稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ最新号

えんぶ(ショップ)からのお知らせ

えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました! 「今年は★◎☀♫だ!」vol.2

title
内外の情勢混沌の中に迎えた2019年の年明け。そして平成のラストイヤー! こんな時だからこそ聞いてみたい。“今年”。その一言から、変化する“演劇”の様相をたのしむ!
えんぶ2月号の新春特別企画を5回に分けて掲載いたします。Vol.2


伊藤ヨタロウ(ヴォーカリスト/メトロファルス)
Mr.Yotarou

「今年は生生流転だ! 」

転がる石のごとく生きる。2018年は、風煉ダンスのお芝居で締め、年明け1月に(白崎)映美ちゃん主宰の『まつろわぬ民』の音楽イベントがあって。そこでは『まつろわぬ民』が生まれるきっかけとなった木村友祐さんの小説『イサの氾濫』の朗読も音付きで行って。2月1日には、毎年恒例の自分が主宰しているイベント「東京流れ者会」で、風煉ダンスが昨年の夏に立川と仙川でやった路上劇『MICHI』を、もう一度、ちゃんとやろうと企んでいます。2月はそういう感じで。今年は音楽をちょっと半年くらい、ちゃんとやろうと思って。『まつろわぬ民』のサントラ盤というかDVDを作ろうとか、今までお芝居に書いた曲を集めて…など、そういうことを考えつつ。また年末には再々々演のお芝居の予定があるので、それまでの間は音楽をやりたいなと。そんな転がる石のごとく。

〈公演情報〉
Mr.Yotarou_PR
伊藤ヨタロウpresents
『東京流れ者会』
2/1◎渋谷TSUTAYA O-WEST


==================================


粟根まこと(俳優/劇団新感線)
Mr.Awane

「今年は旅公演の年だ! 」

この二年間、我々劇団☆新感線は豊洲に縛られてきました。ずっと東京公演しかしていないんです。いや、時々は別の企画でチラッと大阪に行ったりはしましたけど、大規模な旅公演はしていないんです。旅好きな我々がこれではいけません。今年は日本の色々な都市に行って遊びたいと、いや公演をしたいと思います。各地方の皆さま、お待たせ致しました。新感線が参りますよ。その代わりに美味しいモノを食べさせて下さいね。

〈出演情報〉
Mr.Awane_PR
劇団☆新感線39興行・春公演 
いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』
3/8〜21◎フェスティバルホール
4/2〜7◎金沢歌劇座
4/18〜21◎まつもと市民芸術館
http://www.vi-shinkansen.co.jp/niseyoshitsune/


==================================


松永玲子(俳優/ナイロン100°C)
Mrs.Matsunaga_ill

「今年は“逢”だ!」

謹賀新年
“会う”と“逢う”の違いについて、学生時代の古典の先生はこう言いました。「“会う”は一般的。“逢う”は愛しい人の時に使う。」これが正しいのかどうかは知りませんが、素敵な見解だなぁと思って、そのように使ってきました。
今年は、2月にタカハ劇団に初出演。6月に新国立劇場製作の公演に初出演。どちらも初めての演出家。初共演の俳優も多い、6月に至っては、私、全員初共演! 25年も演劇界に居ますのに、これはなかなかに珍しい。
会うが、合うになり、逢うへと昇華しますように。決して遭うにならないように、祈る祈る祈る。
今年も、皆様のお越しを、劇場でお待ちしております。

Mrs.Matsunaga

〈出演情報〉
Matsunaga_PR
タカハ劇団『僕らの力で世界があと何回救えたか』
2/8〜14◎下北沢 小劇場B1

==================================



古川健(作家・俳優/劇団チョコレートケーキ)
Mr.Furukawa

「今年は健康第一だ! 」

いつまでも若手のつもりでも、もはや40代。最近、体力的にめっきり衰えを意識する年齢になってしまいました。何が悪いって若いつもりで不摂生を続けるのが一番悪い。しかし暴飲暴食くらいしかストレスの解消法がないんだよなぁ…。いやいや、だから新しいストレスの発散法を見つけるしかない。そして節酒! 健康な将来の為に何か始める年にしたいと思います! と言いつつ今年も飲んじゃうんだろうなぁ…。

