観劇予報

全商品対象!ご購入金額の30%をポイントプレゼント!

ニュース

舞台『北斗の拳 –世紀末ザコ伝説-』追加キャスト発表!ジャギはトリプルキャスト!

ザコ舞台ロゴJPG

3.5次元? ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台として話題沸騰の舞台『北斗の拳 –世紀末ザコ伝説-』、ついに追加キャストが発表された。
 
角田信朗山本圭壱武田幸三
角田信朗、山本圭壱、武田幸三

7月4日の制作発表にも登場した「ジャギ」は角田信朗、山本圭壱、武田幸三のトリプルキャスト! また、ザコの追加キャストとして、青山フォール勝ち(ネルソンズ)、キャベツ確認中(キャプテン★ザコ、しまぞうZ)、街裏ぴんく、大岩主弥、福島悠介、吉野哲平をはじめ、円盤ライダー、KPR/開幕ペナントレースらも出演決定!ますます目が離せないザコ舞台となる!

たわばひでぶあべし
記者発表の記事はこちら
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52031854.html



〈公演情報〉
舞台『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』
原作◇武論尊
脚本◇川尻恵太
演出◇村井雄
出演◇磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、水希蒼(A 応 p ) 
青山フォール勝ち(ネルソンズ)、キャベツ確認中(キャプテン★ザコ、しまぞうZ)、街裏ぴんく/
大岩主弥、福島悠介、吉野哲平/
円盤ライダー(渡部将之、冠  仁、賢茂エイジ、森田和正)、KPR/
開幕ペナントレース(高崎拓郎、G.K.Masayuki、森田祐吏)
 
角田信朗 (6日・7日夜・9日昼)武田幸三 (8日・10日昼)山本圭壱 (7日昼・9日夜・10日夜) 
 
●9/6〜10◎シアターGロッソ
〈料金〉ザコシート6,999円 世紀末シート(前方エリア・特典付)9,999円 リングサイドシート(ステージエリア一部客席・特典3点付)19,999円(全席指定・税込)

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, c北斗の拳−世紀末ザコ伝説−製作委員会2017 版権許諾証GP-907
 


えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki



多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『たまたま』公演チケットプレゼント!

170804omote1

8月5日(土)・6日(日)パルテノン多摩小ホールで行われる、多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『たまたま』公演のチケットを、抽選で各回10名様にプレゼント!

『彼らの敵』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞、
映画『アズミ・ハルコは行方不明』の脚本を執筆するなど現在活躍中の劇作家、
「ミナモザ」の瀬戸山美咲が多摩ニュータウンをリサーチし、
市民ワークショップをもとに「街」を描き出す演劇作品です。

思い通りにいかなくても、
アクシデントに見舞われても、
たまたま起きることに身を任せて、
明日のことを考える。
それはまるで私たちの人生みたいな。
そんな街の物語。

【公演データ】
多摩ニュータウン×演劇プロジェクト
『たまたま』
作・演出◇瀬戸山美咲
出演◇浅井要美 浅倉洋介 石田迪子 大原研二 亀島一徳 小林あや  とみやまあ
ゆみ 中田顕史郎 前原麻希 町田マリー まりあ 目次立樹 山中志歩 山森大輔
吉田能 ワタナベミノリ
8/4〜6◎パルテノン多摩 小ホール
http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

■プレゼント対象公演
8月5日(土)14:00開演
8月5日(土)19:00開演
8月6日(日)14:00開演

■応募締切
8月2日(水)17:00

■応募方法
メールの件名に「演劇キックチケプレ」とお書きください。
メールの本文に,名前電話番号ご希望の公演日い幹望枚数(2枚まで)をお書きくだ
さい。

■送付先
engeki@parthenon.or.jp

■当選通知
8月2日(水)21:00までにメールにてご連絡いたします。

公演の全貌に迫る作・演出の瀬戸山美咲+出演者の座談会はこちらで↓
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52030754.html




全商品対象!ご購入金額の30%をポイントプレゼント!






kick

shop

nikkan

engeki

スタジオライフが三原順原作の漫画『はみだしっ子』を初舞台化!


対談
倉田淳  笹生那実

男優劇団スタジオライフが三原順原作の『はみだしっ子』を初舞台化する。 『はみだしっ子』は1975年から1981年まで「花とゆめ」に連載され、熱狂的なブームを巻き起こした傑作漫画。親に見捨てられ、この世の「はみだしっ子」となったグレアム、アンジー、マックス、サーニンという4人の少年たちがある時はあたたかく、ある時はしたたかに生きていく様を描いた作品だ。スタジオライフでは2001年10月に『Sons』を取り上げて以来、16年ぶりの三原作品上演となる。

上演に先駆けて、笹生那実とスタジオライフの脚本・演出の倉田淳との対談が行われた。笹生は三原と同じ年、同じ雑誌でデビューした元漫画家。三原順の没後、三原ファンの立場から三原作品の単行本未収録作品の刊行を求める活動を続けている。

