稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

松岡充主演。劇団鹿殺し『不届者』お得なチケット販売中!

ニュース

劇団☆新感線『髑髏城の七人』"Season月"キャスト発表!

news_header_fukushisota_miyanomamoru
福士蒼汰・宮野真守

豊洲のIHIステージアラウンド東京で上演中の〈髑髏城の七人〉シリーズ、“Season月”のキャストが発表になった。
“Season花”では2011年版をよりブラッシュアップさせた王道スタイル、“Season鳥”では歌とダンスを取り入れ、“Season風”では13年ぶりに一人二役バージョンを復活させるなど、さらなる進化を遂げてきたが、“Season月”では、劇団☆新感線としても初挑戦となる2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制となる。

主人公の[捨之介]には、“上弦の月”は福士蒼汰、“下弦の月”に宮野真守。史上最年少で捨之介を演じる初舞台の福士と、声優・俳優として圧倒的な人気を博す宮野が、このダブルチームの座長として、アジア初の新劇場に挑む。
[天魔王]には、“上弦の月”では、現在“Season鳥”で蘭兵衛を演じている早乙女太一が初挑戦、“下弦の月”では、舞台『刀剣乱舞』の主人公・三日月宗近役などで活躍中の鈴木拡樹が扮する。
[蘭兵衛]は、“上弦の月”では、2度目の舞台出演となる三浦翔平、“下弦の月”では、舞台『弱虫ペダル』や『ダイヤのA』などで活躍する廣瀬智紀。
[兵庫]は、“上弦の月”の須賀健太と、“下弦の月”の木村了。共に、『鉈切り丸』などでいのうえ演出を経験済みの若手実力派が担う。
さらに、[沙霧]改め[霧丸]となる役どころを、“上弦の月”では『ロミオ&ジュリエット』や『RENT』などのミュージカルで活躍する平間壮一、“下弦の月”では『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト役で注目を集めた松岡広大が演じる。
そして、このフレッシュな顔ぶれを支え、さらに彩りを与える[極楽太夫]には、“上弦の月”は、1997年の再演版と2004年の『アオドクロ』版で極楽太夫を演じた高田聖子、“下弦の月”では1990年の初演版で極楽太夫を演じ、新感線の本公演には17年ぶりの出演となる羽野晶紀が演じる。
また[狸穴二郎衛門]は、演劇界をリードしてきたベテラン俳優の二人が扮し、上弦の月”では渡辺いっけいが“、“下弦の月”では千葉哲也が演じ、物語をグッと引き締める。

劇団☆新感線初となるダブルチーム制で、これまで以上にフレッシュな顔ぶれが揃い、見応え十分の『髑髏城の七人』が誕生する。
また今回発表となった情報として、この”Season月”のあとに”Season極”を上演することが決定致した。詳細は後日発表となる。

福士蒼汰コメント
自分が生まれる前から上演されている「髑髏城の七人」の捨之介を演じるのはとても不思議な気がしますが、期待に胸が膨らみます。客席が回転する劇場は、役者の動きと同時に客席が周ることでより一層役者の心情に寄り添えるような、不思議な感覚でした。
“花・鳥・風・月”と、同じ役を複数で演じる中の一人というのはなかなか経験出来ませんし、観劇いただくのもそれぞれのキャラクターの差が見られて楽しんでいただけると思います。
中島かずきさんはデビュー当時(仮面ライダーフォーゼ)からずっと見守ってくださっているので、自分自身の初舞台でまたご一緒できることは本当に心強いです。
ダブルチームとして同じ役を演じる宮野真守さんは、声優や歌手としても活躍されていてとても多才な方だなという印象です。千秋楽まで一緒に走って行きたいと思います。
初舞台で、それも最年少で捨之介を演じさせていただくので、新しい風を吹かせられたらいいなと思っています。思いっきり楽しんで、思いっきり演じ切りたいです。