〈公演情報〉
geinin
トム・プロジェクト プロデュース
『芸人と兵隊』
2/13〜24◎東京芸術劇場シアターウエスト
2/4◎福岡 ももちパレス 大ホール、そのほか地方公演あり
https://www.tomproject.com/peformance/post-362.html


==================================


志賀廣太郎(俳優)
Mr.Shiga

「今年は観劇だ!」

一時期体調を崩していたこともあり、なんと一昨年の暮れから去年の秋口まで劇場にまったく足を運びませんでした。身内の芝居さえ行かずじまいで過ごしてしまいました。結果多くの傑作(であろう)を見逃したはずです。俳優にとって、客席に座るのも自分の芝居を振り返ったり、ヒントを与えられたりと刺激を受ける行為だと思っています。謂わば仕事の一つと言えるでしょう。つまり由々しき日々を送ってしまったことになります。劇場に足を運ぼう! その機会を作らないと。

〈出演情報〉
日本テレビ2019年1月クール
土曜夜22時から『イノセンス〜冤罪弁護士〜』


==================================


高本学森田桐矢
Host-chan_2nin

森田桐矢(右)俳優・モデル

「今年は筋トレだ!」

筋トレやろうと決めてジムに行きはじめました。上半身がキューピーちゃん体型で、高校時代は「キューピーちゃん」って呼ばれてたんです(笑)。筋肉のなさがずっとコンプレックスで、胸筋とかマイナスなんです。ゼロじゃなくてマイナス。だからオーディションで上半身とか脱ぐのが嫌すぎて(笑)。そのコンプレックスをいつまでもこのままにしておきたくないなと思っていたときに、公演で一緒だった先輩が筋トレマニアだったので、色々教えてもらったんです。それで筋トレがんばってみようと決断しました。2019年は筋トレをがんばって、いつでも脱げるような身体にしたいと思います。

高本学(左)俳優・モデル

「今年は挑戦だ! 」

今年は『私のホストちゃん THE PREMIUM』を皮切りに、新たな舞台にたくさん出会って、挑戦していきたいです。どんどん自分の芝居の幅も広げて、色々やりたいことをやって、常に新しく生まれ変われたらいいなと思っていて、たとえ失敗することもあっても、成功するように努力し続ければ、きっと叶うんじゃないかと思っているので、そのためにも挑戦していきたいです。

〈出演情報〉
Host-chan_PR
舞台『私のホストちゃん THE PREMIUM』
2/1〜24◎東京・オルタナティブシアター
3/2・3◎愛知・ウインクあいち大ホール
3/8〜10◎大阪・松下IMPホール


==================================


水夏希(俳優)
Mrs.Mizu

「今年も地道に登山だ! 」

山頂からの素晴らしい景色、おいしい空気を吸うには一歩一歩自分の足で歩かないと辿り着かないんですよね。途中、登山のプロに手を貸してもらったり休憩もしながら…その時々の色々を大切に感謝しながら一歩ずつ、でも着実に歩みを進めていけたらと思います。

〈出演情報〉
Mrs.Mizu_PR
『ベルサイユのばら45〜45年の軌跡、そして未来へ〜』
1/27〜2/9◎東京国際フォーラム
2/16〜24◎梅田芸術劇場メインホール
==================================


原口茜(俳優)
Mrs.Haraguchi_ill

「今年は筋トレだ!」

体力をつけようと筋トレを始めたのですが三日坊主になりがちなので今年はちょっと本気で続けたいです。吉永小百合さんのようにバーベルを持ってスクワットができるようになれたらいいなと思います。

