観劇予報

『向日葵かっちゃん』舞台化決定!

ニュース

劇団チョコレートケーキの古川健がナチス政権下の市民意識の変化を描く! 青年座公演『旗を高く掲げよ』

青年座『旗を高く掲げよ』チラシ
青年座劇場が、まもなく50年を迎えようとしている。1969 年に開場したこの劇場は、常に新しい創造の場だった。そして、今年も演劇界注目の劇作家の新作を連続上演が決まっている。

その第1弾が劇団チョコレートケーキの古川健が書き下ろす『旗を高く掲げよ』。タイトルは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党歌からとった。古川健は、歴史上の出来事を題材に独自の視点で骨太な戯曲を創作する作家として高い評価を受けている。演出は新作の立ち上げに定評のある黒岩亮、最近では、野木萌葱作『崩れゆくセールスマン』『外交官』などを手がけている。

「模範的なファシストは、模範的な市民でありえる」。言い換えれば、「模範的な市民は、模範的なファシストになりうる」を基本テーマとして、第二次世界大戦下(1938 年〜45 年)のドイツ・ベルリンを舞台に、一人の男とその家族が変貌する様を序章と終章を含む6つの時代を追って描き出す。
「知的と誠実とナチの三項連立はない」、これはナチスが政権を握るとスイスに亡命した小説家トーマス・マンの言葉とされる。つまり知的で誠実であればナチでないし、知的でナチなら誠実でないし、ナチで誠実なら知的でないということだ。ナチス政権下、SS(ナチス親衛隊)という組織の中で生きる一般市民の意識変化を、私達の市民生活に重ね合わせることで、現代日本人に警鐘を鳴らす。

【ものがたり】
1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、第二次世界大戦は勃発した。その前年から物語は始まる。
歴史教師のハロルドは善良なる市民。妻レナーテ、娘リーザ、妻の父コントラートとベルリンに暮らすミュラー家は、ごく一般的なドイツ人家庭。1938 年 11 月、ドイツ各地で起こったユダヤ人に対する組織的暴動事件(水晶の夜)直後、事件を受けて亡命を決意したユダヤ人の友人オットーが今後のドイツを憂える。妻レナーテはナチス支持者で、時流に乗らない夫ハロルドに物足りなさを感じている。夫、妻、義父、夫の友人、妻の友人、それぞれの立場からナチスドイツを語る。
その数日後、SS(ナチス親衛隊)の友人ペーターが、ハロルドに歴史の専門知識を活かした仕事をしてほしいとSSへの入隊を奨める。乗り気のレナーテに対し、二の足を踏むハロルドだったが……、迷いながらもついに入隊を決断する。
1940年7月フランスの降伏、1942年4月ホロコースト(ユダヤ人の組織的大量虐殺)開始、1944年9月ドイツ軍敗色濃厚、1945年4月ベルリン陥落寸前、そして……。ドイツ崩壊が進むにつれ、反比例するかのようにナチスへ傾倒していく家族。ナチス独裁政権下のベルリンを舞台に、物語は時を移して転がっていく。
 
【キャスト】
ハロルド・ミュラー(夫)………………石母田史朗 
レナーテ・ミュラー(妻)………………松熊つる松 
リーザ・ミュラー(娘)…………………田上唯 
コンラート・シュルツ(祖父)…………山野史人 
ロッテ(娘の友人)………………………市橋恵 
ペーター・マイヤー(SS の友人) ……豊田茂  
バウワー(副官)…………………………鹿野宗健 
ヘルガ・シュヴァルツ(妻の友人)……渕野陽子 
オットー・ワルター(ユダヤ人)………嶋田翔平 
ブルーノ・コッホ(障がい者の友人)…小豆畑雅一 

本公演期間中に、本年度新作を書き下ろす劇作家や青年座劇場に縁のある演劇人をゲストとして招き、青年座劇場4公演を横断するリレー形式のアフタートークを開催する予定。

〈公演情報〉
劇団青年座 227 回公演
『旗を高く掲げよ』
作◇古川健(劇団チョコレートケーキ)
演出◇黒岩亮
出演◇山野史人 石母田史朗 小豆畑雅一 豊田茂 嶋田翔平 鹿野宗健 渕野陽子 松熊つる松 田上唯 市橋恵
●7/28〜8/6◎青年座劇場
☆7/31 終演後「劇作家リレートーク VOL1」(詳細は HP にて)
〈料金〉一般 4,200円 U25[25歳以下]3,000円(全席指定・税込)※初日割引(7/28)3,000円
〈前売開始〉6月13日
〈お問い合わせ〉劇団青年座 0120-291-481(チケット専用 11時〜18時、土日祝日除く)
〈青年座ホームページ〉http://seinenza.com





『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

勘九郎・染五郎・七之助で野田秀樹の傑作『野田版 桜の森の満開の下』を8月に歌舞伎座で上演!

