稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

観劇予報は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

ニュース

錦織一清の演出で“この世”と“人”の闇を描くエンターテインメントの続編『GRIEF7』Sin#2 上演!

錦織一清
錦織一清

昨年7月に俳優座劇場にて初演、“この世”と“人”の闇を歌とダンスで紡いでいく華麗なエンターテインメントステージとして話題となった『GRIEF7』。その続編となる『GRIEF7』Sin#2が、9月に東京と大阪で上演される。
 
スタッフ陣は初演から続投で、演出に『寝盗られ宗介』、ミュージカル『グレイト・ギャツビー』など、数々の舞台の演出を手掛けている錦織一清を迎え、原作は『竹久夢二のすべて』や『猫と裁判』などで知られる野村桔梗、脚本には『Club SLAZY』シリーズやミュージカル『Dance with Devils』など人気作品を多く手掛けている三浦 香、また音楽には米米CULBではサックス奏者として活動し多岐に活躍している金子隆博と最高のスタッフ達が揃っている。

米原幸祐加藤良輔
米原幸佑 加藤良輔
SHUN三浦海里
SHUN 三浦海里
 
出演は、エディ・フクダ役に米原幸佑、ライタ・カワイ役に加藤良輔、サム役にSHUN、ムラセ役に三浦海里の続投が決定している。 (※画像は初演のビジュアル)

【これまでのあらすじ】
自由の国アメリカ。煌びやかなネオンが輝く夢の街。
そこには様々な国から夢を持った若者たちが訪れる。日本でアイドルとして活躍してきたリュウもその一人だ。リュウはアイドルを辞め、単身渡米の後、アメリカで本物の歌手になるためオーデイション番組に挑戦していた。しかし、その最中、番組プロデューサー、アーロン殺害の容疑で刑務所に入れられてしまう。無実を訴えるリュウの前に現れたのは刑務所で同じ部屋になったアジア人。カワイ、グニョン、サムの 3 人。そんなリュウを気にかけるのは、日本のアイドル時代からリュウが兄として慕ってきたフクダ。そして看守として彼らを見守るムラセ。
牢獄の中に閉じ込められながら、自由と幸せを模索する男たち。牢獄の外にいながら不自由と罪を感じ生きる男たち。本当に罪人なのは誰か…。孤独になりきれない男たちが巻き起こす監獄ストーリー。

幸せとは?愛とは?何が本当に幸せなのか?
七つの大罪を元に書かれた原作に、舞台ならではの1人1人のキャラクターを掘り下げ、それぞれが持つ個性豊かなキャラクター達が物語を繰り広げるエンターテインメントステージだ。

〈公演情報〉
grief_logo_b
 
『GRIEF7』Sin#2
演出◇錦織一清
脚本◇三浦 香
音楽◇金子隆博
原作◇野村桔梗
出演◇米原幸佑、加藤良輔、SHUN(Beat Buddy Boi)、三浦海里 ほか
●9/4〜9◎東京 紀伊國屋ホール
●9/20〜24◎大阪  ABC ホール
  
c2019CLIE/G7





『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki 

障害の有無を超えた身体表現。ストップギャップ ダンスカンパニー『エノーマスルーム』3月に上演!

『エノーマスルーム』s【世田谷パブリックシアター】
撮影:Chris Parkes
 
東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えた本年3月、障害の有無を超え、芸術性の高い舞台作品を創作し続けているストップギャップ ダンスカンパニーの最新作『エノーマスルーム』が上演される。
2ストップギャップ ダンスカンパニーは1997年の設立以来、“人と違うこと―それは私たちの存在理由であり、私たちの生き方そのものだから” をコンセプトに、障害のあるダンサーと障害の無いダンサー、それぞれの身体性、経験、知的能力の可能性を活かして芸術性の高い舞台作品の創造を続けてきた。
2008年にブリティッシュカウンシルと  JCDN(ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)が、日本各地で開催した「Dance Life Festival」で初来日、ワークショップやデモンストレーションを行った彼らが、今回初めて世田谷パブリックシアターで公演を行う。
 
『エノーマスルーム』の原題は「果てしのない部屋」という意味で、リビングルームを舞台に、妻であり母(ジャッキー)を亡くした夫(デイヴ)と、娘(サム)の記憶と現実がめくるめき交差する。デイヴとサム、2人のそれぞれの思い出の中のジャッキー、そして彼らの妄想の中に新たに生まれたユニークなキャラクター・チャックが、観客を迷宮の世界へと誘っていく。
 
「ダンスを 新しいジャンルへと導く舞台」 (英・Disability Arts Online)とも評され、ダンスはもちろんのこと、演劇的なシーンやどこか温かみのある印象的な美術、幻想的な曲調からロックまで様々な音楽が舞台を彩る。パフォーミングアーツの無限の可能性をぜひ劇場で体感してほしい。

【あらすじ】
妻ジャッキーの突然の訃報に悲しみに暮れる夫デイヴ。娘のサムもまた、亡くなった母との日々を回想します。いつしか二人の思い出は幻となり、ついにそれぞれが思い描くジャッキー(たち)が目の前に同時に現れます。そこに、妄想と現実、二つの世界を結ぶ案内人チャックが登場、物語は思わぬ方向へと動きだし・・・。