Mrs.haraguchi


==================================


大谷皿屋敷(劇作家・演出家/劇団地蔵中毒)
Mr.Outani

「今年は検索技術だ! 」

去年一年、何にハマっていたかと問われれば「ユーチューブでギリギリ見れるエロい動画探し」と答えざるを得ない。
ご存知のように、ユーチューブには規制があり、露骨な性表現がある動画は運営側に削除されてしまう。そこを掻い潜り、ユーチューブが許したギリ「露骨な性表現」ではない動画を探すことに喜びを見出していたのである。ユーチューブで見るおっぱいは「テレビで見てしまったおっぱい」と似たところがある。ユーチューブでエロい動画を探すコツはワードの選定である。
例えば「デッサン 裸」「豊胸手術」「モーターショー コンパニオン」「アート ダンス」「タトゥー 大会」等で検索すると、普段とは違うおっぱいを堪能することができる。最終的に俺は、「おっぱいを見せると二階から宝石が落ちてくる」という海外の謎のお祭りの動画を見つけることすらできた。まだまだ宝は眠っている。今年も引き続き検索技術を磨くことに専念しようと思う。

〈公演情報〉
Mr.Outani_PR
トリコロールケーキ第11回公演
劇団「地蔵中毒」無教訓意味なし演劇vol.9
『懺悔室、充実の4LDK』
2/2・3◎浅草九劇


==================================


藤原紀香藤山扇治郎
2gatsu_2nin

藤山扇治郎(右)俳優

「今年は大変だ!」

僕はパッと出てきました。「2019年は大変だ!」です。こんなことを言うとバカかと思われるかもしれませんが……。毎年大変なんですけど、特に2019年は大変だと思いますね。ありがたいことに、元旦の1月1日からお仕事で、年明けから突っ走ります。大変な中でも役者は健康が第一。僕も30代になりましたから、身体に気を付けて頑張りたいです。

藤原紀香(左)俳優

「今年も学びだ!」

今までも一つひとつのお仕事に対して学んできましたが、和藝事ができて当たり前の皆さんの中に入ると「もっともっと学びたい。勉強すること人生においてまだまだある!」と感じられて嬉しいです。今回三味線や長唄に出会い、これで終わりではなく、またこういうお仕事をいただけるように、積み重ねていきたいと思います。芸道が深い皆様とご一緒できることを刺激として自分をもっと深めていきたいです。いくつになっても学びですね。2019年も学びだ! です。

出演情報
2gatu
『二月競春名作喜劇公演』
2/2〜23◎新橋演舞場
(イラスト◇小野寺ずる)


えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました! 「今年は★◎☀♫だ!」vol.1

title
内外の情勢混沌の中に迎えた2019年の年明け。そして平成のラストイヤー! こんな時だからこそ聞いてみたい。“今年”。その一言から、変化する“演劇”の様相をたのしむ!
えんぶ2月号の新春特別企画を5回に分けて掲載いたします。Vol.1

伊礼彼方早乙女太一
Shiranami_2nin

早乙女太一(右)俳優

「今年は舞台だ! 」

舞台が多い年になると思います。2018年は『髑髏城の七人Season月』〈上弦の月〉が2月までありましたけど、そのあとは映像ばかりでしたから。この『SHIRANAMI』のあとも決まっているので、2019年は久しぶりに舞台の年になります。

伊礼彼方(左)俳優

「今年は『レ・ミゼラブル』だ! 」

ジャベールをさせていただくのですが、僕が今後もミュージカルの世界で生きるための土台を、しっかり固める役だと思います。これまでも沢山の先輩方が演じてこられた大きな役ですが、自分のテイストを入れつつ、今までにないジャベールになればいいなと。『レ・ミゼラブル』の世界観は壊さずに、チャレンジする気持ちで取り組みたいです。