kabukiza_201708fl_23b0052dfd01725c99dc33140b46543e

野田秀樹の作・演出で傑作として知られる『贋作(にせさく) 桜の森の満開の下』が、『野田版 桜の森の満開の下』となって、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」の第三部に上演されることになった。

歌舞伎座における野田作品は、これまで01年『野田版 研辰の討たれ』、03年『野田版 鼠小僧』、08年『野田版 愛陀姫』と、三作品が発表されている。
 
この『野田版 桜の森の満開の下』は、劇団夢の遊眠社時代に『贋作 桜の森の満開の下』として1989年に初演。坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」をモチーフに、飛騨匠と国盗りの物語に男女の破滅的な愛を絡めた重層的な作品で、野田戯曲の中でも屈指の傑作として人気を誇っている。92年に夢の遊眠社公演として再演されたのち、01年に新国立劇場主催で再々演された。
今回は、野田と親交のあつかった故中村勘三郎との縁を引き継いで、息子の中村勘九郎が主演、新たに歌舞伎作品として立ち上げる。

【配役】
耳男    勘九郎
オオアマ  染五郎
夜長姫   七之助
早寝姫   梅枝
マナコ   猿弥
赤名人   亀蔵  
エンマ   彌十郎
ヒダの王  扇雀

なお「八月納涼歌舞伎」の第一部は、『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』『玉兎(たまうさぎ)』『団子売(だんごうり)』。
長谷川伸による新歌舞伎の名作『刺青奇偶』では中車と七之助が夫婦を演じる、また『玉兎』は、中村勘九郎の長男勘太郎が、おとぎ話にちなんだ舞踊に一人で挑戦する。『団子売』は十八世勘三郎&十世三津五郎の名コンビで度々上演された舞踊を、猿之助と勘九郎の顔合わせで上演する。

第ニ部は、『修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)』と『東海道中膝栗毛 (とうかいどうちゅうひざくりげ)歌舞伎座捕物帖』。
『修禅寺物語』は、初代坂東好太郎三十七回忌、二世坂東吉弥十三回忌追善狂言。父、兄の追善に寄せて、坂東彌十郎をはじめとしたゆかりの俳優が勤める。『東海道中膝栗毛』は、昨年の納涼歌舞伎で話題を集めた染五郎・猿之助の弥次さん喜多さんの珍道中。今回は、歌舞伎座を舞台にしたミステリー仕立てのストーリーとなる。
※昨年の『東海道中膝栗毛』はシネマ歌舞伎として、6月3日から東劇ほか全国で上映中。


〈公演情報〉
「八月納涼歌舞伎」
第一部 「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」
    「上 玉兎(たまうさぎ)」
    「下 団子売(だんごうり)」
第二部 「修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)」
    「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」
第三部 「野田版 桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)」
●8/9〜27◎歌舞伎座
第一部 午前11時〜
第二部 午後2時15分〜
第三部 午後6時30分〜
〈料金〉1等席15,000円 2等席11,000円 3階A席5,000円 3階B席3,000円 1階桟敷席17,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉7月12日(水) 
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹 0570-000-489 

ディスグーニーが人気作3本を一挙上演する『From Three Sons of Mama Fratelli』間もなく開幕!

IMG_2476

ディスグーニーとは、劇団「AND ENDLESS」で20年近くに渡り、全ての作・演出を手がけ、実績を残してきた西田大輔が、2015年3月に設立したカンパニー。「創ることは出逢うこと」をテーマに掲げ、演劇界のみならず広い視野でのエンターテイメント界で、俳優達との新たな冒険を目指し、自ら舞台作品の創作・製作・興行を展開。 本公演は2015年より3回行い、いずれも好評を博している。
 
その第4弾となる今回は、ディスグーニー設立の2015年11月に上演した『From Chester Copperpot』の系譜を継ぐ3作品一挙上演を再び敢行。西田大輔オリジナル作品の中から、新たな珠玉の3作品を選出して上演する『From Three Sons of Mama Fratelli』(フローム スリーサンズ オブ ママ フラッテリー)。タイトルの意味は、映画『グーニーズ』に登場する悪逆ギャングのフラッテリー一家。フラッテリー・ママと3人の息子(ジェイク、フランシス、スロース)を象徴している。
 
今回、日替わりで上演する3作品は、フランスの国民的ヒロイン、ジャンヌ・ダルクを題材とした『GOOD-BYE-JOURNEY』、盗賊の石川五右衛門が春の宵を疾走する『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』、平賀源内と彼が創ったからくり人形を見つめる杉田玄白の物語『SECOND CHILDREN』。
いずれの作品も人気度が高く、且つ西田大輔の創る異なる作品の世界観がそれぞれに楽しめる作品ばかりだ。その稽古風景がこのほど公開された。