宮野真守コメント
まさか自分にオファーをいただけるなんて思ってもいなかったので、チャンスをいただけたことに感謝し、立ち向かいたいと思いました。福士(蒼汰)さんと同じ役を演じさせていただくことはとても嬉しくて心強いです。エネルギッシュで若さあふれる福士さんと共に、僕も僕らしく捨之介に臨んでいきたいと思います。
“Season 花”を観て、そのスケールの大きさに圧倒されました。役者の皆さんのエネルギーをすごく感じたので、観る人たちはそこに心震わされるのだと思います。
僕にとって間違いなくとてつもなく巨大な戦いになると思うので、そこに立ち向かっている姿を皆様にぜひ観ていただきたいですし、観に来てくださった皆様をあっと驚かせるような表現をして楽しんで帰っていただけるように頑張ります。

中島かずきコメント
「髑髏城の七人」Season月で捨之介を演じていただく福士蒼汰くんと宮野真守くんは、実は二人とも、おそらく新感線の中で一番接点があるのが僕なんですよね。福士くんは、僕が脚本を担当した「仮面ライダーフォーゼ」の主役オーディションで出会ってから、その後もずっとその成長を見守ってきました。まさに「フォーゼ」がスタートだったようなものですから、あの彼が捨之介を演じてくれるなんて、感慨深いです。しかも彼にとってはこれが初舞台で、最年少の捨之介になるわけですからね。「ガンバレ!」という気持ちでいっぱいです。そして宮野くんとは「戯伝写楽」という舞台でご一緒しているのですが、これがいろいろと大変な思いをした公演で、その苦楽を共にしたということもあってとても思い出深いんです。今回このタイミングで、この大舞台で彼の捨之介が観られることは本当にうれしいですね。二人揃って陽性の華を持っていますから、それがきっとスターとしての強い光を放つことと思います。僕自身もとても期待していますし、楽しみにも思っています。

いのうえひでのりコメント
そもそも今回の「髑髏城の七人」“花・鳥・風・月”は、全体的にいろいろなことに挑戦しているわけですが、そんな中でも特に“Season月”は“チャレンジの度合い”が最高難度の公演になると思います。“Season月”の場合はなにしろメインキャストの年齢が2011年版の通称“ワカドクロ”よりもぐっと若いので“超ワカドクロ”という感じですね。芝居の巧さというよりも、真っすぐさ、元気の良さ、アツさみたいなところで勝負してもらいたいと思っています。
福士蒼汰くんはとても真面目そうなイメージがあるので、その部分をぜひいい方向に出してほしいですし、宮野真守くんはおおらかな印象があるので、捨之介役としてきっとイケると思っています。どちらもすらっとしているし、ビジュアル的には絶対大丈夫でしょう。とりあえず僕が現時点で言えることは、とにかくケガのないように最後まで走り切ってほしいということだけですね。


〈公演情報〉
ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月Produce by TBS 
作◇中島かずき
演出◇いのうえひでのり
出演◇
《上弦の月》
福士蒼汰 早乙女太一 三浦翔平 須賀健太 平間壮一 /
粟根まこと 山本カナコ 村木仁 市川しんぺー 人見早苗 横山一敏 /
安田桃太郎 菊地雄人 あきつ来野良 横田遼 下尾浩章 小村泰士 菅田正照 前川孟論
池田竜治 伊藤玻羅馬 大内唯 嶌村緒里江 常川藍里
傳田うに 中根百合香 花瑛ちほ 矢内康洋 吉田大輝
高田聖子 / 渡辺いっけい
《下弦の月》
宮野真守 鈴木拡樹 廣瀬智紀 木村了 松岡広大 /
インディ高橋 中谷さとみ 中村まこと 伊達暁 肘井美佳 安田栄徳 /
藤家剛 工藤孝裕 井上象策 安田桃太郎 長谷川聖 青山郁彦 神田丈志 小笠原祐太
岩田笙汰 内田莉紗 小池亮介 後藤祐香 樹麗
東松史子 中野順一朗 野田久美子 原田賢治 山翔太
羽野晶紀 / 千葉哲也