〈出演情報〉
SHIRANAMI
音楽活劇『SHIRANAMI』
1/11〜29◎新国立劇場 中劇場


==================================


ノゾエ征爾(俳優・劇作家・演出家)
Mr.Nozoe

「今年は子連れだ! 」

昨年暮れに子が産まれてくれたもんで、今年はもっぱら子連れ活動でございます。子連れでどこまで活動できるものなのか、ともかく様々なところに足を伸ばしてみたく思います。時には現場にだって連れてっちゃいましょう。そしてあいつうざいなと思われちゃいましょう。数年後にはとなりのトトロのお父さんみたく、子守しながら執筆なんてことにもなるのでしょう。なんて、今はそんなこと考えてる余裕もないほどに、泣きとオムツ替えに手一杯なのであります。初体験まみれの1年になりそうだ。

〈公演情報〉
Mr.Nozoe_PR
はえぎわ(20周年)本公演
『桜のその薗〜ミワクの鳥が踊る町の山の川の果ての鈴鳴る滝で一人龍を征す〜』
1/31〜2/6◎ザ・スズナリ
http://haegiwa.net/


==================================


坂東新悟・中村種之助・中村隼人・中村橋之助
Shinsyun_4nin

坂東新悟(前列右)俳優

「今年は古典芸能だ!」

2020 年に東京オリンピックを控え、外国からの観光客の方も増えています。そんな中で日本人として自国文化の素晴らしさをきちんと紹介できてこそグローバルな在り方、おもてなしができるのではないでしょうか。そこで! そのための準備期間という意味をこめて、2019年は歌舞伎はもちろんのこと、様々な古典芸能を体験してみるというのはいかがでしょうか。日本の古典芸能は歴史的にもクオリティの面でも世界に誇ることのできるエンターテイメントです。知ってるつもりで意外と知らない古典芸能の魅力に是非触れてみてください。

中村種之助(前列左)俳優

「今年は新たなはじまりだ!」

新しい年号のはじまりの2019年。一から自分を見つめ直し、新たな一歩を踏み出そうと思います。

中村隼人(後列右)俳優

「今年は挑戦の年だ!」

大好きな岡本綺堂の作品に挑戦します。僕は『番町皿屋敷』がとても好きで青山播磨を演じてみたいとずっと思ってましたので、新春から夢が叶って本当にありがたいです。再び京都南座で『NARUTO-ナルト』うちはサスケ役に挑みます。歌舞伎発祥の地で新作歌舞伎ができるのはとても嬉しいです。出演者、スタッフ皆様の力を借り、W主演として(坂東)巳之助兄さんと『NARUTO』を京都に持っていけるよう力を合わせて作り上げます。新しい事にもっともっと挑戦していきたいです。2019年は平成最後の年、2020年はオリンピックと、この先いろいろなイベントがありますので、少しでもそれに携わっていけたらなと思います。

中村橋之助(後列左)俳優

「今年は亥年だ!」

僕は1995年生まれ! 亥年なんです! 12年ぶりの年男! 全力で進んで行きたいと思います!

出演情報
Shinsyum
『新春浅草歌舞伎』
1/2〜26◎浅草公会堂
==================================


本多力(俳優/ヨーロッパ企画)
Mr.Honda

「今年は咀嚼だ! 」

今年、40歳になるので、今まで以上に健康に気をつけなければと思っています。ここ何年か食べ物を飲み物のように扱っていたふしがあるので、まずはよく噛む、咀嚼するところからやり直したいと思っています。食べ物以外も、上っ面だけをさらうのではなく、出来る限り時間をかけて咀嚼して一つ一つの事に向き合っていきたいです。ネットニュースの見出しを見ただけでそのニュースを知った気になるなんてもってのほかだし、台詞も覚えるだけでなく、その台詞の背景を読み解こうと思いますし、人との会話も一言一言咀嚼してラリーを楽しもうと思います。そんな風なことを思ったらそれには集中力も必要やなと思いまして、やっぱり「今年は咀嚼と集中力だ!」にしようと思います。