海外劇評】
悲しみと忘却がみごとなまでに出会い溶け合う ―Bachtrack(英)
安らぎと挑発がラストに向かってもたらす驚くべき衝撃 ―Exeunt(英)
ダンスを新しいジャンルへと導く舞台 ―Disability Arts Online(英)

 【コメント】
芸術監督/ルーシー・ベネット 
最新作『エノーマスルーム』を 2019 年 3 月に日本で上演できることを、ストップギャップ ダンスカンパニーメンバー一同心待ちにしています。本公演を通じて、パフォーマーが互いの多様性を受け入れることによってオリジナリティー溢れる唯一無二の作品が生み出されている、ということを観客のみなさんにご紹介できましたら、それはこの上ない喜びです。

【ワークショップ情報】
「ストップギャップダンスカンパニー  インクルーシヴダンス  ワークショップ」
日時:2019/3/11(月)14:00 - 20:00 会場:あうるすぽっと
対象:インクルーシヴダンスの作品を創ることに興味がある方、ダンサー、ダンス経験者
主催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)/豊島区
このほかにもワークショップを開催予定。詳細は決定次第劇場 HP にてお知らせいたします。
※インクルーシヴ(=わけ隔てのない)ダンス:障害の有無や年齢・性別・舞踊経験などに関わらず、身体の動きを通して交流する表現活動

〈公演情報〉
ストップギャップ ダンスカンパニー 
『エノーマスルーム』
アーティスティック ディレクション◇ルーシー・ベネット
出演◇デーヴィット・トゥール、ハンナ・サンプソン、ナデン・ポアン ほか
●3/8・9◎世田谷パブリックシアター
〈料金〉一般4,000円 ペア7,000円 高校生以下1,500円 U24 2,000円 ほか各種割引あり
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515
  https://setagaya-pt.jp/performances/201903stopgap.html 
●3/3◎神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) プラザホール
●3/16◎北九州芸術劇場  小ホール


 


『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki
 

劇団チョコレートケーキの代表作の1つ『治天ノ君』10月に上演!

156_fixw_640_hq
『治天ノ君』2016年公演より西尾友樹、松本紀保/撮影:池村隆司 

劇団チョコレートケーキの傑作として知られる『治天ノ君』が、10月に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演されることが決まった。

代表・日澤雄介の演出、古川健の劇作により、史実や実際の事件などを題材した骨太な作品を多く上演し、評価を得ている劇団チョコレートケーキ。本作では大正天皇の一代記を描き、第21回読売演劇大賞 選考員特別賞、優秀男優賞、優秀女優賞を受賞。16年には、国内やロシアで巡演ツアーを行った。 
今回もキャストは16年の公演で大正天皇と皇后を演じた西尾友樹、松本紀保、また岡本篤、浅井伸治、青木シシャモ、菊池豪、佐瀬弘幸、谷仲恵輔、吉田テツタが続投する。

激動の明治・昭和に挟まれた『大正時代』。
そこに君臨していた男の記憶は現代からは既に遠い。
暗君であったと語られる悲劇の帝王、大正天皇嘉仁。
しかし、その僅かな足跡は、
人間らしい苦悩と喜びの交じり合った生涯が確かにそこにあったことを物語る。
明治天皇の唯一の皇子でありながら、家族的な愛情に恵まれなかった少年時代。
父との軋轢を乗り越え、自我を確立した皇太子時代。
そして帝王としてあまりに寂しいその引退とその死。
今や語られることのない、忘れられた天皇のその人生、その愛とは

〈公演情報〉
劇団チョコレートケーキ 第31回公演『治天ノ君』
脚本◇古川健
演出◇日澤雄介
出演◇西尾友樹、岡本篤、浅井伸治 / 青木シシャモ、菊池豪、佐瀬弘幸、谷仲恵輔、吉田テツタ / 松本紀保
●10/3〜14◎東京芸術劇場 シアターイースト
〈チケット〉7月発売予定








『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki

石丸さち子×伊藤靖浩による感動作を東 啓介&青野紗穂が演じる! ミュージカル『Color of Life』ビジュアル発表!

「Color of Life」表面

演出家・石丸さち子と音楽家・伊藤靖浩のタッグで作られ、傑作として評価も高いミュージカル『Color of Life』。5月1日から27日までDDD青山クロスシアターにて上演されるが、その新ビジュアルがこのほど発表された。