●2017/11/23〜2018/2/21◎IHIステージアラウンド東京
〈料金〉13,000円 サイド12,500円(全席指定・税込)
〈発売日〉前期 2017/10/1(日)10:00〜/後期 2017/11/26(日)10:00〜

異能アクションバトル漫画『文豪ストレイドックス』横浜・大阪・東京で上演決定!

news_header_bungo_visual

歴史上の名だたる文豪たちを現代風にキャラクター化し、架空の都市[ヨコハマ]を舞台に繰り広げる異能アクションバトル漫画「文豪ストレイドックス」。コミックシリーズ累計500万部を突破し、アニメ化、ノベライズ化、さらに2018年春にはアニメーション映画が公開されるなど、ますます勢いを増している。
この漫画を舞台化、年末から来年2月にかけて、横浜・大阪・東京で上演されることが発表された。またこのほど、そのメインキャラクターである中島敦役の鳥越裕貴、太宰治役の多和田秀弥、そして国木田独歩役の輝馬の扮装ビジュアルが公開された。

本公演の演出を務めるのは、新進気鋭の演出家・劇団「柿喰う客」の代表、中屋敷法仁。ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の脚本や、舞台『黒子のバスケ』の脚本・演出など、劇作家・演出家として劇団外部でも数々の活躍をしている中屋敷が、文豪たちのアクションバトルをどう演出するのか期待が集まる。
 
主演は、『弱虫ペダル』『刀剣乱舞』など数々の話題作で舞台を踏み、本作で初主演を務める鳥越裕貴。共演に、2.5次元作品へは12〜14年に渡り出演したミュージカル『テニスの王子様』以来の出演となる多和田秀弥、2.5次元ミュージカルへ多数出演し欠かせない存在である輝馬などが決定した。全キャストは以下の通り。
鳥越裕貴(中島 敦)、多和田秀弥(太宰 治)、輝馬(国木田独歩)、長江崚行(江戸川乱歩)
桑野晃輔(谷崎潤一郎)、堀之内仁(宮沢賢治)、今村美歩(与謝野晶子)、橋本祥平(芥川龍之介)
正木航平(梶井基次郎)、桑江咲菜(泉 鏡花)、平田裕香(樋口一葉)、植田圭輔(中原中也)

【あらすじ】
孤児院を追い出され、ヨコハマを放浪する少年・中島敦は、鶴見川で入水していた太宰治を助ける。それをきっかけに、敦は太宰が所属する探偵集団・武装探偵社が追う「人食い虎」の捜索を手伝うことになる。
太宰と共に虎の出現を倉庫で待つ敦に対して、太宰は敦こそが虎の正体だと告げる。実は敦は無意識のうちに異能「月下獣」で虎に変身して徘徊しており、それゆえに孤児院を追い出されていた。
敦は自分の能力を制御出来ず、太宰に襲いかかるが、太宰は相手の能力を無効化する異能「人間失格」を発動して、敦を鎮静化させ、さらに敦が武装探偵社に入社出来るよう尽力する。
入社試験を経て武装探偵社に入社した敦だったが、ヨコハマの港を縄張りにする兇悪なマフィア・ポートマフィアの構成員・芥川龍之介が敦を狙っていたのだった。

漫画、アニメを超え、目の前に現れるイケメン文豪たちが繰り広げる異能アクションバトルに期待が高まる!

〈公演情報〉
舞台『文豪ストレイドッグス』
原作◇テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」
作◇御笠ノ忠次
協力◇朝霧カフカ・春河35
演出◇中屋敷法仁
出演◇鳥越裕貴、多和田秀弥、輝馬、長江崚行
桑野晃輔、堀之内仁、今村美歩、橋本祥平
正木航平、桑江咲菜、平田裕香、植田圭輔
●12/22〜24◎KAAT神奈川芸術劇場(ホール)
〈料金〉S席8,300円、A席7,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)
●2018/1/12・13◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉8,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
●2018/1/31〜2/4◎AiiA 2.5 TheaterTokyo
〈料金〉8,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)
〈チケット公式最速先行〉2017年8月21日(月)12:00〜9月3日(日)18:00
〈公式サイト〉 http://bungo-stage.com/      

c舞台「文豪ストレイドッグス」製作委員会






『明日がある、かな』


kick shopnikkan engeki

井上ひさしの名作朗読劇『少年口伝隊一九四五』林田麻里らの出演で8月9日に上演!

