稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ストリップ学園』

ニュース

まつもと市民芸術館プロデュース音楽劇『白い病気』2018年2月上演!

音楽劇「白い病気」
上段/串田和美、藤木孝、大森博史
下段/千葉雅子、横田栄司、西尾友樹

初演当時、大きな衝撃を与えたカレル・チャペックの反戦劇が、串田和美の演出と、実力派の俳優陣によって上演される。

大戦間のチェコスロバキアを代表する作家、カレル・チャペック(1890年〜1938年)は、戯曲『RUR』において使用したロボットという言葉を作ったことでも知られている。『白い病気』は迫り来るナチの弾圧の中、死亡する前年に初演された。
隣国ドイツの軍事圧力を風刺したこの劇は、幕が下りたときには、チェコ愛国者の喝采を浴びるが、時代は作品が暗示するように、悲劇的な状況に向かって行った。80年前に書かれたこの作品は、まさに今、現代を照射しているといえるだろう。 

この衝撃の問題作に挑むのは、串田作品常連の大森博史に加え、串田作品初参加となる藤木孝、千葉雅子、横田栄司、西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)という個性豊かな実力派ばかり。また上演にあたり、公募で集める地域市民の合唱を入れた音楽劇として串田和美が大胆に潤色する。

【原作あらすじ】
若者は罹らないのに 50歳を超えた者から罹りはじめる「白い病気」。初期症状は身体の表面に押しても痛さを感じない無痛の白い点ができる。この症状が現れると、すみやかに身体は悪臭を放って崩壊していき、死に至る。現代医学はこの病気に対して無力であり、痛み止めと防臭剤程度しか使えないと宮中顧問医のジーゲリウス教授が見解を述べる。そんな中、貧民を治療している「保険医」ガレーンが、偶然この病気の治療薬を発見する。ガレーンは、その新薬を教えることと引き換えに、自国も含めて各国が永久平和条約を結ぶように要求する。軍需産業の社長や国を率いる元帥は、最初はガレーンの申し出を拒否するが、自身も「白い病気」に罹ってしまい、ついにその要求を呑む。イギリスをはじめとするほかの国が平和条約を結ぼうと働きかけ、実現しようとする直前、ガレーンは戦争を望む愛国の暴徒に殺されて、なんとその特効薬は失われてしまう。
 
〈公演情報〉
cid_7D87262F-698F-431E-9482-900D2484D8C1
まつもと市民芸術館プロデュース  
音楽劇『白い病気』
原作◇カレル・チャペック
翻訳◇小宮山智津子
潤色+演出+美術◇串田和美
音楽◇寺嶋陸也
出演◇串田和美、藤木孝、大森博史、横田栄司、西尾友樹、千葉雅子、大鶴美仁音、飯塚直、TC アルプ(近藤隼、武居卓、細川貴司、深沢豊、草光純太、下地尚子)他
●【まつもと公演】2018/2/23〜28◎まつもと市民芸術館 実験劇場
〈料金〉前売/一般¥5,500 U18¥3,000 当日/一般¥6,000 U18¥3,500(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2017年12月1日(金)10:00 予定
●【神奈川公演】2018/3/7〜11◎KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
〈料金〉前売/一般¥6,500 U18¥3,500  当日/一般¥7,000 U18¥4,000(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2017年12月1日(金)10:00 予定
〈お問い合わせ〉まつもと市民芸術館チケットセンター0263-33-2200(休館日をのぞく10:00〜18:00)





『サロメ』
kick shop nikkan engeki 

人気漫画『NARUTO -ナルト-』新作歌舞伎として来年8月、新橋演舞場で上演!

shinbashi_201808_d96d7af48503fd512d889c5fe5d8bf63

岸本斉史原作の漫画『NARUTO -ナルト-』は、落ちこぼれ忍者うずまきナルトの成長を描く、忍者バトルアクション物語。1999年から2014年に「週刊少年ジャンプ」で連載された。歌舞伎にも馴染みのある児雷也の伝説など、さまざまな伝承に材を得た独自の世界観で、国内ではシリーズ累計1億4千万部、また海外では40以上の国と地域で読まれている大人気作。