『GOOD-BYE-JOURNEY』
 
 
IMG_2455
プロローグ。普通の少女でしかないジャンヌ・ダルク(文音)。彼女が初めて民衆の前に立って演説するまでのシーン。ジャンヌを、王シャルル(村田洋二郎)の前にジャンヌを連れてこようとするジル・ドレ(中村誠治郎)。

 
IMG_2426
オリヴィエ(田中良子)は「一人の少女に国を救えるのか」と反発するが、シャルルは決断する。オリヴィエに「お前はジャンヌと共に歩め。その救世主が生きるも死ぬもお前次第だ。共に墓まで。忘れるな」。

IMG_2449
ジル・ドレに代わり全軍の指揮をとるアラン(斉藤秀翼)のもとで、戦うジャン(伊坂達也)そして彼に付き添うリング(伊藤孝太郎)、

IMG_2518
オリヴィエが叫ぶ「我々はオルレアンを開放する!」そこに1つの光のように入ってくるジャンヌの神々しい姿。

IMG_2533
フランス軍がイギリス軍を打ち破り、オルレアンを開放するシーン。
オルレアンの前線。ジャンヌとアラン、ロベール(桜田航成)、リングがいる。「あなたを失うことはこの国の終わりを意味します。ご理解ください。」。

IMG_2541
戦いの中で傷を負うジャンヌ。だが彼女はゆっくり立ち上がり、前に進む。リングが叫ぶ「イギリス軍が引いている」。ジャンヌ「私は天から光を受けた。これは聖戦である!オルレアンを開放する!春をこの場所に!この場所が春だ!」

『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』

IMG_2557
プロローグ。稽古場が闇になっている。やがてそれぞれの手に持つ光が闇に光を放つ。

IMG_2576
猫の桔梗(田中良子)が独り言を始める。「お天道様が見放した、こんな枯れる山にも灯りはあります
もんで…この世の本当の闇なんて、あるわけないんです」

IMG_2597
同じく猫の女郎花(谷口賢志」が嘆く。「あぁ 悲しかろ、のたりのたりとまほろばよ…」

IMG_2564
やがてがばりと目覚めるんは秀吉(窪寺昭)、なにかを盗まれることに怯えている。そこへ茶々(佃井皆美)が登場。怯える秀吉をからかうようになだめる。
  
IMG_2622
次は二幕頭。佐吉こと石田三成(川隅美慎)に連れられて家康(SHOGO)が秀吉の元を訪れる。

IMG_2603
風呂敷を開けると茶碗『愚朝の月』。坊主の利休(平山佳延)が「朝を迎えるのが愚かなほど極上の湯をたてる茶碗です」と解説する。それを信長から貰った家康だが、「俺にとっては命の次に大事な天下の家宝だ。だからお前に渡す。欲しかったんだろ」。
 
IMG_2629
皆が去ると、女郎花が入ってくる。2人のやり取りから茶々の記憶、母のお市(角島美緒)との光景が浮かび上がる。

IMG_2635
やがて女郎花(光秀)が声をかける。お市様、支度は整いましたか?」
茶々が驚く。「どうして、どうしてあなたが…」そんな茶々に女郎花は問いかける。「覚えていませんか?私も…忘れていませんよ」

『SECOND CHILDREN』 
 
IMG_2639
人とのコミュニケーションが苦手な麓郎と、キーとなるからくり人形(奏雪)のシーン。

IMG_2650
奏雪のためにかんざしを作ったが、受け取ってもらえなかった麓郎(相馬圭祐)。

IMG_2656
それを見つけたからくり人形(安藤遙)「それ渡すの?綺麗だねぇ、喜ぶよ、きっと」。麓郎「そんなこと言うのやめろ。お前は奏雪じゃない」

IMG_2642
「もうやめてくれ…これ以上みじめにさせないで…お願いだから」傷ついた麓郎を優しく慰めるからくり人形。

【西田大輔コメント】
 
IMG_2658
俳優たちとともにオリジナルでゼロから一の作品作りをやるべきだと思っていて、今、僕が信頼している俳優たちと毛色の違う3作品を、精一杯作ってます。何か演劇でしか体験できない面白さが、詰まっているような気がしますし、演劇用に作られた、演劇だからこそ生きる作品たちなので、ぜひとも体感していただければ嬉しいです。1粒で二度おいしい公演です。よろしくお願いします。

〈公演情報〉
DIS GOONie Presents Vol.4
『From Three Sons of Mama Fratelli』
作・演出◇西田大輔
『GOOD-BYE-JOURNEY』出演◇文音 中村誠治郎 田中良子 伊坂達也 平山佳延/村田洋二郎 斉藤秀翼/谷口賢志 ほか
『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』出演◇田中良子 谷口賢志/佃井皆美/窪寺昭 村田洋二郎/SHIGO(175R)/川隅美慎/角島美緒 西田大輔 ほか
『SECOND CHILDREN』出演◇萩野崇/角島美緒 谷口賢志 高橋良輔/相馬圭祐/田中良子/安藤遙  ほか
●6/9〜18◎Zeppブルーシアター六本木
●6/30〜7/2◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈ディスグーニー HP〉http://disgoonie.jp/stage/vol4/#ancerTop
 


動物電気の単行本を発売します!! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

日刊☆えんぶの人気コラム「ふれあい動物電気」が堂々単行本に!