「少年口伝隊」表

原爆投下後のヒロシマ。新聞のかわりにニュースを伝えて歩く「口伝隊」の少年たちがいた――。

井上ひさしが08年2月に書き下ろし、以来、繰り返し上演されてきた名作朗読劇が、映画監督・保坂延彦の演出、林田麻里、石山蓮華、村松えり、國武綾、久田莉子、夏原諒の出演で8月9日に上演される。

【物語】
1945年8月6日朝、米軍機が投下した原爆によって広島は壊滅した。広島の比治山のふもとに住む国民学校6年生の英彦、正夫、勝利の少年3人はかろうじて生き残ったものの、そろって家族を失った。3人は、新聞を発行できなくなった中国新聞社が急きょ組織した口伝隊に雇われ、ニュースを口頭で市民たちに伝える。
しかしニュースの内容を知って、少年たちは大人たちの変節ぶりに激しい怒りをおぼえる。また、アメリカが原爆の「効果」の調査団を送りこんでいると聞いて、英彦の頭の中はくやしさで煮えたぎる。
さらに9月になると、巨大台風、山津波と高潮が広島を襲う──。

「戦争」「災害」「放射能」の中で、懸命に生きようとした少年たちを描いた井上ひさしの感動的な名作だ。 
〈公演情報〉
「少年口伝隊」裏

朗読劇『少年口伝隊一九四五』 
作◇井上ひさし (講談社 刊)
演出◇保坂延彦
出演◇林田麻里/石山蓮華/村松えり/國武綾/久田莉子/夏原諒
演奏(ギター)◇穂高政明/保坂真弓
●8/9(水)119:00 〜◎練馬文化センター 小ホール(つつじホール)
〈料金〉前売3,800円 当日4,200円(全席指定・税込)
練馬文化センター窓口 03-3993-3311(10時〜20時)
 





『明日がある、かな』






kick 

shop 

nikkan 

engeki

る・ひまわり×明治座「祭」シリーズ、『ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭』ビジュアル完成!


る年祭 チラシ表-s

演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、上演を続けてきたシリーズが、今年の年末も開催されるが、その公演『ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭』(通称:る年祭(るとしまつり)のビジュアルが完成した。

本公演は、伝統ある商業演劇スタイルにのっとって、第一部では芝居、第二部ではオリジナルユニットによるショーという2部構成。今年の第一部の演目は『SANADAMA・る』。昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』とそっくりな名前だが、この「る年祭」版では、真田幸村および真田十勇士たちが戦う〈大坂夏の陣〉を、仙台藩伊達氏家臣の片倉重長と隻眼の仙台藩藩主、伊達政宗の目線で語られる。
今回の主演は、安西慎太郎と辻本祐樹の2人で、W座長となる。

●第一部 芝居『SANADAMA・る』
【あらすじ】
関ケ原の戦いから10年。かつての栄光にすがる豊臣と、徳川家康の対立は続いていた。
家康から白羽の矢が立てられたのは仙台藩。片倉重長は、伊達政宗から任務を課せられる。「今日からお前は“根津甚八”だ」。真田十勇士、最後の一人は片倉重長だった!?
迫りくる大坂の陣。政宗の左眼が、重長に見せた景色とは―。