この『NARUTO -ナルト-』が、2018年8月、新橋演舞場 新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』として上演される。これまで、TVアニメやゲーム、舞台でも上演されてきたが、歌舞伎として上演されるのは、今回初めて。衣裳や所作など歌舞伎の魅力を存分に発揮しつつ、新感覚の歌舞伎として上演される予定だ。
主人公のうずまきナルトを演じるのは坂東巳之助、現在、新橋演舞場で上演中のスーパー歌舞伎ll(セカンド)『ワンピース』で、ゾロとボン・クレー、スクワードの三役を演じて奮闘中。またうちはサスケ役の中村隼人も同じく『ワンピース』でサンジとイナズマ、特別マチネの『麦わらの挑戦』ではマルコ役として活躍中。まさに人気沸騰中の若手2人が中心となる。演出は、これまでにも新作歌舞伎を手がけたり、巳之助の舞台演出にもあたったことのあるG2が手がける。
 
【コメント】

坂東巳之助
来年8月、『NARUTO』の歌舞伎舞台化、本当に楽しみです! スーパー歌舞伎II『ワンピース』に続いて、幼い頃からずっと憧れ、ともに歩んできたキャラクターたちを演じることができるだなんて、本当に幸せです。『ジャンプ』やコミックスをワクワクしながら買っていたあの頃の自分に教えてあげたい。今も買っていますが(笑)。歌舞伎でしかできない表現と、『NARUTO』でしかできない表現がぶつかり合って爆発する舞台を目標に、頑張ってまいります! ご期待ください!
 
中村隼人
僕の演じるサスケは、ナルトとは正反対のキャラクターです。ナルトを演じる巳之助兄さんとは、近年『ワンピース』のゾロとサンジのように対照的な役をさせていただくことが多いので、その経験を生かしていきたいです。『ジャンプ』作品の魅力は、どんな年代の人でも思い描くヒーローがいるところ。僕も『ジャンプ』漫画のファンとして、イメージを大切にサスケというヒーローになりきり、『ワンピース』のようにたくさんの人に楽しんでいただきたいです。皆で『NARUTO』という大作に挑んでいきます。暑い夏をさらに熱くします!!
 
G2(演出) 
かたや全72巻の力作、途方もない世界観。それでいてピュアな登場人物。世界的なヒットで海外にもファンの多い『NARUTO』。かたや数百年の歴史を誇る伝統芸能でありながら、今なお大入り満員で今に生き続ける歌舞伎。なかでも、これから期待がかかる若手たちが暴れまくるであろう感動の舞台。仕事を仰せつかり、気分は百万光年ほど彼方へぶっ飛びそうです。かつて誰も見たことのない歌舞伎に!
 
現在、11月25日まで上演のスーパー歌舞伎ll『ワンピース』で、連日沸きに沸く新橋演舞場。来年の8月は、また人気漫画と歌舞伎のコラボで熱く盛り上がりそうだ。




『サロメ』
kick shop nikkan engeki 

三上市朗らを客演に迎え、はぶ談戯『やわらかい扉』12月に上演!

IMG_はぶ1801

穂科エミが主宰・作・演出し、「昭和」「場末」「行き止まり」の世界観を描きだす、はぶ談戯の20回記念公演『やわらかい扉』が、元MOPの看板俳優・三上市朗や中村真知子、加藤靖久をはじめとする多彩な客演を迎えて、12月初めに上演される。