表紙

「ふれあい動物電気!愉快な家庭訪問」
〜座長・政岡泰志が動物電気メンバーの暮らす街々でぶらり。珠玉のワンデイトリップ〜
著者:動物電気 
編集・発行:(株)えんぶ
定価:本体1.200円+税

動物電気座長・政岡泰志さんが、2015年秋から2017年春にかけて、動物電気のメンバーの住む町を訪問、時には劇団員のお宅にお邪魔しての心温まる交流ぶりは、読み進むうちにおもわず微笑まざるを得ない場面に遭遇、思いもよらぬ“癒やしの効果”があります。ガイド本ともひと味もふた味も違った“ならではの”街々の面白スポットにも出会えて、お得感満載です! まあ、ほぼずっこけ珍道中なのですが。動物電気公演会場及び、えんぶ☆ショップの2カ所で6/3(土)より販売開始です!

buy




【目次】(途中のデータのため、赤点線・青線が入っております。本誌では入っておりませんので、ご了承ください)
目次



【本文の一部を公開】
1
1
2

3
5
6
7
8
9
10

【愉快な家庭訪問/色々ランキングby政岡泰志】
11


【公演情報】
動物電気 2017初夏公演
『タイム! 魔法の言葉』
PR
作・演出◇政岡泰志
出演◇小林健一 辻修 森戸宏明 高橋拓自 松下幸史
石崎和也 ヨシケン改 吉田麻生 姫野洋志 政岡泰志
帯金ゆかり 坂本けこ美 尾崎桃子 松本D輔 宮下今日子

2017年6月3日(土)〜11日(日)◎下北沢駅前劇場

http://www.doubutsu-denki.com/


buy



kick

shop

nikkan

engeki

FUKAIPRODUCE羽衣『愛死に』6/8(木)より東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕!

2010年にFUKAIPRODUCE羽衣が東京芸術劇場で初演した作品『愛死に』が7年ぶりに再演される。

FUKAIPRODUCE羽衣は女優の深井順子が2004年に設立した団体で、作・演出・音楽を糸井幸之介が担当。妙なミュージカル、「妙―ジカル」と称するを音楽劇を上演している。
“妙(みょう)な”は、妙(たえ)なるとも重なり、“愛!”などを中心とした日常ありふれる題材をテーマにしつつ、強引とも思われるほどの力強く、そして繊細な歌、踊、演技で観るものを優しくねじ伏せていくという、他には見られない表現形態で近年活動の幅を広げている。

今作『愛死に』、このド演歌も真っ青なタイトルの作品は、「男と女の愛の蜜月と孤独」を、深夜の劇場で6組の愛の亡霊たちと、そこに忍び込んだ1組のカップルが、歌とセリフと身体で描くものとか。初演から7年、表現者として培った数々の体験をもとに作り上げる『愛死に』は、霊妙な調べとなってあなたの孤独な心に届くであろうこと必定です!

Fukai

【深井順子コメント】
FUKAIPRODUCE羽衣の深井順子です。
今回「 愛死に」というタイトルのお芝居を上演いたします。あいじに、と読みます。このお芝居は七年前にも上演しました。そのときわたしはまだ三十の前半で愛を追い求めてばかりいました。愛死にの意味もわからず追い求めてばかりいた。今年四十になる私ならこの愛死にの意味が分かるかと思いましたがまだ辿り着けません。まだ追い求めています。「愛死に」というタイトルを聞いただけで、今は、泣きそうな気持ちです。けれどお客さんには笑いながら泣いてくれないかなあ、とか想像してます。

〈公演情報〉
new_aishini
FUKAIP ODUCE羽衣 第21回公演 『愛死に』
プロデュース◇深井順子
作・演出・音楽◇糸井幸之介
出演◇深井順子 日盞鴫陝仝駭属照 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵 平井寛人 (以上、FUKAIPRODUCE 羽衣)
伊藤昌子 野上絹代(FAIFAI/三月企画) 山森大輔(文学座)  荒木知佳
※本公演、出演者の変更がございました。詳しくは公式サイトをご参照ください。
6/8 (木)~18(日) ◎東京芸術劇場 シアターイースト 
https://www.fukaiproduce-hagoromo.net/





動物電気の単行本を発売します!!




kick

shop

nikkan

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について