【登場人物】
片倉重長―安西慎太郎 /伊達政宗―辻本祐樹

真田幸村―佐奈宏紀
豊臣秀頼―永田崇人
木村重成―杉江大志
猿飛佐助―小沼将太
霧隠才蔵―碕理人
由利鎌之助―白又敦

海野六郎―田中涼星
直江兼続―蒼木陣
筧十蔵−滝川広大
望月六郎―小原悠輝
三好伊三入道―佐藤貴史
三好清海入道−宮下雄也
小松姫―井深克彦
穴山小助―中村龍介
半蔵―二瓶拓也
天海―加藤啓

徳川家康―滝口幸広
大野治長―林剛史
片倉小十郎―兼崎健太郎

真田信之―内藤大希
伊達成実―木ノ本嶺浩

真田昌幸―大山真志
本多忠勝―原田優一

上杉景勝―松村雄基

淀殿―紫吹淳

【『SANADAMA・る』人物相関図】 
チラシ 中面-s


●第二部 ショー『プロデュース1615』
各戦国芸能プロダクションから選りすぐりのアイドルメンバーがやってきます!1位を獲得し、天下人となるのは誰だ!?

【登場ユニット】
真弾青少年団
 SO(真田オフィス)所属のアイドルユニット。RAPとハードなダンスユニット。 
 
優一の國
 MP<モンペ>(モンスターペアレンツ)所属のアイドルユニット。清き一票を!
 
マーライオンZ
 シンガポールからやってきた!5人組アイドルユニット。世界的大人気のセンター、いたずらっ子の『パーク』、パークの隣に住んでいる幼馴染の弟、『パークジュニア』、そして夜には明るく照らしてくれる優しい『ビーム』、山登りが得意な山ボーイの『フィーバー』、そして『カンコーチョー』の5人組ユニットです。 日本語は苦手ですが、通訳のミスターサダキチ山本が一緒なので安心です★ 
 
MAN WITH A KABUTO
 DTE(伊達エンターテインメント)所属の特徴的な兜をチラッと被っているアイドルユニット。猪苗代湖の奥で眠っていたが最近発見された。本来の姿は兜。人間の心を持ち、主人への想いを歌で表現。


〈公演情報〉

る年祭 ロゴ
「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」
第1部 芝居『SANADAMA・る』 
第2部 ショー『プロデュース1615』
構成・演出:板垣恭一
脚本:赤澤ムック
出演:
安西慎太郎(W主演) 辻本祐樹(W主演)
佐奈宏紀 永田崇人 杉江大志 小沼将太 碕理人 白又敦
田中涼星 蒼木陣 滝川広大 小原悠輝 佐藤貴史 宮下雄也 井深克彦 中村龍介 二瓶拓也 加藤啓/
滝口幸広 林剛史 兼崎健太郎/
内藤大希 木ノ本嶺浩/
大山真志 原田優一/  
松村雄基/
紫吹淳
●2017/12/28〜31◎明治座
●2018/1/13◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉東京/S席12,000円、A席5,800円(全席指定・税込)
    大阪/S席12,000円、A席8,000円、B席4,000円(全席指定・税込)
チケット発売日 東京/9月17日(日)一般発売、大阪/9月23日(土)一般発売
〈公式HP〉http://www.rutoshi.com/





『明日がある、かな』






kick 

shop 

nikkan 

engeki

⽩⽯加代⼦⼥優⽣活50周年記念公演『笑った分だけ、怖くなる』第2弾を10月に上演!

笑怖2宣伝写真

さまざまな演出家の舞台で数々の名演技を披露、また『⽩⽯加代⼦の「百物語」』では「語り物」の新境地を開くなど、女優として大きな足跡を残し続ける白石加代子。今年は⼥優⽣活50周年という節目の年となるということで、その記念公演の1つとして1年半ぶりに『笑った分だけ、怖くなる』シリーズのVol.2を上演する。
 
⽩⽯加代⼦と佐野史郎という強⼒なタッグなくしては実現し得なかったこの企画は、2015年4⽉にVol.1を上演。2つの小説を取り上げて、読み、演じるリーディングドラマで、Vol.1の第⼀ラウンドは、東野圭吾「超税⾦対策殺⼈事件」、第⼆ラウンドは⼩池真理⼦「妻の⼥友達」だった。
⼩野寺修⼆の演出により2⼈が動き、動き、動く! これは朗読劇なのか?ドラマリーディングなのか? 客席がうねりにうねり、笑いに笑い、そしてえもいわれぬ恐怖が待っている。読書中の脳内がそのまま舞台に⾶び出し、五感で⼩説を体感させてくれるような舞台だ!

