………………市橋恵 
ペーター・マイヤー(SS の友人) ……豊田茂  
バウワー(副官)…………………………鹿野宗健 
ヘルガ・シュヴァルツ(妻の友人)……渕野陽子 
オットー・ワルター(ユダヤ人)………嶋田翔平 
ブルーノ・コッホ(障がい者の友人)…小豆畑雅一 

本公演期間中に、本年度新作を書き下ろす劇作家や青年座劇場に縁のある演劇人をゲストとして招き、青年座劇場4公演を横断するリレー形式のアフタートークを開催する予定。

〈公演情報〉
劇団青年座 227 回公演
『旗を高く掲げよ』
作◇古川健(劇団チョコレートケーキ)
演出◇黒岩亮
出演◇山野史人 石母田史朗 小豆畑雅一 豊田茂 嶋田翔平 鹿野宗健 渕野陽子 松熊つる松 田上唯 市橋恵
●7/28〜8/6◎青年座劇場
☆7/31 終演後「劇作家リレートーク VOL1」(詳細は HP にて)
〈料金〉一般 4,200円 U25[25歳以下]3,000円(全席指定・税込)※初日割引(7/28)3,000円
〈前売開始〉6月13日
〈お問い合わせ〉劇団青年座 0120-291-481(チケット専用 11時〜18時、土日祝日除く)
〈青年座ホームページ〉http://seinenza.com





『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について