〈出演情報〉
日本テレビ 水曜ドラマ
『家売るオンナの逆襲』

==================================



森下亮(俳優)
Mr.Morishita

「今年は役年だ! 」

今年は42歳。厄年です。よく役者は役が落ちるから厄祓いしない方がいいという話があります。じゃあしないでおくか。いや厄祓いはちゃんとした方がいいとも言われました。どっちなんだ! こだわらなければいいじゃないか。いやどっちをこだわらない? 役を立てれば厄が立たず、厄を立てれば役が立たず…。結果、いつも以上に体のことを考える年になりそうです。365日健康でいて色んな役でお目に掛かりたいです。

〈出演情報〉
morishita-PR
劇団アカズノマ
『夜曲』
1/24〜27◎ABCホール(大阪)
1/31〜2/3◎新宿村LIVE(東京)


==================================


池谷のぶえ(俳優)
Mrs.Iketani

「今年はどこに行くんだ! 」

昨年は、自発的にもお仕事的にも、いろいろな土地を飛び回った一年でした。どうしてできたのだろう…といまだに振り返るような出版イベントも自主的に開催しましたし、珍しくアクティヴな年だったと思います。
今年はびっくりするくらい、遠出の予定も、アクティヴのスメルもありませんが、それが逆にワクワクします。私、今年はいったいどこに行くことになるのでしょう。はたまた、どのくらいどこにも行かないのでしょう。
どれだけそんな妄想をしても、歳を取ると一年なんてあっという間ですから、来年なんてあと3ヶ月後くらいです(当社比)。ただただ木の葉のように、運命に身を任せているうちにまたお正月ですね。

〈出演情報〉
Mrs.Iketani_PR
こまつ座
『どうぶつ会議』
1/24〜2/3◎新国立劇場小劇場THE PIT
==================================


白井晃(演出家・俳優・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)
Mr.Shirai

「今年はKAATだ! 」

KAATは今年で、開館から9年目になり、私がこの劇場に関わってからも6年目になります。公共劇場が全国に生まれ、劇場が都市の中で果たす役割が大きくなってきただけに、首都圏にある公共劇場としてひとつの覚悟を持って今年は挑みます。それは、常に演劇の可能性を探る前線に立ち続けるという覚悟。神奈川の横浜にあるKAATは、東京と微妙な距離感を保っています。それだけに、東京ではなかなかできないような演目への挑戦や、上演形態にも工夫を凝らしていきます。今年は、古典、近代戯曲の読み直しや、また若い演劇人の創作を連発し、対比するようにベテラン演出家の新作発表、新作ミュージカルの創作にもチャレンジします。また、KAATは今年もまた、ダンス公演の充実もめざし、現代美術の展示も含め、劇場が私たちにとって無くてはならない存在になるよう、インパクトのあるプログラムを発信をしていきます。今年もまた、KAATから目が離せません!

〈公演情報〉
Mr.Shirai_PR
『出口なし』
1/25〜2/3◎KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ


==================================


入江雅人(俳優・劇作家・演出家)
Mr.Irie

「今年はPCを使いこなすだ!」

MACを使うようになって十年経ちましたが、使いこなせてないのは、知ってます。その存在さえ知らない機能が、PCの奥に沢山眠ってる事も、わかってます。去年から、何もかも一人でやる「パンクスタイル」という一人芝居シリーズを始めました。照明も音響も自分でやります。MACを使いこなせれば、もっと色んなことに挑戦出来ると思うんです。チラシも自分で作ったりしますが…つたないです。本当は、もっと格好良く作れるはずです。知識が、あれば! この年にしては、健闘してる方だと思いますが、今年は、もう少し進化したいです。

〈出演情報〉
Mr.Irie_PR
『帰郷』
1/25〜2/3◎俳優座劇場(東京)
2/8〜10◎イズムホール(福岡)