ミュージカル『Color of Life』は、New Yorkで開催されるオフ・オフ・ブロードウェイ演劇祭「Midtown International Theatre Festival」で、最優秀ミュージカル作品賞、最優秀ミュージカル演出賞、最優秀作詞・作曲賞、最優秀ミュージカル主演女優賞を受賞した。
日本では2016年に日本語で日本初演(上口耕平×AKANE LIV、鈴木勝吾×はねゆりの二組が演じた)、第24回読売演劇大賞上半期「作品賞」と「演出家賞」のベスト5にノミネートされるなど、高い評価を得て、観客からの強い要望に応え、2016年、上口・AKANEコンビで再演された。
ミニマムで想像力を刺激する演出、歌から溢れ出す情感、キャンバスに見立てた真っ白い世界に生まれていく色の鮮やかさは、様々な反響を呼んだ。
出演者はたった二人。俳優の個性を活かした演出は、組み合わせにより同じ作品でありながら全く違う色を見せるため、様々なキャスティングの上演を期待する声が寄せられている。

【Story】
男は画家。大震災を機に、画題を見失ってしまった。
女は女優。心から愛した同性の恋人と死に別れたばかり。
二人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、惹かれあい、N.Y.の彼女の部屋で一緒に暮らし始める。
二重国籍で同性愛者の彼女と、絵を描くこと以外に世界とつながる方法のなかった彼は、
相手に向き合い、自分と向き合っていく。パレットの上で混じりあう絵の具のように、
人生が響き合い、新しい色が生まれていく。
でも、やがて観光ビザの決めた90 日の猶予が近づいてきて……。

〈公演情報〉
New Musical 『Color of Life』
脚本・作詞・演出◇石丸さち子
作曲・編曲◇伊藤靖浩
出演◇東 啓介 青野紗穂
●プレビュー公演:4/26◎相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
〈料金〉6,000円(全席指定・税込)
●5/1〜27◎DDD青山クロスシアター 
〈料金〉8,000円(全席指定・税込) 
〈チケット発売日〉3月2日(土)10:00AM〜
〈お問い合わせ〉ワタナベエンターテインメント 03‐5410‐1885(平日11:00〜18:00)
 



えんぶショップ全品セール実施中


kick shop nikkan engeki 

劇団Patch×TRUMP series 10th Anniversary『SPECTER』キービジュアル発表!

_specter_flyf-1

本年3・4月に上演する、劇団Patch×TRUMP series 10th Anniversary『SPECTER』のキービジュアルが発表された。
本作は劇団 Patch の6回目の本公演として上演された人気作「SPECTER」を、 TRUMP シリーズ 10 周年を機にキャストも新たにリニューアルするもので、永遠の命を持つ吸血種「TRUMP」をめぐる不老不死伝説として人気の作品。

【役名と出演者】
臥萬里:松井勇歩
石舟:竹下健人
クラナッハ:田中亨

ヒューゴ:井上拓哉
サトクリフ:納谷健
バルトロメ:藤戸佑飛
グレコ:尾形大悟

カルロ:星璃
シャド:三好大貴
トルステン:吉本考志

クラウス:中山義紘

ノーム:下川恭平
ローザ:松原由希子
ハリエット:齋藤千夏
ロダン:立花明依
萬里ソロカット
臥萬里:松井勇歩
石舟ソロ
石舟:竹下健人
ヒューゴソロ
ヒューゴ:井上拓哉
サトクリフソロ
サトクリフ:納谷健
クラウスソロ
クラウス:中山義紘

【あらすじ】
「この村は死んでいるのと同じだ────」
外界との関わりを絶つ森奥深くのネブラ村で、猟奇的な連続殺⼈事件が起こる。
それは繭期[⼈間でいう思春期]を迎えた吸⾎種の少年少⼥たちを収容する施設「クラン」から脱⾛した四⼈の吸⾎種たちの仕業であった。著しい情緒不安定に陥る繭期の少年たちは、ある⽬的のために凶⾏を重ねていた。
ひとりの村⼈が掟を破り、事件解決のために部外者であるヴァンパイアハンターを村に招き⼊れる。だが調査が進むうち、村⼈たちが抱える秘密の蕾が緩やかに綻びを⾒せていく。村⼈たちはなにを隠しているのか︖  繭期の吸⾎種たちはなにを⽬論んでいるのか︖  やがて、吸⾎種たちの間で語り継がれる伝説上の吸⾎種「TRUMP」の不⽼不死譚と、「永遠に枯れない花」をつくろうとする植物学者の悲恋が事件と繋がりを⾒せる時、その秘密は⽩⽇のもとへと曝されていくこととなる……。
 
〈公演情報〉
末満健一 produce 「TRUMP」シリーズ 10 周年連動企画
劇団Patch×TRUMP series 10th Anniversary『SPECTER』
脚本・演出◇末満健一
出演◇松井勇歩 竹下健人 田中亨 井上拓哉 納谷健 藤戸佑飛 尾形大悟 星璃 三好大貴
吉本考志 中山義紘(以上、劇団Patch)
下川恭平 松原由希子(匿名劇壇) 齋藤千夏 立花明依 ほか
●3/29〜31◎森ノ宮ピロティホール  
●4/19〜21◎本多劇場 ■チケット
〈料金〉前売 7,000 円(全席指定・税込) 
〈公式HP〉TRUMPシリーズ10thサイト https://trump10th.jp/  
〈公式HP〉SPECTER公式サイト https://www.west-patch.com/event/specter2019/ 






えんぶショップ全品セール実施中


kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について