「ねえ…その扉を開けてちょうだい」煙草をふかす姿が似合う、冷たい母の記憶。笑顔を残して消えた、優しい父の記憶。
甘い、苦い、愛しい、憎らしい……なんて言ってもさ、所詮、曖昧な記憶なわけで。毎日楽しく生きていますよ。ええ、とても。
愛することに長けているもので、いつも、いつでも苦しくて。
愛しい、愛しい、愛しい………ああ、愛しい。でもどうしても、言葉に出すことはできなくて。このまま狂って死んでしまおう…って何度つぶやいたんだろう。
でもね、正直、ここだけの話。本当は……『愛しい』が欲しいんだ。
そんな時、頭のなかではいつもあの曲が流れてる。ずっと気づいてたけど、気づかないふりをしてきた、この固く閉ざされた、やわらかい扉。
その扉を開け、一歩踏み出した時、その扉を開け、一歩踏み込んだ時、
私は、僕は、…………って言えるのかな。

この物語は、悲劇でも、喜劇でもない。
そこにあるのは、すべて『愛』。ただそれだけの話。
はぶ談戯の真骨頂!必見!

 
〈公演情報〉
IMG_はぶ1920
はぶ談戯vol.20『やわらかい扉』
脚本・演出◇穂科エミ
出演◇長谷椿 雅憐 南貴子 穂科エミ(以上、はぶ談戯)/橋本恵一郎(欲棒仙人Ю) 塩口量平(プラチナムプロダクション) 佐河ゆい(株式会社アスタリスク) 川田早矢加 工藤理穂 横尾下下(ポップンマッシュルームチキン野郎) 豊田豪(海賊のように飲む会) 宮川智司 丘咲アンナ/中村真知子 加藤靖久(AND ENDLESS)/三上市朗
●12/6〜11◎テアトルBONBON
〈料金〉前売4,000円 当日4,200円 学割3,200円(要学生証提示)リピーター割3,200円(要半券提示)(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉http://hub-web.jp/information/vol20/



『サロメ』
kick shop nikkan engeki

中村蒼・美波がふたり芝居で映画『悪人』が舞台化に挑戦 !

悪人チラシ
 
妻夫木聡・深津絵里出演で、国内外問わず高い評価を得た映画「悪人」が、原作者・吉田修一のデビュー20周年の年に、中村蒼と美波のふたり芝居で舞台化される。

原作「悪人」は、芥川賞作家・吉田修一の代表作にして、250万部を記録した超ベストセラー。台本・演出を務めるのは、2016年に2作のふたり芝居、『乳房』(原作・伊集院静、出演・内野聖陽、波瑠)と『檀』(原作・沢木耕太郎、出演・中井貴一、宮本信子)を手がけ、高い評価を得た合津直枝。「光代をもう少しだけ救ってやりたい」という思いで書き上げた上演台本に吉田が共感し、舞台化が実現した。

【あらすじ】
—男は、ひとを殺めてしまった。女は、思わず逃げようと言った。—
佐賀の紳士服量販店に勤める女・光代は、 携帯サイトで知り合った長崎の港町に住む解体業の男・祐一と恋におちる。 ふたりはつかの間、孤独な魂を寄せ合う。 ところが、祐一から殺人を打ち明けられ、ふたりの逃避行が始まる。 逃亡の果て、逮捕された祐一は、「逃亡の為に光代を利用しただけ」と語るのだが...。 果たして、ふたりの愛は偽りだったのか? 祐一は悪人だったのか?

“哀しき殺人者”祐一には、舞台『OTHER DESERT CITIES』での好演も記憶に新しい実力派俳優・中村蒼が決定。映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』で悪役を演じた一方、現在放送中のBS時代劇『赤ひげ』(BSプレミアム)では青年医師を演じるなど、演技の振り幅の広さに注目を集めている中村だが、今回の舞台ではどんな顔をみせるのか期待が高まる。

中村は「初めてのふたり芝居は未知の世界ですが、今はその不安と期待が入り混じって いる感覚です。 小説、映画共に多くの人に愛された作品で今回の舞台もそれに並ぶ、 もしくはそれ以上のものになったらいいなと思っています。 美波さんと演出の合津さんとコツコツ作り上げていきます。」と意気込みを語った。