『はみだしっ子』の作品について笹生は「親からの虐待など辛いことが描かれているが、そういう環境にない子供でも共感できる深さがある。少年4人のキャラ分けが魅力的だと思います」と語る。 三原作品に出てくる深い言葉、えぐられるような言葉に強い感銘を受けたという倉田が「三原先生は人生を見極め、突き詰める目をどこで培われたんでしょう」と尋ねると、笹生は「それは三原さんが生まれ持ったもの。他の人には真似できないもので、魂の底から出て来ている感じがする」と答えた。

 倉田は『はみだしっ子』舞台化に関して「魂の言葉が散りばめられている作品。長いストーリーですが、ダイジェストにはしたくない。シンプルな舞台作りで、観客の方たちと一緒にイメージの中でワープしながら、子供たちの奥底に入っていけるような舞台を作っていきたい」と意気込みを語った。 笹生は「ファンの方の中には“5歳児をどうやって表現するんだ”と不安に思う方もいらっしゃるかもしれない。でも、スタジオライフなら作品の魂を受け継いで表現してくださると思う。大人の男性が女の子や少年も演じるというスタジオライフだからこそ、見る側も頭の中で作り上げていくことができるんです」とエールを送った。

集合写真
 出演者

(文/大原 薫)

<公演データ> 

スタジオライフ『はみだしっ子』
チラシヴィジュアル
原作◇三原順 
脚本・演出◇倉田淳
出演◇山本芳樹 曽世海司 岩 大 船戸慎士 松本慎也 仲原裕之 緒方和也 宇佐見輝 澤井俊輝 若林健吾 久保優二 田中俊裕 千葉健玖 牛島祥太 吉成奨人 伊藤清之 鈴木宏明 前木健太郎/藤原啓児

10/20(金)~11/5日(日)◎東京芸術劇場 シアターウエスト
チケット発売:2017年9月3日(日)
ホームページ http://www.studio-life.com/



えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki

演劇ユニット日穏-bion-の第9回公演『夕顔』8月に上演!

IMG_1526


役者・脚本家・アナウンサーとして活動する岩瀬晶子が、プロデュースを手掛ける演劇ユニット日穏-bion-。
戦争やいじめ・差別など社会的問題を背景に盛り込みながらも、心にダイレクトに響くような、笑って泣ける密度の濃い作品を上演。昭和を舞台にした作品が多く、どこか懐かしさを感じさせる温かい世界観は、世代を問わず、多くの方々から好評を得ている。その第9回公演が、8月23日から27日まで中野のテアトルBONBONで開催される。

【あらすじ】
栃木県でかんぴょう農家を営む川上家の長女・夕子。夏の収穫期には、三女・苺子や隣人たちがやってきて作業を手伝うのが恒例となっている。そこに何年も音沙汰のなかった次女・夏実が突然姿を現す。久しぶりの再会を喜ぶ苺子たちと裏腹に、夕子だけは夏実と目を合わせようとしなかった。それぞれが秘密を抱えて集まってくる、ある夏の日の物語・・・。
 

〈公演情報〉
日穏-bion-第9回公演
『夕顔』
企画・脚本◇岩瀬晶子 
演出◇たんじだいご
出演者◇剣持直明(劇団だるま座)、岩瀬晶子(日穏-bion-)、増澤ノゾム、山本南伊、平野貴大(劇団PATHOSPACK)、中島愛子(張ち切れパンダ)、宮内勇輝(劇団フルタ丸)、吉田芽吹、たんじだいご
●8/23〜27◎テアトルBONBON
〈料金〉前売3900円 当日4200円 高校生以下2500円
☆割引公演24日・25日の昼公演3500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉080-4659-2008
〈HP〉http://bion.jp




えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki

安西慎太郎&辻本祐樹 W主演! る・ひまわり×明治座「祭」シリーズ「ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭」

2shot
安西慎太郎・辻本祐樹 

演劇製作会社る・ひまわりと、創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、上演を続けてきたシリーズが、今年の年末も開催される。

このシリーズでは、忠臣蔵・源義経・阿弖流為…など、歴史的にも有名な人物や物語を、小劇場・ミュージカル・映像など様々な畑から集結した”つわもの”俳優たちによって、笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの歴史エンターテイメントとして上演するもの。また、それぞれの代表作や特技を持ちネタ化したパロディなど、盛りだくさんな企画で届ける、まさに〈時代劇版異種格闘技戦舞台〉となっている。
今回は「ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭」(通称/る年祭[るとしまつり])として、12月28日から31日まで明治座にて、さらに2018年1月13日には梅田芸術劇場メインホールで上演することが決定した。
 
伝統ある商業演劇スタイルにのっとって、第一部では芝居、第二部ではオリジナルユニットによるショーという2部構成。今年の第一部の演目は『SANADAMA・る』。昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』とそっくりの名前だが、この「る年祭」版では、真田幸村および真田十勇士たちが戦う〈大坂夏の陣〉を、仙台藩伊達氏の家臣・片倉重長と、隻眼の仙台藩藩主・伊達政宗の目線で語られる。