==================================


留依蒔世(俳優)
Mrs.Rui

「今年も男役・留依蒔世を確立させたい年だ! 」

2018年に頂いた役がとても個性豊かでしたので、2019年は更に幅広い挑戦をして、男役・留依蒔世を確立させたいです。2019年は宝塚に入って9年目で、男役の節目と言われる「男役10年」にあと1年というところですから、この1年間を大切に、留依蒔世の男役像を作りあげていきたいと思っています。

〈出演情報〉
Mrs.Rui_PR
宝塚専科公演
バウ・コメディ『パパ・アイ・ラブ・ユー』
1/13〜2/11◎宝塚バウホール

えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

えんぶ【12月号(11/9発売)】ラインナップ

_hyoshi
表紙:國吉咲貴

_mokuji
目次


NODA・MAP
『贋作 桜の森の満開の下』大倉孝二・藤井隆
0003
0004
0005

ヨーロッパ企画
『サマータイムマシン・ブルース』『サマータイムマシン・ワンスモア』
上田誠・中川晴樹・諏訪雅・本多力・早織
0006
0007
0008


『二十日鼠と人間』
三宅健

宝塚kaleidoscope
宝塚花組『MESSIAH─異聞・天草四郎─』
0012

INTRODUCTION TO TAKARAZUKA
聖乃あすか
0013

サムゴーギャットモンテイプ
『さよならサムゴー 再会』山並洋貴・澤妙・安田侃司
0014
0015

青年団
『日本文学盛衰史』
0016

ロングインタビュー
平田オリザ
0017
0018
0018
0019

徘徊演劇
『よみちにひはくれない』浦和バージョン  菅原直樹
0020
0021

劇団「地蔵中毒」 無教訓意味なし演劇『つちふまず返却観音』
大谷皿屋敷・関口オーディンまさお・かませけんた・東野良平・フルサワミオ・武内慧・中村ナツ子・
イイノヒナタ・立川がじら・礒村夬・大宮二郎・本田晴子・シオザキ・屋代秀樹
0022_02
0023
0024
0025

匿名劇壇
『笑う茶化師と事情女子』福谷圭祐・東千紗都
0026

劇団こふく劇場
『ただいま』永山智行
0027

くによし組 國吉咲貴
0028
0029

チャリT企画『パパは死刑囚』楢原拓
0049
0050

【Stage Bomb!】
渡辺えり・キムラ緑子/森新吾
0030

河合雪之丞・高橋惠子/西田大輔・家城啓之
0031

板垣恭一・内藤大希/眞嶋秀斗
0032

石賀和輝・平牧仁/藤原祐規・白石康介・松井勇歩
0033

宮崎秋人・木村了
0034

加藤和樹・高橋光臣
0035

杉原邦生・中村橋之助
0036

水谷八重子・波乃久里子・喜多村緑郎・浜中文一


朝夏まなと
0038

相葉裕樹・渡辺大輔
0039

桜井玲香
0047
0048

【連載】
宣○美○人 第7回 青年団 『ソウル市民』『ソウル市民1919』 工藤規雄 佐藤孝仁
0040

ワワフラミンゴ鳥山フキのキャンセルみかん 第4回
0041

インディ高橋のPatchy小道具研究所 R96
0044

ヨーロッパ企画のさしいれ王子
0045

粟根まことの人物ウォッチング 155回 藤家剛
0046_01
小野寺ずる お芝居のアソコ 第29回
0046_02

⬇️えんぶ【12月号(11/9発売)】はこちらで購入できます。

えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

えんぶ【10月号】ラインナップ

9/7(金)発売!
えんぶ10月号のラインナップをご紹介。

【表紙】
_hyoshi

【目次】
_mokuji

ロングインタビュー ケラリーノ・サンドロヴィッチ
0002

0003
0004
0005
0006

『君の輝く夜に』(稲垣吾郎出演舞台)
0007
0008

『ゴースト』浦井健治
0009

0010

0011

『BOAT』藤田貴大
0012

0013


『ナイツ・テイル』(堂本光一・井上芳雄出演舞台)