〈公演情報〉
ふたり芝居『悪人』
原作◇吉田修一(「悪人」朝日文庫)
企画・台本・演出◇合津直枝 
出演◇中村蒼、美波
●2018/3/29〜4/8◎シアタートラム
〈料金〉前売6,000円 当日6,300円(全席指定・税込) 
〈チケット一般発売〉2018年1月14日(日) 

『サロメ』
kick shop nikkan engeki 

戸塚祥太(A.B.C-Z)の主演でミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』を来年3月上演!

vampire_logo

映画「恋する♡ヴァンパイア」(2015年)が、ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』となって、来年3月に戸塚祥太(A.B.C-Z)の主演で上演される。
 
本作品は、映画のストーリーを新たにミュージカル作品として刷新。映画では、ヒロイン″キイラ″が、ヴァンパイアとして登場し、人間の男の子″哲″との許されない恋物語が描かれたが、舞台版では、″哲″がヴァンパイアとなり、人間の女の子″キイラ“との間に生まれる恋心の行方を、時に切なく、時にハートウォーミングに描き出す。さらに、ミステリーやアクションなどの要素も取り入れ、映画とはまた違った要素が詰まったラヴ・コメディテイストのエンタテインメントに仕上げる。
 
主人公″哲″には、映画でも同じ役を務めて高い支持を得た戸塚祥太(A.B.C-Z)が、ミュージカル作品初主演。しかも、人間から一転、ヴァンパイアの役となり、生まれ変わった主人公″哲″に挑む。また、ヒロインとなる″キイラ″には、乃木坂46として歌やパフォーマンスだけでなく、近年では舞台作品にも挑戦する樋口日奈が登場。他にも実力派のミュージカル俳優陣が顔を揃える予定。

【あらすじ】
ヴァンパイア一族で生まれた哲は、地図には載っていないヴァンパイア・アイランドにあるハイスクールに通っている。そこでは、世界中の高校生ヴァンパイアが集まり、学んでいる。
ある日、成績の悪い主人公・哲は、理事長室に呼ばれる。そこで目にした肖像画の美しい女性に心惹かれる。そして、卒業試験が発表される。肖像画にそっくりの女性を探し出した者が、学校のトップとして卒業できると。
人間界に降り立った生徒達。そこで哲が、ばったりと出会った少女・キイラは、肖像画の女性にそっくりだった。
キイラは、かつて理事長が愛し、人間の男性に奪われた肖像画の女性の子孫で、一家はヴァンパイアを目の敵にして、対立姿勢を見せる。理事長に差し出せば、キイラは理事長のものになってしまう。
理事長や高校の仲間との対決は……?
そして、ヴァンパイアを嫌うキイラと哲の許されない恋の行方は、いかに……?

【戸塚祥太(A.B.C-Z)コメント】
ミュージカルの初主演!映画での″哲″役を再び演じますが、映画と逆で今度は僕自身がヴァンパイアをやります。ファンタジックな世界観の中に、コメディの要素や胸キュンなシーンも散りばめて、ショーのようなエンタテインメントな舞台です。誕生日(11月13日)に新たな作品へのチャレンジが発表できて、ますます気合を入れなきゃ!応援お願いします!
 

〈公演情報〉
ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』
演出◇児玉明子
出演◇戸塚祥太(A.B.C-Z)/樋口日奈(乃木坂46)ほか 
●東京公演/2018年3月9日〜3月11日◎天王洲銀河劇場
〈料金〉9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
●広島公演/2018年3月16日◎広島アステールプラザ
〈料金〉9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉Zen-A[ゼンエイ]  03-3538-2300(平日11:00〜19:00)
●大阪公演/2018年3月23日〜3月25日◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(全日10:00〜18:00)
●東京凱旋公演/2018年3月28日〜4月1日◎天王洲銀河劇場
〈料金〉9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
 〈公式ホームページ〉http://www.musical-lovevampire.com/



『サロメ』
kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について