今回のVol.2で取り上げるのはこの2つ。
■筒井康隆「乗越駅の刑罰」
⼩説家の⼊江は七年ぶりの⾥帰りで乗越駅にやってくる。無⼈と思い切符を出さずに改札を抜けようとすると、駅員に呼び⽌められる。⼊江の弁解を⼀切認めず駅員は⾔葉尻をとらえて執拗に⼊江をイビる。そこに、もう⼀⼈の駅員が来て⼦猫⼊りスープを作り始める。怖くなった⼊江は⾦を渡して逃げようとするが、余計怒りにふれて、無理やり猫スープを飲まされてしまう。そこへ⼦猫の親と名乗る猫男が⼦猫を捜しにくるのだった―― 
『⽩⽯加代⼦「百物語」』シリーズ常連の筒井康隆作品。逃げ場なしの悪夢的状況に佐野史郎はどうなってしまうのか…。
■井上荒野「ベーコン」
⺟は家族を置いて家を出た。その⺟が死んだ。葬式で⺟の恋⼈と出会った「私」。初めてだった。男からそんな⽬で⾒つめられたのは。男の視線につき動かされ、彼の家へ通いつめる「私」。男が作ったベーコンを⾷べたとき、強い衝動に襲われ禁断の愛の味を知る――
佐野史郎熱望により井上荒野にオファー。⽩⽯加代⼦と佐野史郎の禁断の愛はとてもスリリングで濃密…。

シリーズ第二弾の今回、さらに白熱化する白石・佐野のバトル。笑いながら恐怖に落とし込まれる必見の舞台だ!


〈公演情報〉
⽩⽯加代⼦⼥優⽣活50周年記念公演
『笑った分だけ、怖くなる』Vol.2
第⼀ラウンド
筒井康隆 作 乗越駅の刑罰(新潮⽂庫刊『懲戒の部屋』より)
第⼆ラウンド
井上荒野 作 ベーコン(集英社⽂庫)
演出◇⼩野寺修⼆
出演◇⽩⽯加代⼦・佐野史郎
●10/17〜22◎東池袋あうるすぽっと
●11/14◎吉祥寺シアター 
〈料⾦〉全席指定 前売 5800円 当⽇ 6000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉MTP03-6380-6299

●12⽉中旬まで全国ツアー 
10/28(⼟) 武豊・ゆめたろうプラザ 輝きホール
11/3(⾦・祝) 新潟・りゅーとぴあ
11/6(⽉) 札幌・道新ホール
11/11(⼟) 越⾕・サンシティホール
11/17(⾦) ⼤阪・近鉄アート館
11/19(⽇) 名古屋・春⽇井市⺠会館
11/21(⽕)22(⽔)⻄宮・兵庫県⽴芸術⽂化センター 阪急中ホール
11/25(⼟)26(⽇)北千住・シアター1010
12/2(⼟) 相模⼤野・相模⼥⼦⼤学グリーンホール・多⽬的ホール
12/6(⽔) 練⾺・練⾺⽂化センター
12/8(⾦) ⻲⼾・⻲⼾⽂化センター
12/10(⽇) 府中・府中の森芸術劇場 ふるさとホール
12/13(⽔) 多摩・パルテノン多摩 ⼩ホール
12/16(⼟)17(⽇)⽔⼾・⽔⼾芸術館
12/20(⽔) 富⼭・富⼭県⺠⼩劇場 オルビス





『向日葵のかっちゃん』お得なチケット販売中!






kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について