主演は、片倉重長を演じる安西慎太郎と 伊達政宗を演じる辻本祐樹の2人で、W座長となる。そのフレッシュな2人の座長からコメントが届いた。

安西慎太郎コメント
まずこの年末シリーズに出演できることが嬉しいです。そして辻本さんと共に主演をやらせて頂けて光栄です。年末ということで、1年の締めくくりにふさわしい色々な意味で面白く、お客様の心が踊る作品をカンパニー一丸となり作っていきます。

辻本祐樹コメント
2011年から、る・ひまわりさんの明治座シリーズに出演させて頂いておりますが、長年の夢でもあった明治座さんでの主演を務める事が出来、本当に嬉しく思っています! このシリーズの僕のイメージは、『真剣なお祭り舞台』。キャストの方々の個性が100%ぶつかって成り立つ舞台!新しいキャストとの絡みもすごく楽しみで、早く稽古がしたいです!見に来てくれる皆さんと一緒に笑い、感動出来る舞台にします!どうか明治座にお気軽にお越 しください!

【公演内容】

第一部 芝居『SANADAMA・る』

【あらすじ】 
関ケ原の戦いから10年。かつての栄光にすがる豊臣と、徳川家康の対立は続いていた。
家康から白羽の矢が立てられたのは仙台藩。片倉重長は、伊達政宗から任務を課せられる。「今日からお前は“根津甚八”だ」。真田十勇士、最後の一人は片倉重長だった!?
迫りくる大坂の陣。政宗の左眼が、重長に見せた景色とは―。

【登場人物】
片倉重長―安西慎太郎 /伊達政宗―辻本祐樹

真田幸村―佐奈宏紀
豊臣秀頼―永田崇人
木村重成―杉江大志
猿飛佐助―小沼将太
霧隠才蔵―碕理人
由利鎌之助―白又敦

海野六郎―田中涼星
直江兼続―蒼木陣
筧十蔵−滝川広大
望月六郎―小原悠輝
三好伊三入道―佐藤貴史
三好清海入道−宮下雄也
小松姫―井深克彦
穴山小助―中村龍介
半蔵―二瓶拓也
天海―加藤啓

徳川家康―滝口幸広
大野治長―林剛史
片倉小十郎―兼崎健太郎

真田信之―内藤大希
伊達成実―木ノ本嶺浩

真田昌幸―大山真志
本多忠勝―原田優一

上杉景勝―松村雄基

淀殿―紫吹淳

 相関図


第二部 ショー『プロデュース1615』
各戦国芸能プロダクションから選りすぐりのアイドルメンバーがやってきます!1位を獲得し、天下人となるのは誰だ!?

【登場ユニット】
真弾青少年団…SO(真田オフィス)所属のアイドルユニット。RAPとハードなダンスユニット。 
優一の國…MP<モンペ>(モンスターペアレンツ)所属のアイドルユニット。清き一票を!
マーライオンZ…シンガポールからやってきた!5人組アイドルユニット。世界的大人気のセンター、いたずらっ子の『パーク』、パークの隣に住んでいる幼馴染の弟、『パークジュニア』、そして夜には明るく照らしてくれる優しい『ビーム』、山登りが得意な山ボーイの『フィーバー』、そして『カンコーチョー』の5人組ユニット。 日本語は苦手だが、通訳のミスターサダキチ山本が一緒なので安心★ 
MAN WITH A KABUTO…DTE(伊達エンターテインメント)所属の特徴的な兜をチラッと被っているアイドルユニット。猪苗代湖の奥で眠っていたが最近発見された。本来の姿は兜。人間の心を持ち、主人への想いを歌で表現。


〈公演情報〉
 る年祭 ロゴ[1]
「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」
第1部 芝居『SANADAMA・る』 
第2部 ショー『プロデュース1615』
構成・演出◇板垣恭一
脚本赤澤ムック
出演安西慎太郎(W主演) 辻本祐樹(W主演)
佐奈宏紀 永田崇人 杉江大志 小沼将太 碕理人 白又敦
田中涼星 蒼木陣 滝川広大 小原悠輝 佐藤貴史 宮下雄也 井深克彦 中村龍介 二瓶拓也 加藤啓/
滝口幸広 林剛史 兼崎健太郎/
内藤大希 木ノ本嶺浩/
大山真志 原田優一/  
松村雄基/
紫吹淳
●2017/12/28〜31◎明治座
●2018/1/13◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉東京/S席12,000円、A席5,800円(全席指定・税込)
    大阪/S席12,000円、A席8,000円、B席4,000円(全席指定・税込)
〈チケット一般発売日〉 東京/9月17日(日)、大阪/9月24日(日)
〈公式HP〉http://www.rutoshi.com/





えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について