ロングインタビュー 上川鰐
0017

0018

0019

ヨーロッパ企画のさしいれ王子
0020

やみ・あがりシアター 笠浦静花・加藤睦望
0022

0023

【宝塚kaleidoscope】
宝塚星組『ANOTHER WORLD』
0024

INTRODUCTION TO TAKARAZUKA 天華えま
0025

宝塚雪組『凱旋門』
0026

【Stage bomb!】
良知真次×蘭乃はな/筧利夫
0027

松金よね子×岡本麗×田岡美也子/加納幸和×丸川敬之
0028

磯貝龍虎・平野良・宮下雄也/古谷大和×芹沢尚哉
0029

入江甚儀×宮香蓮/永田聖一朗
0030

宅間孝行×大薮丘×前島亜美
0031

矢島舞美×鈴木勝吾
0032

廣瀬智紀
0033

吉沢悠
0034

豊原功補×吉村界人
0035

朝夏まなと×寺脇康文 神田沙也加×別所哲也
0036

0037

劇団壱劇屋『独鬼』
0038

星の女子さん『うつくしい生活』
0039

ワワフラミンゴ鳥山フキのキャンセルみかん第3回
0040

宣○美○人 第6回 本秀康
0046

宣○美○人 番外編 釣巻和
0047



▼▼▼こちらからご購入いただけます。▼▼▼  

えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

えんぶ【8月号】ラインナップ

7/9発売!
えんぶ8月号のラインナップをご紹介。


【表紙】
_enbu12_hyoshi

0003

【特集】"Challenging Spirit"

日々行われているたくさんの公演の中から、人形劇からミュージカルそして演劇祭イベントまで、私たちが見つけたチャレンジングスピリット! それぞれの素敵な試み!


FUKAIPRODUCE羽衣『春母夏母秋母冬母』
深井順子・森下亮・糸井幸之介

0005
0007
0008

『めにみえない みみにしたい』藤田貴大

0011
0013
0015


『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』早霧せいな
0017
0019
0020


『薔薇と白鳥』八乙女光・睫斃彩 
 舞台写真&インタビュー


劇団子供鉅人『ハミンンンンンング』
キキ花香

0027
0029


ITOプロジェクト『高丘親王航海記』
天野天街・飯室康一・山田俊彦

0031
0033


劇団B級遊撃隊『プロポーズ』
神谷尚吾 佃典彦

0087
0088


【特集】「花まる学習会王子小劇場 佐藤佐吉大演劇祭2018in北区」後編
・スタッフ全員座談会
0039
0041


・受賞作品紹介
0043


・王子地区商店×劇団コラボポスター掲載店紹介!
0045
0047


・中野坂上デーモンズの憂鬱『現っ、』松森モヘー
0049


・オパンポン創造社『さようなら』野村有志
0051


【宝塚kaleidoscope】
INTRODUCTION TO TAKARAZUKA 蒼羽りく
0053


宝塚宙組『天は赤い河のほとり』
0055

【Stage bomb!】
咲妃みゆ×秋元才加 平間壮一・森公美子
0057
0059


彩吹真央×駒田一/安西慎太郎×多和田秀弥
0061


田村心×小沼将大/音無美紀子
0063


味方良介×小松準弥×田中涼星
0065


愛華みれ×良知真次
0067


植田圭輔
0069


鈴木京香×北村有起哉 板谷由夏×藤井隆×麻実れい
0071
0073


ヨーロッパ企画のさしいれ王子
0078


粟根まことの人物ウォッチング 153回 玉城裕規
0080


ワワフラミンゴ鳥山フキのキャンセルみかん第2回「夏」
0083



▼▼▼こちらからご購入いただけます。▼▼▼ えんぶ8月号


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について